私は45歳の医者です。
実家のほうが先祖代々その系統なため、実力もないのに一生懸命努力してようやく資格を手に入れたといった具合で、結婚も遅く42歳でなんとか妻を迎えることができた次第です。
妻は私より19歳下で、私の母が見つけてくれた人で、自分の配偶者だという感情を差し引いたとしても、外見性格とも申し分ない女性で、正直平凡な40男の私には過ぎた嫁だと思います。

よく知られてることとは思いますが、私どもの業界では横の繋がり(出身校や地域などの関係)が深く、プライベートでも家族ぐるみの交際、奥さん同士の付き合いもなかなか大変なんですが、それもそつなくこなしてくれて、同期の者からも、「結婚は遅かったが若くて美人で一番いいかみさんをもらった」と羨ましく思われているようです。
夜の生活のほうも、無垢なまま嫁いできた妻は、徐々にではありますがその喜びも覚え、また私を喜ばせる術をそれなりに身につけ、勤務の関係上、毎日のようにというわけにはいきませんが、週に1、2回は必ず行なっていました。

ここまで書いてきますと、なぜここに来たのかという疑問を持つ方もおられるかと思いますが、実はある欲望(願望)が私の心を支配するようになってきたのです。
それは、妻を徹底的に汚してしまいたいという願いでした。
それも私が妻の相手に望むのは、妻よりずっと年下の男の子だったのです。

なぜそのように思うようになったかといえば、小学5年生で自慰を覚え、25歳まで女性を知ることなく、青春という一番輝く時期を受験というプレッシャーの中で右手だけでそれを発散させていた私の暗い陰湿な欲望を、男の子を通して爆発させたいという、ある意味自慰行為に近いものがあるのです。
本当ならば自分が中学生に戻って妻を犯したい・・・。
実際、妻とそのような設定でセックスをしたことがあります。
妻にはそれとなく勧めたことがありますが、やはり冗談としか受け取ってもらえず、私もそのままにしていました。

そんなある日のことでした。
初夏の海岸での出来事です。
私たち夫婦はともに今風に言うならばアウトドアが趣味で、実態はただ外で子供のようになって遊ぶ程度なんですが、潮干狩りのシーズンともなればよく2人で遠出することがありました。
妻はお嬢さん育ちで、結婚して初めて潮干狩りをしたということで、最初は「こんな汚い海に入るなんて・・・」と言ってたんですが、今ではその面白さを知り、楽しむようになっていました。

その日の私たちは、時間が経つにつれてだんだん離れたところでそれぞれ貝を探すのに夢中になっていたため、腰を曲げているのにも疲れ、立ち上がって妻の居場所を探しました。
30メートルほど離れた所に、妻は後ろを向いてしゃがむような格好で貝を掘っていました。
パンツとセーターの間からは白い背中が見え、その細い腰と対照的にお尻の丸みと大きさが私の股間に欲望を伝え、帰ったらセックスしようなんて馬鹿なことを考えていました。

その時です。
妻の正面に、中学生くらいの男の子が妻のほうを見ながら砂を掘っていました。
まあ目立つほうですし、一緒に歩いていてもこちらには目もくれずに妻だけ舐めるように見ていく男の視線には慣れてますからなんとも思わなかったんですが、その子に異常な雰囲気を感じて、ちょっと気になりました。
でも、ただ見ているだけの子供に注意するのも大人気ないですし、そもそも何を見てるのか気にもなったので、その男の子の後ろに回り込み、妻のほうを見てみました。
妻はVネックというのか、少し胸の開いたセーターを着て、上に風除けの上着を羽織っていましたので、その真っ白な胸はブラジャーまではっきりと見ることができました。
その子は妻の胸を一心に見ていたのでした。
ほとんどその手は休んでおり、妻が少しずつ向きを変えるにつれ、その子も動いて見やすい位置を確保します。
自分の妻に欲情する少年を見て、私は昔、大人の女性の胸元を覗いて、その夜それを思い浮かべながらオナニーをしたことを思い出しました。
そして、その子に妻の体を思うがままに触らせたいと思い、股間を熱くさせたのでした。

私はその子を誘い、妻の手作りのお弁当を一緒に食べることを思いつきました。
時計を見るともう12時を回っていたので、私は早速行動を開始しました。
その子が親子連れだったら私の目論見は早くも瓦解します。
少年の側へ行き、たくさん貝が入ってるバケツを覗き込みながら、「たくさん採れたねー」と話しかけました。
少年は少し驚いたようでしたが、素直に頷きます。
それから色々話をし、近くの学校の寮から来ていること、今日は友人と2人連れということもわかりました。
お昼の準備はしてきていないということでしたので、一緒に食べようと勧めました。
もともと子供好きの上、事情があり両親と離れて暮らしているという少年の事情を知り、妻も痛く同情して少年たちを誘います。
大人も子供も女性からの誘いを断りづらいのは同様のようで、結局一緒にお弁当を囲むこととなったのでした。

ただ、食べ盛りの2人を満足させるにはボリューム不足でしたので、来る途中にあったコンビニまで車を走らせることとなり、車まで戻りました。
そこでダッシュボードからバードウォッチング用の双眼鏡を取り出し、残してきた妻たちを見たところ、3人は仲睦まじく砂浜を掘っています。
しかし相変わらず妻の胸元に先ほどの子は視線を走らせているようでしたし、後から合流した少年も妻の真後ろから見つめていました。
きっと私が先ほど妻のお尻や腰の括れを見て欲情したように、彼らもそのペニスを勃起させてるに違いありません。
私は、今ここでオナニーを始めたい気持ちを抑えるのが大変でした。

大急ぎで買い物を済ませて戻った私は、人気のない所へと車を走らせ、木陰へ駐車しました。
私がいない間に3人は打ち解けたようで、楽しくおしゃべりをしながら食事は始まりました。
少年たちは妻のことが気になるようで、その視線は私へ向けられることより妻へと行くことのほうが多く、妻さえ説得できれば、必ずうまくいくと確信したのでした。

私はトイレへ行くふりをして妻の携帯へ電話をかけました。
最初、妻は胸を触らせるということを冗談だと思い、やがて怒りましたが、私が前々からそのような欲望を持っていることを知っていましたので、渋々了解しました。
いよいよ妻の胸を少年たちに委ねることになると、私は下半身を熱くさせながら車へと戻ったのでした。

車へ戻ると妻が緊張した顔をしています。
先程の電話は本気なのかと問いただすような視線でした。
私はいささか心が痛みましたが、自分の下半身の疼きに成り行きを任せることにしました。
小声で妻を愛していることを告げ、その行為をすることが私自身への愛情表現なんだということを伝えました。
それで妻は諦めたように頷きました。

私は妻の側を離れ、少年たちを妻の両脇へ座らせました。
小柄な女ですし、これから起こることを予想して緊張し、いつもより一層肌の白さが際立っているようでした。
狭いワンボックスカーの中ですから、3人は肩を寄せ合うようにして座っています。

A君(最初に胸を覗いた少年)へ、「さっきお姉さんのおっぱい見てたでしょう」と言うと、恥ずかしがって笑います。

「触ってもいいよ」と言っても手を出しません(当然でしょうが)。

私はまず自分が手を伸ばして妻の胸を揉み始めました。

「柔らかいよ、触っても絶対に怒んないから」

揉みしだかれる胸を見ながら考えているようです。
私は2人の手を左右それぞれの乳房に導き、セーターの上からですが手を胸の膨らみへあてがったのでした。

「さあ、好きなように触っていいよ」

そう声をかけると、その指先がゆっくり肉の中に埋まりこんでいきます。

「柔らかいでしょう?」

素直に頷きます。
徐々に指先に力が篭り、自らの意思でその感触を楽しみ始めます。
ちょうどいい熟れ具合の女の乳房の柔らかさを、思春期の入り口の少年に自由にさせている・・・。
体中の血が沸騰するような感覚が走ります。
妻は目を閉じ、痛みに耐えるようにしばしば眉根を曇らせます。
中に手を入れるように勧めると、妻の顔を見ながら手をセーターの中に潜り込ませます。
ブラジャーの上から先程よりも攻撃的に2本の手が胸を弄ります。
セーターは捲りあがり、胸元から覗いていたブラジャーが露わにされます。

私は妻の背中へ手を回してホックを外しました。
少年たちの手はブラジャーの内側に潜り込みました。
初めて大人の女の乳房の柔らかさを捕らえた手は激しく動きます。
妻は色素が薄い体質というのか、薄茶色というよりも肌の色に僅かに赤みを帯びた色と言うのでしょうか、少女のような乳首をしています。
私が長く愛撫を加えるとその乳首は充血したように赤くなり、いつもは乳輪に埋まっているものが、せり出してきます。
少年の手の動きはますます凶暴さを増していきます。
車内の隅に追い詰められるように妻は身を引いていきますが、ぴったりと両脇に寄り添うように2人に体を寄せられているため、身動きもままならないようです。
私はセーターとブラジャーを取り去り、妻の上半身を裸にして、少年たちの視線に晒しました。
乱暴な愛撫により乳首は尖り、赤く色づき、その存在を主張していました。

たまりかねたかのようにB君が乳首を口に含み吸い始めました。
それを見たA君も同じ行為に没頭しはじめます。
2つの頭が妻の胸に被さります。
横を向き、表情を隠すようにして、声を出さないように耐えている妻がいました。

妻の耳元で、「我慢しなくて声をあげていいんだよ」と囁きます。
妻はいやいやをするようにかぶりを振ります。
乳首を吸い上げる湿った音が車内に響きます。
わずかに小さなため息のような喘ぎ声が聞こえ始め、男の子の手の動き、吸い上げられる口の動きに応え始めます。
妻が年端も行かない少年の愛撫に応え始めたのでした。

「あなた、助けて・・・」

2人の顔を押しのけてこちらへ近づいてこようとしますが、妻の体はしっかり抱き締められて動けません。
私はただ欲情した目を向けるだけです。

男の子の手が自分の下腹部を触っています。
オナニーを始めたのでした。
乳首に吸い付きながら自分のペニスを刺激するのを見て、私も我慢できなくなり、自分のモノを取り出しました。
車の隅に追い詰められ、左右の胸の膨らみを少年に弄ばれ、耐えきれずにその愛撫に応えている妻を見ながらするオナニーは、初めて射精した日を思い出させるような快感をもたらしました。

私たちは少年たちと別れる際にプリペイド携帯を与えました。
これが、また会うときの連絡や、とてもいやらしい使われ方をしました。
機会があればこの事も書いてみたいと思います。

もともとセックスの際にもAVのような派手な声をあげるタイプでない妻が、私以外の男の愛撫に応える姿を見たことは新鮮な感動で、妻を改めて1人の女として見直すことになった出来事でした。
あの日は私自身が自らの手で射精した後、急に妻が可哀想になり、妻にイタズラを続ける少年たちを制止し、プリペイド携帯を渡した後、急いで帰宅した次第です。

私以上に衝撃が大きかったはずの妻ですが、普段通りの表情で助手席に座っている彼女のスラックスには男の子が放出した精液を拭いた跡が僅かに残っていました。
私は、その胸や太腿を横目で盗み見ながら帰路に就いたのでした。

しかし異常な興奮はまだ収まっていません。
私は車をラブホテルへ進め、部屋へ入るなり先程の少年と同じようにその乳房へむしゃぶりついたのです。
妻もやはり興奮していました。

「あの時、気持ちよかったんじゃないの?」

質問しながらペニスで妻の性器を突く私に、「気持ち悪くてやめさせて欲しかった」と言いながらいつも以上に妻はびしょびしょに濡れており、積極的に私の愛撫や責めに応えました。

自宅に戻った後、冷静になって考えてみると、今日の行為は明らかに違法性が高い行動だったことに思い至りました。
もし世間に、この事が知れれば、単なる不倫や浮気のようなことでは済まなくなり、私たち夫婦は社会的制裁も甘んじて受けなくてはなりません。
それだけはなんとしても避けなくてはなりません。
しかし、だからこそ快感が伴うのかも・・・。

<続く>