女子高で英語教師しています。
33歳、独身です。
実は女子高の時からずっとレズビアン。
男性なんて興味ないし、同じ女子高に勤務している3歳年上のおねえさんと5年間同棲しています。

昨日も一緒に帰りました。
彼女の誕生日だったので、2人でディナーを食べながらワインを飲んでお祝い、楽しい時を過ごしました。
2人とも飲みすぎたのか、駅からお互いに支え合いながら歩いていました。

自宅マンションの手前に工事現場があります・・・。
その前に来た時、急にワゴン車が停まり、中の男が話しかけてきました。
2人とも酔ってて何を言ってるのかわからないし、もうちょっとで部屋に着くので無視して歩いていました。

すると急に車から2人の男が出てきて、抱きつかれて車に押し込められました。
突然のことに仰天して、腕を振り足をバタつかせて抵抗しましたが、下腹部を殴られて意識がなくなりました。

目が覚めて隣を見ると、全裸でおねえさんが2人に犯されていました。
そして私はセーターを捲られ、ブラをずらされ、乳首が露出しています。
下半身はストッキングとパンティを足首のところまで下ろされ、足を開かれクリを舐められていました。

私は処女でした。
レズのときもローターやマッサージ器など、色々とおもちゃは使ってはいましたが、まだ純潔でした。

私は死に物狂いで抵抗しました。
手と足で抵抗し、部屋中を逃げまわりました。
でも、おねえさんを犯していた人が加わり、2人に捕まると泣き叫ぶだけになり、後ろから胸を揉まれ、前からはキスされてクリを弄られ、濡れてきた膣に指を挿入されました。
そして男性のモノをフェラさせられました。

生まれて初めて見る一物。
恐怖と不安。
おねえさんのように犯されたら死んじゃうと思い、心も体も凍りつきました。

体中を弄り回され、後ろから私の胸を責めていた男が、バックから私の中に入ってきました。
脳に響くような痛みでした。
胸の鼓動は鳴り続け、体を引き裂かれる傷みに泣きながら抵抗しました。
でも、やめてくれません。

私はおねえさんと手を握りあい、終わりが来るまで耐えました。
おねえさんを見ると2人に抱かれ、可哀想に前とお尻を同時に犯されていました。

(私の大事なおねえさんを・・・)

私も、3人の男に入れ代わり犯され、最後はおねえさんと同じように、前とお尻を同時に犯されました。

何度イカされたかわかりません。
2人とも気を失ったようで、気づいた時は拉致された工事現場の横の駐車場の隅に捨てられていました。
2人で支え合いながら、やっと部屋に帰り着きました。
時計を見ると朝の4時過ぎ。
夜の9時頃から7時間も、私たちは辱められ犯されていたのです。

涙が止まらなくて、男たちに汚された体を清めるために、おねえさんと一緒にお風呂で洗いました。
でも・・・眠れません。
まだ体の中に男のモノがある感じがして、涙が止まりません。
おねえさんを見ると泣いていました。
自然におねえさんの胸に顔を埋め、抱き合いながら朝を迎えました。

翌朝は家の外に出ることすら怖く、でも教師として学校を休むわけにはいかないので、2人励まし合って出ました。
学校では、いつもは何も感じない男性教師も、話しかけられただけで体が身震いして、涙が出そうになりました。

昨日のことを忘れるため、夕食後はおねえさんにいっぱい愛されました。
でもおねえさんの指が入ってきた時は涙が出て泣いてしまいました。

「2人で忘れられるように頑張ろうね」

そう言われて、ちょっとだけ楽になりましたが・・・。
いまだに通勤の満員電車で男性と肩が当たっただけで逃げ出したくなります。