A子の家にB子と俺がコスプレ衣装の追い込みをかけるためにお邪魔した時の話。

今思えば着替えたり、細かな寸法直しをしてる間に相手の体に触れることで、互いに抵抗感がなくなってきていたのかもしれない。
もともと下ネタOKな仲だったし、作業しながらも体の線がどうとか、A、B子はついでに胸の触りっこをしてるし、「私、胸板フェチなの~」などと言って俺の胸を触ってきたりして、もちろん俺は(よ~し、このままエロい空気になれっ!)と狙っていた。
俺の方から2人の胸を触ることはなかったが、その流れで、まあまあ大きいA子の胸をペンで突っついたりはした。

「やめてよ~」

一応そう言うが、本当に嫌がってはいない様子。

(よしよし)

「女の子も好き」っていうB子も、面白がって指で突っついていた。
かなり萌えた、マジで。

(こりゃ、もしかするとあり?)

気持ちは悶々。
そんなこんなで作業も終えたのが夜中の0時過ぎ。
そのまま俺は雑魚寝で横になって、2人はシングルのベッドで寝るという、当然といえば当然の配置に収まるわけだが、ここから俺の作戦開始となった。
とっくに我慢の限界を超えていた。

電気を消して、「さあ寝るか」と言いつつ、そのまま雑談で30分くらい話してたかな。
ワンルームなんで、ベッドの横のテーブルをよけて床の上に寝ている可哀想な俺。
もちろんこれはいい口実になった。

「お前たちはいいだろうけど、体が痛いよ~。俺もベッドで寝かせろ!」

などと言いながら2人を壁に押し込むようにベッドに割り込んでやった。

「せまーーい!」

「来るな!」

騒ぐ2人を完全無視。
シングルベッドに、俺・A・Bの配置は、確かにめちゃ狭い。
A子を横向きにさせて、なんとか入った。
A子はB子の方を向いている。
狭いだのなんだのとごちゃごちゃ若干騒いだが、俺はその場の空気を、眠るというよりさっきまでのエロい雑談のときの雰囲気に持ち込んだ。
そして俺は会話が途切れるのを狙っていた。
チャンスはその時しかないと踏んでいたから。
そして、その瞬間がやって来た。

(よし!)

俺に背を向けているA子に後ろからぴったりと体を向けた。
寝返りを打った際に偶然触れたかのように。
そしてそのどさくさ紛れに、脇の下からA子の大きさな胸にそっと右手を添えた。
当然ながらびっくりするA子。

「わ!何!」

その声に驚き、B子も「え?」と声を上げる。
俺はすかさずB子に、「一緒にA子にいたずらしようぜ」と持ちかけた。
その間もA子の胸から手を離さないようにしてB子と目を合わせた。
B子はちょっと慌てた様子だったが、暗闇で目が慣れた視界とこの状況に、すぐに乗ってきた。

「うん、しようしよう!」

はしゃぐB子。

「だめだよ~。やめてよ~」

抵抗するA子。
A子は、俺の手と新たに触ってくるB子の両方を払いのけようとするが、その手にあまり力が入っていないことを俺は察知した。

(いける!)

こうして俺は、3人で完全にふざけあっている空気を作り出すのに俺は成功した!
すべての可能性を感じさせる瞬間だった!

そして俺はふざけながらも、確実にA子を感じさせるように愛撫した。
そして徐々にA子が着ているトレーナーを捲し上げていった。

「B子、おっぱい舐めてあげて」

囁くようにB子を促した。
もうA子は完全に無抵抗で身を預けている様子だった。
頷くB子、ブラに手をかけて下から捲し上げ、おっぱいを舐め始めた。

「んっ・・・」

A子から吐息がこぼれる。
俺は背中のホックを外し、ブラを取ってベッドの下に捨てた。

俺「A子・・・お前、やっぱいい胸してるよな」

B「うん・・・羨ましい・・・乳首がすごい立ってる」

A「ああ・・・恥ずかしいよぉ・・・ん・・・」

俺「全然恥ずかしくないよ・・・」

B子は左の乳首をペロペロと舐め回し、俺はA子の右手を上げて右のおっぱいを同じように舐め回してやった。

俺「B子・・・お前、エロい舐め方するな」

B「女の子のおっぱい、一度舐めてみたかったから・・・なんかすごい興奮する・・・」

さすが女のツボは知っているというやつなのだろうか、A子はひたすら声を殺しながら感じまくっている。
もうその光景に俺のチンポはンギンギにいきり立ち、我慢汁でパンツが冷たかった。

A子が“M”だということは察知していた。
俺とB子が話すたびにA子の息遣い荒くなっていった。
B子のテクもかなりなものだった。
予想通り、A子は“M”、B子は“S”、と俺の中で断定された。

さすがに狭いので俺はベッドを下りた。

俺「B子、俺が後ろからA子のおっぱいを犯すからそっちから見てて」

B「う、うん・・・」

B子はかなり興奮している様子だった。
A子はもうとろ~んとなってされるがまま。
喘ぎ声を出す2人のおもちゃと化していた。

俺は後ろから両手で揉み上げたり乳首を中指で弾いたり、右の乳首を舐め回しながら左のおっぱいを指で犯した。
A子の顎を掴んでディープキスしながら指で乳首を転がした。
その様子をB子に見せつけた。
するとB子が我慢できないといった感じでA子のおっぱいに貪りついてきた。
俺はキスをしながらズボンのベルトを緩め、パンツ姿になった。
A子の手をパンツの上からいきり立ったチンポにあてがってやると、その硬さを確かめるように手で擦ってきた。
パンツの生地と擦れてマジで気持ちよかった。
前では女が女を犯している。
一瞬やばくなったw

俺「B子、A子のパンツ(スウェット)脱がせて」

パンティ1枚の姿になったA子。

俺「B子、こっちおいで・・・。A子、B子にもしてあげて・・・」

そう言って俺はB子の服も脱がせ、2人を下着だけの格好にして自分もそうなった。
そして俺は2人に言った。

俺「もう、こんなになってるし・・・」

トランクス越しにチンポを見せた。
俺はあえてどちらに言うでもなく、「パンツ、下ろして・・・」と言った。
2人のどっちが下ろすか一瞬間があったが、手前にいたB子が下ろした。
と同時に反動で跳ね上がるチンポ。

B子「すっご・・・結構大きいね・・・」

A子「エッチぃ・・・ヒクヒクしてる・・・」

俺「A子、舐めて・・・」

そう言ってA子にチンポ咥えさせた。
そしてB子には、ベッドから下りて俺を後ろから攻めて欲しいと指示。
残念ながらA子のフェラはあまり上手くはなかったのが、感じるには十分だった。
一方で俺の上半身を舐め回してくるB子はエロかった。
股の間からタマを揉まれたり、A子にしていたように乳首も舐め回された。

マジでやばくなったので、B子を責めることにシフト。
今度はA子と2人でB子を犯しにかかった。
B子はBカップくらい、乳首も小さめで可愛かった。
おっぱいが大好きな俺はおっぱい、クンニが苦手なのでそれはA子にさせた。
そんなことをしていると、そろそろ我慢出来なくなってきた。

俺「じゃあ、入れよっか・・・」

B子が無言で頷いて欲しそうにしていたが、あえてA子に先に挿入することにした。
B子は“S”なので、セックスしているA子と俺を攻撃させたほうが興奮させられると思ったからだ。
俺はコンドームを自分のかばんに取りに行った。
その間も2人が愛撫し合っている光景がたまらなかった。
お互い膝をついてキスをしながら、おっぱいとクリトリスを刺激しあっていた。

そのうちA子が、「あーあーイク・・・イキそう・・・」と息を荒げだした。

B子がすかさず、「まだダメじゃん。ちんちん入れるんでしょ」と、その手を止めた。

途中で止められ、全身ヒクヒクさせているA子に激萌えた。
俺たまらずA子にキスをした。
すぐにB子が俺に絡んできた。

俺「B子は本当に犯すのが好きなんだね」

B子「うん、好き。相手が感じてるの見たら興奮する・・・。でも◯◯(俺)って・・・すっごいSだよね。なんかいつもと雰囲気が違う」

俺「うん・・・かなりSだよ」

A子はとろ~んとした目をしている。

俺「B子、ゴム付けて・・・」

B子「付ける前に私も・・・」

そう言うとB子がフェラしてきた。
A子とは明らかにテクが違っていた。
たまらないほどのディープスロート。
ジュプジュプと音を立てながら首を前後させる。
たまらずと声が出る。

俺「A子、B子のフェラ、すごいだろ」

A子「うん・・・エッチな音・・・」

俺「お前も上手だったぞ」

そう言ってキスをしてやった。

俺「B子、そろそろ付けて・・・」

B子「うん」

ゴムを付け、俺は仰向けにベッドに横たわった。
2人の視線は俺のビンビンにいきり立ったチンポに向けられていた。
それを見てるだけでチンポが硬くなった。

俺「A子、来て・・・」

A子「うん・・・」

俺に跨がらせ、A子のあそこを俺の下腹に擦りつけて愛液を塗りたくらせた。

A子「あ・・・クリが擦れる・・・だめ・・・」

俺「じゃあ入れるよ・・・B子、入れてあげて・・・」

B子「うん・・・」

俺「すごい濡れてるね・・・」

A子「うん・・・」

B子「入れるよ・・・A子もう少し下に来て・・・」

B子は片手で俺のチンポを持ち、片手でA子の腰を持ち、チンポとマンコを合わせてくれた。

B子「後は自分でやってごらん」

A子は少しずつ腰を下ろしていった。
俺のチンポがA子のマンコに滑るように入っていった。

A子「うああ・・・あ・・・ああん、んん~~」

俺も思わず声を上げてしまった。
いつもケラケラと笑っているA子が俺のチンコで感じまくってると思ったら、たまらなく萌えた。

A子が腰を振りだした。
両手を俺の胸について・・・。
A子は、まるでチンコを味わうかのような動きで腰を振る。
そのたびにA子の胸がプルンプルンと揺れた。
B子がそのおっぱいを後ろから愛撫する。
さらに手を回してクリトリスを刺激。

A子「いやぁぁ・・・刺激が強すぎるよ・・・んんん・・・」

まるで泣き声のような喘ぎ声だ。

B子「A子、オナニーしてるんでしょ?」

A子「う、うん・・・」

B子「いつも自分でやってるみたいにクリ弄ってごらんよ」

A子は恥ずかしそうに腰を振りながら自分でクリを刺激し始めた。

B子「出来んじゃん・・・A子ってエッチなんだ」

俺はひたすら2人の様子を見ていた。
完全に俺のチンポを使ってA子とB子がレズプレイをしているようにしか見えない。

A子「んあぁぁぁ・・・気持ちいいよぉ・・・すごい・・・」

B子「A子・・・あんた今セックスしてんの・・・?それとも◯◯のチンコでオナニーしてるの・・・?どっちなの・・・?」

A子「ああ・・・わかんな・・・わかん・・・ああああ・・・」

B子「今、両方一度にやってるんだよ・・・A子・・・よかったね・・・気持ち良いでしょ?」

A子「気持ち・・・気持ちいい・・・いい・・・あああ」

B子「ほら・・・腰の振りが足りないよ」

そう言うとB子はA子の腰を後ろから両手で掴んで前後に振り出した。

B子「こうでしょ」

A子「うああああぁぁぁぁーーーダメ!イッちゃう!イッちゃうううううー!あ・・・いやあああ!!」

俺もチンコをマンコの奥に当たるように思いっきりぐいぐい押し込んでやった。
そのたびにA子は、「うあん!!うあん!!あああーー」と声をあげた。
俺の胸の上で息絶えたA子は、めちゃ可愛いかった。
俺のチンコもそろそろやばいのだが、なんとか踏ん張っている。
すかざすB子が俺に跨がり、チンポを挿入してきた。

俺「B子・・・俺もう、あまり持たないかも・・・ごめん・・・」

B子「だめよ・・・あたしもイキたいんだから・・・んんんあっあっ」

俺はひたすら耐えた・・・。
B子もかなり興奮していたようで・・・。

B子「すっごい・・・気持ちいい・・・◯◯のちんちんが入ってる・・・ううう。正常位でもいい?」

俺「いいよ・・・」

俺はありったけの力で突いてやった。
間もなくB子は、「あああ!イク!いあああああ!あうあうあう!」と、イッてくれた。
俺も遠慮なくイカせてもらうことに。
ふと下を見ると、虚ろな目で見上げているA子と目が合った。
俺はチンポ抜いて急いでゴムを外した。

俺「B子!口!飲んで!」

起き上がって俺のチンコを咥えたB子に思いっきり口内発射させてもらった。
A子も起き上がり、B子と交代して俺のチンコを舐めてくれた。
そのときのA子の愛おしいことと言ったらなかった。
思わず抱き締めてやるとA子も甘えるようにすがりついてきた。
激しく萌えた。

その後、無理やり3人で狭い風呂に入って、石鹸まみれになって洗っこをした。
出たら2時過ぎ。
結局、元の配置に戻って昼過ぎまで寝て、そのまま帰った。

今はA子と付き合ってるような感じ。
もちろんB子とも会っている。
また3人で集合したらやっちゃうだろうな。

最後まで読んでくれた人、激しく乙!