今年で結婚10年目になる主婦です。
我が家は私(32歳)と夫(34歳)と小学生の娘と、夫の父(70歳)の4人暮らしです。
最近、夫の父の様子がおかしいので、そのことについて書きたいと思います。

最初におかしいと思ったのは、今から1ヶ月ほど前。
家で洗濯をしている時のことでした。
洗濯カゴから洗濯物を取り出して洗濯機に入れようとしていたとき、私の下着に何かべっとりとしたものが付いていたんです。
最初はなんだろうと思いました。
無色透明だし、臭くもなかったのでわかりませんでした。
でも、しばらくしてハっとしました。
そう、精液が付いていたんです。

どうして私の下着に精液が?
夫の下着に付いてたのが私のに付いたのかしら?

そう思って夫の下着を見ましたが何も付いていません。
念のため他の洗濯物も見ましたが、何も付いていませんでした。
私の下着にだけ精液が付いていたのです。

どうして?
もしかして誰かがわざと付けたの?
そういえば昔、夫と一緒に見たアダルトビデオにそんなのがあったけど・・・。
でも、夫がそんなことするはずないし・・・。
じゃあ・・・お義父さんが?
いやいや、まさか。

その時はそう思っていました。
しかしそれから1週間後、また私の下着に精液が付いていました。

(やっぱりお義父さん?)

日が経つにつれ、私はお義父さんに疑いを強く持つようになっていきました。
そしてやはり、その予感は当たっていたのです。

2度目の発覚から3日後。
私が夕方、買い物から帰ってきたときです。
手を洗おうと洗面所に入った時、目に入ってきた光景に衝撃を受けました。
義父が私の下着をオチンチンに巻きつけて、しごいていたんです。
息子の嫁のパンティーをチンコに巻きつけてオナニー。

「ちょ、ちょっと・・・お義父さん、何してるんですか?」

お互い沈黙でした。
驚きと衝撃でどう対処していいかわかりませんでしたが、私は勇気を振り絞って言いました。

「それ、私の下着ですよね。やめてください」

しかし義父から返ってきた言葉は呆れるものでした。

「あんたを見てるとたまらんのや。下着を使うくらいええやろ?」

開いた口が塞がらないとはこういう時のことを言うんだと思いました。
しかし次の瞬間、私はさらに驚きました。
お義父さんはそのまま止めることなく、私の下着をオチンチンに巻きつけたまま、しごき始めたんです。

「・・・」

もう言葉が出ませんでした。
私に見つかって、しかも私が今、目の前にいるのに、悪びれもせず自慰行為を続けるなんて・・・。
お義父さんは開き直ったのか、ニヤニヤと私の方を見ながら行為を続けています。
それから30秒ほどして、「ぅうう、ぁ・・・あ、出るぞ」という声とともに射精しました。
そして精液のかかった下着を私に渡すと、「すまないが洗っておいてくれ」と言って満足げに洗面所を後にし、その後はリビングで平然とした顔でテレビを見始めました。

それからも義父は私の下着を使ってオナニーするのをやめてくれません。
このまま欲望がエスカレートしたら、そのうち私に迫ってくるのではないかと心配です。

予想していた通り、あれからお義父さんの行動はエスカレートしていきました。
私の下着でオナニーしていたのが私に見つかって、完全に開き直ってしまったようで、あの日以来、毎日のように私のお尻を触ってくるようになりました。
それも1日に何度も何度も、旦那がいてもお構いなしです。
旦那に相談しようかとも思いましたが、そんなことを言ったら家族がバラバラになってしまうんじゃないかという思いから、お義父さんのいいようにさせてしまっています。

しかし、それがいけなかったのでしょう。
ある日、私がお風呂場で洗濯物を干している時、いきなり後ろから義父に抱きつかれて胸を鷲掴みにされたのです。

「ちょっとお義父さん、何してるんですか!」

「はぁはぁ・・・もう我慢できん。美香さん、1発やらせてくれ」

「なに言ってるんですか!」

「はぁはぁ・・・ええやろ、なんも言わんとケツを触らせてくれとったやないか」

「違います、◯◯さん(夫)がいたからです」

「本当はあんたも嬉しかったんやろ?」

私が黙って何も抵抗しないから勘違いしたようです。

「バカなことを言わないで下さい」

しかし義父の動きは激しさを増していきました。
スカートの中に手を入れられ、パンツの上からアソコをなぞるように刺激してきます。

「いやっ」

何度手を払い除けても執拗にスカートの中に手を入れてきます。

「前から美香さんのスカートの中に手を突っ込むのが夢だったんじゃ。スベスベしたあんたの肌を見て、何回チンポをしごいたかわからん」

義父は私を突き飛ばすようにその場に押し倒すと、仁王立ちになり、勃起したおチンチンを私に見せつけました。

「ええやろ、美香さん、これをアンタの中に」

義父は私に覆いかぶさってきました。

「やぁ、やめてください。家族なんですよ」

「美香さん、もう我慢できん」

誰もいない昼間、私は夫の父に犯されました。
ろくに愛撫もされないまま、お義父さんは私の中に突っ込んできました。

「いやぁ」

「ええのう、美香さんは可愛ええのぉ」

義父は狂ったように腰を打ち付けてきます。

「はぁはぁ、あんたが家に来た時からやりたくてやりたくてしょうがなかったんじゃ。たまらん、夢みたいじゃぁ・・・はぁはぁ」

「こんなの・・・やだぁ」

「ええのぅ、若い女はええのぅ。死んだ女房の若い頃みたいでたまらんわ」

義父は快感に我を忘れて涎を垂らし、無我夢中という感じでした。

「ぁあ、ぁう、あぁ、美香さん、チンポがとろけそうや。ぁあ、もう・・・出るぞ」

「待って、中は、中だけはやめてください」

「ああ、ぁああーー」

「!!!」

義父は迷いもせず中に出しました。
行為が終わったあと、私はしばらく動けませんでした。

「美香さん、また頼むよ」

義父はニヤニヤしながらそう言いました。
これから私はどうなってしまうのでしょう・・・。