うちが14歳の時だった。
ある日、彼に「家に遊びに来いや」と呼び出されて行くと、彼の職場の先輩がいて、2人はビールを飲んでた。
(彼、未成年なのに)

お酒に弱いのに、先輩に勧められて断れず、飲まされてた。
彼は酔っ払って、もうフラフラ状態。
そのまま寝てしまった。
それをいいことに先輩がエロトークを始めやがった。

「いくつ?」

「14歳です」

「彼氏とはもうセックスしたの?」

「はい」

「彼氏、寝たね」

「うん」

先輩はコップをテーブルにドンと置いて、いきなりうちを襲ってきた。

「ちょっとやめてや!」

「ええやろ、もう処女じゃないんだから」

「そういう問題やない!彼がいるのにそんな事すんな!」

「気強い女の子だな、そんな子、俺好きや」

そんなこと言いながらまだ襲ってくる。
うちが抵抗して暴れてたら彼が起きた。

「何してるんですか!やめてください」

助けにきたけど、先輩に「うるせぇ、お前は黙って寝とけ」って突き飛ばされた。
彼は酔ってるし、突き飛ばされた時に軽く頭を打ったみたいで、ちょっと意識朦朧。
それでもまだ彼を殴りに行こうとしたので・・・。

「もうやめて!エッチしてもいいから・・・」

そう言ったら・・・。

「そしたら彼氏の前でやろうか」

と言いやがった。
彼は「やらんでもええ」と言ってたけど、先輩がまた殴りそうだったので、うちが受け入れた。

彼の目の前で他の人とエッチ。
自分で服を脱いで、うちは先輩のとこへ。
最初は上に乗ってやってたけど、「腰使いが下手」と言われてバックでやられた。
彼が、「もうやめてくれ」と言ってるのに先輩は、「ほら、お前も見てみ」ってバックでガンガン突いてくる。
うちは悔しくて、彼の前で犯されながら泣いてしまった。

「泣く女とやるのもいいな」

先輩は楽しそう。
うちはもう限界。
彼に「助けて・・・」と言ったら、フラフラしながら助けにきたけど、やっぱり先輩に突き飛ばされた。

彼が「もうやめて下さい!」と何度も叫んだけど、先輩は「うるせえ!お前は見とれ」と言って、バックの状態から座ってうちの足を広げて、エッチしてるとこ丸見えの状態で、「腰はこうやって振るんじゃ」って、軽いうちの身体上下に揺すりだした。
そして、「もう出る」って言っておちんちんを抜いて、うちを蹴り飛ばして顔にぶっかけた。

「なかなか締まりよかったぞ」

先輩は捨て台詞を吐いて帰っていった。

彼「ごめん・・・」

うち「ごめんなさい・・・」

後日、彼は先輩と大喧嘩して顔を腫らして帰ってきた。

「あいつ、殴ってやった。仕事は辞めてきた。また別な仕事探すわ」

嫌な経験をしたけど、彼のことがもっと好きになりました。