大学では吹奏楽のサークルに入っています。
同じサークルに入ってる彼女は、自慢の彼女だったりします。
周りから羨ましがられるくらい可愛くて、スタイルも良くて、成績優秀で、どんなことにも一生懸命で、料理が上手くて。
僕は本気で惚れてて、いまだに手を繋ぐだけで緊張してしまいます。

初めての彼女ということもあって、どうやってエッチまで持っていくのか正直わからず、付き合って1年になるのにまだキスだけです。
周りからは、「20歳超えてあんな可愛くてスタイルいい子と付き合っててやってないって、ほぼ拷問だろ」と言われますが、それでも本気で惚れてるのでキスだけでも満足でした。

毎年夏に近隣の大学と合同練習があります。
1週間くらい、林間学校で使われる宿泊施設を借りて行なう合同練習です。
僕も彼女も大学3年で、僕はサークルの副部長をやっているのでやることが多くて大変でした。
自分の楽器はもちろん、ちゃんと他の大学と親交を深めているかとか見てまわる必要があって。

彼女の担当楽器はアルトサックスでした。
アルトサックス同士で集まって練習しているところを見回ったとき、彼女以外は男だったのでちょっと心配になりました。
夏だったので薄着で、Tシャツ姿の彼女はスタイルの良さとか胸の大きさがわかってしまいました。
心配になって何度か見回っていると、他の大学の男たちが彼女に声をかけていました。

「玲菜ちゃん(彼女)、リードってどれくらいの硬さのを使ってる?」

『リード』とは、サックスの口に含む部分に付ける道具です。
硬さとかメーカーが色々あって、そういう情報交換をするのも、この合同練習の目的のひとつです。

「私は3くらいがちょうどいいかな」

「そんなに薄いんだ?ちょっと玲菜ちゃんの試させてくれない?」

「ん・・・えっと・・・」

彼女は困ったように苦笑いしていました。
リードは葦(あし)という植物で作ったもので、口に付けるものですから唾液で濡れてしまいます。
男同士、女同士であればそういうやり取りがなくもないのですが、他の大学の女子相手にすることじゃありません。
止めようかどうか迷いました。
ちょっと離れた所から見ていたので僕には気付いていません。
彼女は断るのも申し訳ないと思ったんでしょう、自分のサックスからリードを取り外して、軽くタオルで拭いて渡していました。

「じゃあ使った後ので悪いけど、はい」

「ありがと、じゃあ試すね」

長時間練習していたので、拭いたとは言っても、リードは玲菜の唾で濡れていると思います。
間接キス、しかも自分の目の前で。
かなりムカムカしましたが我慢することにしました。
その後も何度か見回ると、他の大学の男と玲菜は楽しそうに喋ったりしてて嫉妬しました。

夜は食事会という名の飲み会でした。
僕は副部長ということもあって、各大学の部長、副部長と一緒に飲んでいました。
玲菜は担当楽器同士で飲んでたみたいで、僕は複雑でしたが、抜けて玲菜の集まりに顔を出すのも不自然で、結局そのまま玲菜とは顔を合わせませんでした。
その夜、『合同練習はどう?』とメールすると、『うん、楽しんでるよ』みたいな返事が来て心中は複雑でした。

次の日は飲み会はなく、夜になって玲菜を誘っても、『ごめんね、女子同士で集まっておしゃべりしてるから、ちょっと抜け出せる雰囲気じゃないかな』という返事が来ました。
玲菜とまともに会話もできていません。

一方、練習中にアルトサックスを見回ると・・・。

「ちょっと玲菜ちゃんの楽器貸して」

「うん、いいよ、はい」

みたいな感じで、玲菜は楽器の貸し借りも抵抗なくしていました。
完全に間接キスです。
にも関わらず平然と貸し借りをしてて、かなり気持ちは複雑でした。
夏だから相変わらず玲菜は身体のラインがわかる服装で、日によっては透けブラもしてて・・・。
玲菜みたいな可愛い子が大学生の男の前でそんな格好して、そういう目で見られないほうがおかしいということに気付いているのかいないのか分かりませんが、普通の精神状態ではいられませんでした。
レクリエーションとかもあるので、距離が縮まって警戒心が薄れているんだと思いました。
僕は何度も見回るたびに嫉妬していました。

4日目くらいだったと思います。
例によって見回りをしていたら、玲菜が他の大学の男に背中を押されて練習を抜け出しているのが見えました。
正直、告白とかされるんだろうと思いました。
慌てて追いかけると、2人が消えていったのは男子の部屋でした。
たぶん、そいつが使っている部屋だと思います。
心臓バクバクで嫌な汗をかきながら、とりあえず様子を見ようとその部屋に近づきました。
夏の暑い日でしたから部屋の中に熱気がこもるのが嫌で、ドアは開けっ放しにしていたんだと思います。

「もう、まだ練習中なのに。こんなに露骨に抜け出したらバレちゃうよ?」

「別にバレてもいいって、それより玲菜と間接キスして我慢できなかったし」

「間接キスで興奮するって可愛いー」

「もちろん間接キスだけじゃ足りないけどね」

聞こえてきた2人の会話に心臓が止まりそうになりました。

『浮気』

その2文字が頭の中に浮かびました。

(まさか玲菜が・・・)

そう思いましたが、すぐに2人がキスする音が中から聞こえてきました。
それだけじゃなく、服を脱がせる音も聞こえてきます。

「やべ、たまんね・・・玲菜の身体って本気でエロい。今日の下着はブルーだな」

「水色、嫌い?」

「似合ってる。すげーエロい。玲菜、巨乳だし」

衣擦れの音のあと、吸い付く音が聞こえてきました。

「あっ、キスマークはだめ・・・みんなでお風呂入るときバレちゃう」

「こんなエロい身体してる玲菜が悪いんだからな。Eカップだっけ?」

「うん・・・Eカップ・・・んんっ・・・あっ、また跡が付いちゃった・・・おっぱいをキスマークだらけにされたら絶対にエッチしたってバレちゃうよぉ」

自分の彼女が、壁一枚隔てた場所で胸にキスマークを付けられてる・・・。
そんな状況なのに、手や足に力が入りませんでした。

「もう我慢できないからそのまま挿れるから、濡れまくってるから大丈夫だよな」

「このままなんて・・・コンドームないからだめぇ・・・」

「外で出すから大丈夫だって」

押し倒す音、乱暴にキスしながら服を脱がせる音が聞こえてきました。

「はぁっ・・・はぁっ・・・ぁああっ、やだ、敏感になってる、だめ・・・」

肉を打つリズミカルな音が聞こえてきました。
いつの間にか玲菜は挿れられたみたいです。
そしてキスマークを付けられていたときから感じてたんだと思います。
玲菜は最初からかなり大きな声で感じまくっていて、僕は気付いたら涙と鼻水を流していました。

「玲菜、声大きすぎ。ほら、枕噛んで我慢しろって、さすがにバレるって」

「うんっ、んんんっ、んっ、んんんんんっ・・・」

くぐもった声が聞こえてきます。
玲菜は枕に顔を埋めて声を我慢しているんだと思います。

(そんなに気持ちいいんだ・・・)

僕はまたショックを受けてしまいました。

「玲菜、垂らしすぎwシーツがおねしょみたいになってるし」

「んんんんっ!だって気持ちいいんだもんっ、あんっ、あんっ、あっ、だめぇっ・・・声出ちゃうっ・・・」

僕はもう聞いていられませんでした。
だけど足にも手にも力が入ってくれなくて、その場から離れらたいのに動けなくて・・・。

「やべ、玲菜がエロいから、もう出るっ」

どこに出したのかはわかりませんが、男のほうはイッたみたいでした。
しばらく2人の荒い呼吸だけがしました。

「玲菜、ほら、ちゃんと気持ちよくしてもらった後はお掃除しないと」

「はぁっ、はぁっ・・・うん、そだね・・・んっ、はむっ・・・」

玲菜は呼吸を乱したまま射精した後の男のアレを咥えたみたいでした。

「美味しい?」

「美味しくないよぉ・・・おちんちんと自分の変なところの味だもん。それにしても汗だくになっちゃった。こんなんじゃ練習に戻れないよ?」

そんな風に2人でふざけあいながらセックスの余韻に浸っているみたいでした。

僕はどうやって練習場所に戻ったのかわかりません。
ただ戻ったら、「顔色が悪いし汗びっしょりだよ」と言われ、休むように勧められて僕は医務室に向かいました。
その途中で、玲菜と男とすれ違いました。
親密そうに話しながら、ちょっと化粧が崩れた玲菜。
僕とすれ違うとき、ちょっと困ったように微笑んでくれたようでしたが、僕は玲菜の顔を見る余裕すらありませんでした。
その日の夜、『気分悪くて医務室に行ってたんだって?大丈夫?』とLINEが来ましたが返事を返せませんでした。

結局、僕は体調不良ということで5日目に帰ることになりました。
僕が帰った後、玲菜は何回練習を抜け出して何回セックスしたんだろうと考えると、まともではいられませんでした。
バイトにもサークルにも顔を出さず、夏休みを送りました。
玲菜も何回か家に来たみたいですが、もちろん会う気などありません。
そんな態度だったので、玲菜も僕が浮気に気付いたことがわかったんだと思います。
お互いに連絡を取らず、自然消滅しました。