45歳を迎える人妻です。
少し前に私は夫には言えないことをしてしまいました。
夫の知り合いの男性とエッチをしてしまったんです。

1人息子も大学に入り他県で一人暮らしをしていて、今は私と夫の2人暮らし。
10年前から近所のスーパーでパートをしている私は、年のせいか腰や首が凝るようになっていました。
そんな私に夫が、「知り合いにマッサージ師がいるから行ってみたら。話しておくから」と言うので、平日の水曜日にそのマッサージ店に出かけたんです。

店の前に行くと『定休日』と張り紙が出されていて、なんだお休みかと思っていると「酒井さん?」と店のドアが開き、男性に声をかけられたんです。

「はい、そうです」

「旦那さんから聞いてるから中にどうぞ」

そう言われ、待合室でお茶を出されて、「どこが凝ってるの?」と聞かれたんです。
簡単なカウンセリングを受けた後、リクライニングの椅子に案内されて座りました。
男性が白衣に着替えると私の後ろに回って、肩から首にかけて解してくれました。
なんとも言えない気持ち良さに徐々に緊張も解れていきました。

あっと言う間の時間だったと思いますが、男性が「腰も解しましょう」と言うとベッドを指差し、「こっちに寝てもらえますか?」と言いながら病院着のような服を渡してきたんです。

「マッサージしやすいように、お客さんにはみなさん着替えてもらってるんです」

と言うので、カーテンの向こう側で裸になり着替えました。
ベッドにうつ伏せになると、男性は肩から首にかけてゆっくりとマッサージを始め、やがて首から背中、腰と解しました。
気持ち良さにうっとりして、つい「あぁ~」と声を出してしまっていたんです。
ツボを刺激されると、イタ気持ちいいという感じでしょうか。
そんな絶妙な刺激が私のおまんこまで湿らせていったんです。

男性も私が気持ち良さに興奮していることに気がついたんでしょう、「オイルマッサージもしませんか?」と聞いてきました。
すっかり興奮していた私は、それがどういうものなのかも聞かずに「お願いします」と答えました。

男性が私の着衣を脱がせ、オレンジ色のバスタオルをお尻に掛けてくれました。
他は裸です。
オイルを垂らされると、首から肩、腰に掛けて念入りに揉み解され、腰からお尻の方へと手が移動するたびにドキドキして、アソコからエッチな液が溢れてくるのを感じました。
息も乱れてハァハァしていると、男性はお尻を入念に揉み始めました。

「先生・・・そこは・・・」

「この辺にもすごく気持ちいいツボがあるんですよ」

そう言いながら軽く刺激してきます。
もうダメなんて言える状況ではなくなっていました。
男性にタオルを取られてしまい、全てを曝け出されました。
ヌルヌルの体を這うようにお尻から太腿、やがて太腿の内側に指が来ると、思わず身体がビクッと反応してしまいます。

男性は私のおまんこから愛液が溢れていることを確認すると、指でおまんこの周辺を擦り、クリトリスにソフトタッチしてきました。
焦らされるように何度も軽くタッチされて、もう限界です。
男性がそんな私の心を悟ったように指を中に差し込んできました。

ジュポジュポ・・・。

室内にいやらしい音が響きます。
やがて男性は膣内のツボを指先で刺激してきました。
私は絶頂の寸前でした。
喘ぎ声は出るし、涎は溢れるし、もう彼のモノが欲しくてたまりませんでした。
マッサージ師って本当にテクニシャンなんですね。
女の気持ちいい所を全て知っているかのような指使いで私はイカされました。
理性の吹き飛んだ私は自ら腰を高く上げ、男性に弄ばれました。
彼の指先は蛇のように滑らかに私のツボを刺激してきて、私は絶頂と共に潮を噴き上げました。
こんなに気持ちいいのは初めてです。
ただただ腰を振り、激しく潮を噴く続ける私はついに、口に出してしまいました。

「先生のが欲しい」と。

彼は待っていたと言わんばかりにズボンを脱ぎ、モノを目の前に差し出してきました。
夫とは比べようもない大きさでした。
私は口いっぱいに彼の巨根を咥え込みました。
巨根をおまんこに挿入され、ゆっくりと何度も出し入れを繰り返されると、私は意識を失いそうなほど感じまくりました。
一度潮を噴くと、もうどうしようもありません。
ベッドシーツをダラダラにするくらい何度も潮を吹き、激しい刺激が全身に襲いかかってきます。
男性が巨根を抜いて私の口内へザーメンを吐き出す頃には、私は数え切れないくらいイッて、何も考えられない状況だったんです。

息を荒らしながらベッドの上でぐったりしている私に男性はタオルを掛けると、「少し休んでください」と言って部屋を出ていきました。
疲れ果て、少し眠ってしまったと思います。

男性に「この事は2人だけの秘密にしましょう」と言われ、「そうですね」と言い残して私は店を後にしました。

夫は52歳を迎えて性欲は衰え、夜の営みはしばらくない状態です。
そんな私が彼の刺激を味わってしまい、我慢できるはずもありません。
翌週もその翌週も、私は彼のマッサージを受けにお店に通っています。