中学の時、じいさんの介護に来ていたヘルパーの幸恵。
40歳は過ぎてたと思いますが、色白でムッチリした女性でした。
2日に1回くらい来ていたんですが、じいさんを車椅子に乗せる時に手伝ったりはしていました。

「ごめんなさいね」と言われてましたが、彼女のTシャツが結構ラフで、夏場に胸元からおっぱいの谷間が覗けて、俺はそれを目当てに手伝っていました。
白いTシャツなのに黒いブラだったりして、思春期の俺はそれをおかずにオナニーをしてました。

中2の夏休み、今日はヘルパーが来ないと思ったので、部屋のベッドでエロ本を見ながらオナニーをしていました。
油断していたんです。
でも、その日はヘルパーが来ていました。
オナニーをしてたら、「かずや君、車椅子・・・」と幸恵が目の前に。

(ヤバい!)

慌てて隠しましたが、バッチリ見られていました。
幸恵は、「ごめんなさい!」と戸を閉めて消えましたが、恥ずかしいやらなんやら。
用事を頼まれたので無言のまま手伝ったあと、すぐに部屋に篭もりました。

しばらくして幸恵が、「今いい?」と部屋に現れました。

「さっきはごめんね?開いてたから・・・」

謝る幸恵。

「こちらこそごめんなさい!見たこと、誰にも言わないで」

「もちろん話さない」

幸恵は、「若いからね、思春期だからね」と笑ってました。
そして幸恵は、「毎日してるの?」と聞いてきました。

「うん、毎日・・・」

「そうなんだ。良かったら手伝って上げようか?」

びっくりしました。

「おばさんなんかにされても萎えちゃうかも知れないけど」

めちゃくちゃ心臓がバクバクしました。

「いいの?」

「いいよ」

そう言うと幸恵はベッドに座り、「隣に来て」と。
隣に座ると、「お母さんとかには絶対に言わないでね」と言って股間を触ってきました。

「あ、もうおっきくなってきた」

丁寧にズボンを脱がし、トランクスを脱がしてくれました。

「中学生なのに立派ね」

ちょっとひんやりした手で上下に触ってきて、「気持ちいい」と言うと、「嬉しいな」とゆっくりと上下にしごかれました。

(凄く気持ちいい!)

上下にしごかれ、オナニーの何倍も気持ちよかったです。

「イキそう!」

「いいよ!出して!」

そう言うと幸恵は俺のを咥えてきて、ジュルジュルとしゃぶられた途端、口の中に出しました。
吸い付かれて出し終えると、幸恵は「すっごい濃いよ~」と笑ってました。
ティッシュッ口の周りを拭くと、「ふ~、美味しかった」と笑っていました。

「またして欲しい?」

こんな快楽を味わった俺に断る理由などありません。
夏休み中、来たときにはしてもらい、夏休みの後も日曜日とか親が居ない日にしてもらっていました。

「触ってもいいよ」と言われ、フェラしてもらいながら豊満なおっぱいを触らせてもらいました。

そんな事を中学2年から卒業までしてもらいましたが、高校に入ってすぐにじいさんが亡くなりました。
幸恵さんの介護も終了になり、手続きをして帰る時に、「メルアド教えて」と言われたので、こっそり連絡先を教えました。

それから10日後、幸恵から『今度の土曜、会わない?』と誘われて会うことに。
指定されたスーパーに行き、裏手に回るように言われていたので立って待っていると幸恵が車で迎えに来ました。
車に乗せられて、「おじいちゃん、残念だったわね・・・」と言われて走った後、隣町にあるレストランで食事をしました。

幸恵は離婚していてシングルマザーで、娘2人はもう社会人だとか。
食事した後、「家、来る?」と言われて、幸恵の自宅に。

「なんか最初の時より男らしくなったよね」

そう言われて嬉しかったです。

「かずや君、彼女は?」

「いません」

「そうなんだ。もし私が20歳くらいなら彼女になりたいわ」

「ちょっと来て」

そう言われて部屋に向かうと寝室でした。

「かずや君が良かったらでいいんだけど、おばさんとエッチしない?」

もはやフェラだけでは飽き足らなかったので、「いいよ」と即答しました。

「初めてだよね?いいの?おばさんで」

「前からエッチしたかった!幸恵さんのおっぱいにしゃぶりつきたかった」

「嬉しい、好きなだけしよ!」

俺は幸恵の服を脱がし、豊満なバストにしゃぶりつきました。

「もう・・・かずや君ったら」

幸恵は俺の乱雑な愛撫にも「アンッ・・・アンッ・・・」と喘いでくれました。

「かずや君のおちんちん欲しくなった」

パンツを脱がせて俺を寝かせると、今までとは別人みたいにしゃぶりつき、幸恵が跨がってきて温かい場所に導きました。

「あん、硬い!」

そこはヌルヌルして気持ち良く、幸恵は目を瞑って上下に腰を動かしました。

「アンッ!いい!」

大きな声をあげる幸恵の揺れる胸を触りました。

「かずや君の凄く気持ちいい!」

激しい腰の動きにすぐに限界になりました。

「いいわ!出して!」

さらに激しい動きになり、俺は数分で果てました。

「アンッ・・・熱い」

出した後、幸恵は何回もキスをしてきました。

「本当に私が初めてで良かったの?」と聞かれて頷くと、「可愛い!」とキスをしてくれました。

そのまま幸恵の豊満なバストにしゃぶりついてたら興奮してきてまた勃起。

「ちょっと・・・おっきくなってない?」

「またしたくなった」

「うそ?」

笑顔の幸恵が動きはじめ、さっきよりは耐えられたけど、10分も持ちませんでした。

「抜かずのって聞いたことはあったけど、本当なんだね」

笑う幸恵とそのままベッドで裸のまま夕方まで過ごしました。

「また会ってくれる?」

「もちろん」

「もう、かずや君ったら」

高校を卒業する前まで、週に2回か3回、幸恵の家に通ってセックスをしました。
パイズリもしてくれて、体位や愛撫もしっかりレッスンしてくれました。
結局、幸恵に5年間、お世話になりました。
今思えば避妊もろくに知らなかったし、してなかったから冷や汗ものですが、貴重な経験をさせてもらいました。