僕が高1のときの出来事です。
当時、姉は高3で受験で忙しい時期でした。
2人は小さな頃からよく喧嘩もしましたが、仲良しでよく一緒に遊びました。
また姉は頭が良かったので、小学の頃などよく勉強を教えてもらいました。
顔も可愛くて、よく友達から羨ましがられました。

中2になった頃、僕の中に姉に対して特別な気持ちが芽生えるようになりました。
それまで感じたことのない不思議な気持ちです。
姉が愛おしく思えるようになったのです。
女子高生になって一段と可愛くなり、そして女の体になっていく姉を見ていると、体の芯から突き上げるようなムラムラを感じて、じっとしていられなくなったのです。
でも僕はそれをぐっとこらえていました。
そのムラムラの意味が判らなかったものですから・・・。

高校1年になったとき、そのムラムラは毎日のように起こるようになりました。
そして僕はそのムラムラの意味が具体的に自覚できるようになりました。
それは、“姉とセックスしたい”という衝動に他なりませんでした。
これっていけないことですよね。
姉弟なのですから。
でも抑えきれないのです。

ある夜、僕は勉強を教わりに姉の部屋に行きました。
でもそれは名目で、本当は別の目的があったのです。
姉は深夜ラジオを聞きながら勉強していました。
パジャマ姿でした。

「どうしたの?」

「数学でわからないところがあるから」

姉はシャーペンの端っこで頭をかきながら顔を歪めました。

「ごめん。明日学校から帰ってからにしてくれる。明日、模擬試験なんだ」

「昔、カヨはすぐに教えてくれたのに」

カヨとは姉のニックネームで、姉の名前は佳代子です。

「今は大学入試だから」

「カヨは寂しくないの?」

「え?」

「勉強ばかりしてて寂しいと思ったことはない?」

姉のピンク色の唇を見ていると目眩がしてきました。
気が付いたらキスしていました。
姉はびっくりして身を引きましたが、魔法にかかったみたいに静かでした。
僕はおっぱいを揉みました。

「何すんのよ!」

「カヨ好き。大好き。ずっと前から好きだった。カヨ、僕は寂しい。カヨが勉強ばかりだから寂しい」

おっぱいを揉み続けました。
生まれて初めて揉むおっぱいでした。
柔らかくてぷりぷりしている高校3年生のおっぱいでした。

パジャマを脱がすとノーブラでした。
姉はいつも寝るときノーブラです。
生のおっぱいを揉みながら、「ううっ」と声出して乳首を舐めました。

「ァ・・・アンッ」

その夜はそれで終わりましたが、以来ときどき姉の部屋に行くようになりました。
僕が部屋に入ると姉は勉強をやめて相手をしてくれるようになりました。
姉も、おっぱいを触られたかったのかもしれません。

「だめだめ・・・それだけはだめ」

ベッドに押し倒して下半身を求める僕を拒絶する姉。

「カヨとしたい。したくてたまらない」

無我夢中で陰部を弄りました。
陰部は複雑でした。
どこをどうすればいいのかよくわかりませんでしたが、無理やり挿入しました。
その夜、僕は姉の処女を奪いました。

姉は泣いていましたが、僕を嫌いになったりはしませんでした。
その後も部屋に行くと僕を受け入れてくれたのです。
両親の部屋から盗んできたコンドームを使ったりしました。
姉の本意はよくわかりませんが、僕とのセックスを拒否しなかったことだけは事実です。
高校3年にもなって、常識もあるし頭もいいので、近親相姦がいけないことくらいはわかるはずです。
なぜ拒否しなかったのでしょう。
姉もセックスに興味があったのかな。

あれから15年。
お互い家庭を持っていますけど、ときどき姉とのことを思い出すことがあります。
あの頃、どんな気持ちでいたのか聞きたいのですが、なかなか聞けないものです。
永遠にわからないかもしれません。
でも、あの頃のことを思い出すと・・・。

(また姉としてみたい・・・。人妻になった姉と・・・)

そんな淫らな考えが頭をよぎるのです。