その日、悪友から借りてきた洋モノの裏ビデオを観て私は驚いた。

夜中、妻が寝たのを確認してテレビとビデオのスイッチを入れた。
画面にタイトルが流れ出す。
このシリーズは他にも何本が観ており、内容が過激なので私のお気に入りのシリーズだった。

内容は至って簡単。
屈強で巨大な肉棒のイタリア系男優2人が、世界中のどこかの街で素人の女の子をナンパしてホテルに連れ込み、好き放題セックスしまくるというものだった。

今回の舞台はフランスだった。
最初に登場した女の子は色白、金髪、細身のフランス娘。
男たちに好きなようにアナルやおまんこを攻められるものだった。
2人目はラテン系のグラマー娘だった。

そして3人目の画面に変わった。
遠景で男たちは首輪を付けた東洋人の女性を連れてきた。
その女性は黒いガータ下着に身を包み、乳首やあそこに何やらピアス風のアクセサリーをしているのがアップで映し出される。
個人的にソフトなSM風ボディピアスをしている女性に興奮するタイプなので、(おっ、いいぞ)と思ってテレビ画面に集中してしまった。

私は自分の目を疑った。
そう、画面に映し出されている女性は化粧で誤魔化しているが、紛れもなく私の妻だったからだ。

(まさか?他人の空似?)

そう思ったが、そのわずかな望みも次のシーンで脆くも打ち砕かれた。
その女性は「Yukino」と呼ばれていて、私の妻の名前も「雪乃」だった。
そして独身時代に私の趣味で付けさせた、おへそと乳首のピアス。
決定的だったのはあそこがアップになったときに映し出された、おまんこ用ピアスに刻まれた『MtoY』の文字だった。
紛れもなく、男たちの巨大な肉棒を嬉しそうに夢中でしゃぶっているその東洋女性は私の妻だった。

そのビデオを観ながら、半年前に妻が仕事でパリへ1週間の出張へ行ったことを思い出した。
なんてことのない出張だと思っていたが、まさかこんなことをしているなんて・・・。

ビデオの中の妻は、男たちの肉棒を自分からおまんこに入れて腰を振っている。
口にはもう1本の肉棒。
さらに、お約束のアナルとおまんこの2本刺し状態で恍惚の表情で楽しんでいる。
延々とその痴態とプレイは続いた。
その間も妻は嫌がることもなく積極的に男たちの肉棒に突かれまくっていた。
そして顔面射精。
妻の口の中に向けて大量の精液が発射された。
何度も何度も白くてネバネバしたものが妻の口いっぱいに溢れるほど注がれる。
妻は、嬉しそうに口を大きく開けて舌と唇を使って上手に肉棒に残った精液まで味わっていた。

驚いたことに、さらにプレイは続いた。
男たちも驚いていた。
妻は積極的に男たちの肉棒をまたしゃぶりはじめ、巨根を哀願している。
カメラマン(監督か?)の声が入って、結局、男たちの肉棒もみるみるうちに回復すると妻の中に次々と挿入を開始した。
なんと今度は生でだった。
アナルとおまんこを同時に生の肉棒で突かれまくっていた。
男たちも気持ちがいいのか、ものすごい勢いでピストンしまくる。
涎を垂らしてイキまくる妻。

そして、最後は中出しだった。
しかもアナルとおまんこの中に同時に男たちの大量の精液が注ぎ込まれた。
男たちの肉棒が抜かれると、尻の穴とあそこから男たちの白い体液が溢れ出してくるのが映し出された。
妻の幸せそうな顔がアップで映し出されて、そのビデオは終わっていた。

しばしの間、私は呆然としていたが、結局そのビデオで3回も抜いてしまった自分が情けなかった。
そして妻は来月、またパリへ出張らしい・・・。