37歳の主婦です。
夫は10歳年上で、半年に1度くらいやる気になるみたいで愛撫はしてくれますが、挿入しようとするとすぐに萎えてしまいます。
仕方なく口と手を使ってイカせますが、私は満足できません。
若い男の硬く反り返ったモノを想像してオナニーをしますが、やはり本物でされたい願望は増すばかり・・・。

せめて若い男性の綺麗な身体を見るだけでもと思い、スポーツジムで水泳を始めたのですが、そこでインストラクターの健太君と出会いました。
健太君は28歳で、胸板は厚く、贅肉のない腹筋が浮かび上がる綺麗な身体をしていました。
健太君は私に優しく泳ぎを教えてくれました。
私は健太君に会えるのを楽しみにジムに通いましたが、なんとなく健太君が私には特に親切にしてくれるように感じました。

ある日、健太君と話している時、たまたま周りに誰もいなかったので、「いつも親切にしてくれるお礼にご飯をご馳走してあげる」と誘いました。
健太君は、「ほんとですか?嬉しいです」と喜んでくれました。

そして後日、健太君と食事をしました。
会話も弾み、笑いが絶えず楽しい時間が過ぎました。
私はますます健太君を好きになり、思春期の少女のように胸がキュンとするのを抑えることが出来ず・・・思い切って言いました。

「おかしいと思われるかもしれないけど、私、健太君のことが好きなの。健太君に会いたくてジムに通ってるのよ。気付いてた?」

「ほんとですか?実は俺も一恵さんっていいなってずっと思ってました。こんな言い方は怒られるかもしれないですが、俺、熟女が好きで若い子に興味ないんです。一恵さんくらいの年上にずっと興味があって。一恵さんを初めて見たとき、魅力的な女性だなと感じました」

私は嬉しくなりました。

「本当なの?こんなおばさんでも女として見れるの?じゃあ、これからも私が誘ったらご飯とか行ってくれる?」

「もちろんです。俺の携帯を教えときますから連絡して下さい」

番号とアドレスを教えてくれました。
そして店を出ると健太君が、「一恵さん、手を繋ぎたいんですけど」と言って、私の手を握って駅に向かって歩き始めました。

「俺、まだ一恵さんと一緒にいたいな」

「どこか行く?」

「一恵さんとホテルに行きたい」

私も同じ気持ちでしたが、一応は拒否をしました。

「俺、このまま帰るのは我慢できないよ。一恵さんとしたい」

健太君は強引にホテル街に歩き出した。

いい年のおばさんが若い子とホテルに入るのは、かなり勇気がいりました。
ホテルに入ると健太君は私を抱き締めキスをしてきました。
健太君の手が私のお尻を触りはじめると、お腹に当たる健太君の股間のモノがすでに硬くなっているのがわかりました。
健太君の硬くなったモノに手を伸ばし触ってみました。

(凄い、こんなに硬くなるの?)

健太君のズボンとパンツを下ろし、亀頭から竿、そして玉袋の裏に舌を這わせました。
逸る気持ちを抑えて・・・。

「後でいっぱいしゃぶってあげるから先にシャワーを浴びましょ。服、脱がせてあげるね」

健太君を全裸にし、私も服を脱いで一緒に浴室に。
シャワーをかけて身体を洗ってあげているときも、健太君のアソコはずっと硬く反り返ったままでした。

「凄い、ずっと立ったままね」

ソープを手に付け、アソコを擦ってあげました。
健太君はその間、ずっと私の胸や乳首を触っていました。
ソープを洗い流してから健太君のモノをしゃぶってあげました。
健太君は目を閉じて、「あぁー気持ちいいよ」と声を出し始めました。
夫の柔らかいモノとは全然違う。
うっとりしながら私は健太君のモノをしゃぶり続けました。

「一恵さん、あんまりしたら出ちゃうよ」

「いいよ。私の口の中に出して」

咥えながら竿を握って擦りました。

「あぁー、我慢できない。イキそう・・・あぁっ」

健太君が身体を震わすと、口の中に熱い精液が広がりました。
私は健太君の精液を飲み干しました。

「一恵さん、飲んでくれたの?」

「健太君のなら飲めるわ。健太君のためなら何でもしてあげる」

そう言って私は健太君を抱き締めました。
ベッドに入ると・・・。

「今度は俺が一恵さんを気持ち良くしてあげる」

そう言うと、健太君は乳首に舌を這わせながら私のアソコを触ってきました。
指がクリを触りだすと、もう我慢出来ませんでした。

「健太君、そこ感じる。あぁー、いい」

自分で触るより何倍も気持ち良くて・・・。
健太君の舌が乳首から下に移動して太ももに達すると、身体の奥から愛液が溢れ出すのを感じました。
健太君は私の両足を左右に大きく押し広げると・・・。

「一恵さんのオマンコ、凄く綺麗だよ」

そう言ってワレメに舌を這わせてきました。

「健太君ダメ、恥ずかしい」

夫にもされたことがなかったクンニ。
健太君の舌の動きは絶妙で、私はすぐにイッてしまいました。

「健太君の硬いおちんちん、しゃぶりたい」

お願いすると健太君は私の顔に跨がり、生まれて初めて69をしました。
夢中で健太君のモノをしゃぶるけど、感じすぎて声が出て、上手にしゃぶってあげることが出来ません。

「健太君、もうダメ。健太君の硬いおちんちんを入れて」

熱いモノが中に入ってきました。

「あぁーいい。硬いのが奥まで入ってる」

健太君は私の膝を持ちながら腰を前後に動かしました。

「一恵さんの中、すごく気持ちいい」

「私も、健太君のおちんちん凄い。こんなに気持ちいいの初めて。変になっちゃう」

健太君は腰の動きを速めました。

「一恵さん、いいよ。俺、イキそうになってきた」

「イッていいわよ、私もイク。あぁーダメ」

「あぁーイクッ、イクよ。うぅっ」

健太君は腰を引くと私のお腹に精液を飛び散らせました。
そして私の身体に覆いかぶさり、キスをしてくれました。
幸せな気分でいっぱいで、私は健太君のためなら何でもしてあげれると思いました。
家に帰った私は、健太君のことを思いながらリビングでオナニーをしました。