朝、弟が婚約者を家に連れて来た。
これから俺の義妹になる女。
弟は7歳離れていて、義妹はさらに5歳年下の21歳。
21歳にしてはかなり幼くて頼りなく、1人じゃ何も出来ない感じ。
人見知りなのか、挨拶も早々に2階の弟の部屋へ引っ込んでしまった。
昼頃、地域の集まりだか何だかで、久しぶりに帰郷した弟は、女を置いて両親と一緒に出かけてしまった。
2階からは、誰もいないかのように物音ひとつしない。

少し気になったので、飲み物の差し入れを片手に上がってみる。
ノックをしても返事がないので勝手にドアを開けてみると、弟のベッドで義妹は思いっきり爆睡していた。
どうやら昼間っから弟とヤってたらしい。
肉感たっぷりの真っ白な足が覗いている。
数年ほど彼女がいなかった俺は、その光景にかなり興奮して、モノはすでに爆発寸前。
伸びる手を止めることができなかった。

ベッドに座って布団を捲ると真っ白なお尻が露わになる。
下着を穿いていないお尻を撫でてみる。
義妹は起きる気配もない。
よく眠っている。
Tシャツを捲り上げて胸を揉んで、首筋に舌を這わせてみる。

「う~ん・・・」

まだ寝ぼけてる義妹にディープキスしながら股に指を這わせてみると、少し濡れていた。
中まで指を入れてみると、やっぱりトロトロ。
さっきまで弟とヤっていたんだと確信。

やっと正気に戻った義妹が抵抗し始めたので、とりあえず腹を殴って黙らせる。
咽せてる間に股を広げて正常位で俺のモノをぶち込むと、義妹の中はかなりキツめで、すぐにイッてしまった。

「やだっ、中で出した・・・」

涙声の妹に、「ガキができたら俺が結婚してやるよ」って言ってやったらシクシク泣き出した。
その顔がまたそそるので俺のモノは義妹の中で再び大きくなった。
腰を動かし始めると「もうやめて」と言いながら腕で抵抗するので、ひっくり返してバックで突きまくった。
バックのほうが感じるのか・・・。

「んっ・・・あぁっ」

少し声が漏れる。
子供が出来るように奥まで突いて中に出した。

弟が帰ってくる夕方まで時間があったから、義妹に口で大きくしてもらって、今度は対面座位で舐めまくり、風呂に連れて行って立ちバックで入れた。
その間、義妹は必死で声を殺しながらされるがままで、耐えてる姿がとても愛おしかった。
最後に風呂で体を丁寧に洗ってやり、弟の部屋に帰して服を着せた。

弟が帰ってきても義妹は何も言わなかった。
そんな義妹が可愛くて仕方がない。
ガキができてないか楽しみだ。