僕は今年40歳になったオジサンです。
身長は186cmで、顔は普通ですが、年齢よりかなり若く見られます。
職場は都内某所のコンビニです。
客はサラリーマン、OL、近くのデパートや同じテナントで働いてる人とか様々。
常連客や同じテナントで働いてる人には軽く挨拶をしたり、一言二言会話することも。

約1年前ですが、常連客で、とあるキャラクターショップで働く女の子と仲良くなりました。
名前はアオイ(仮名)。
年は27歳、身長は167cmのスレンダータイプ。
胸は推定Bカップで、笑顔が高島彩似のかなり可愛い子でした。
何度となく会話してメアドをゲット、プライベートな会話もチラホラ。
彼氏がいることも分かったけど、特にがっかりすることもありませんでした。

ある日、休みで予定もなく家でゴロゴロしてるとメールが。

アオイ『今日は何してるの?私は用事があって店に行った後、1人でお茶してくるよ』

僕『1人でお茶するなら付き合おうか?』

アオイ『ほんと?一緒にお茶したい』

こんな感じで会うことに。
スタバでコーヒーを買い、散歩しながらしばらくあれこれと会話した後・・・。

「寒くなってきたね。どこかに移動する?」

アオイがそう言うので、1つ先の駅にあるカラオケに行くことに。
到着してから何曲か歌った後、僕は隣に座るアオイをいきなり抱き締めました。
アオイは少しビックリしながらも拒否することなく僕の背中に手を回してきました。

「彼氏がいるからキスはダメだよ」

アオイから見透かしたかのような一言。

でも「唇じゃなければOK」と言うので、耳から首筋、唇に触れるかギリギリのところにキスをしまくりました。
感じてきたのか、アオイはハァハァ言いながら、「キツく抱き締めて」とリクエスト。
もともと体育会系の僕はそれなりに腕力があり、結構な力で抱き締めたつもりでしたが、それでもアオイは物足りないのか、「もっと強く!」とせがんできました。

(もしかして、この子M?)

そう思って、「強く抱き締めて欲しかったら、『キスして』ってお願いしなきゃ」と言うと、アオイは我慢出来なくなったのか、躊躇することなくキスをしてきました。
それならとさらに力を入れて抱き締めると・・・。

「アーッ!アーッ!アーッ!」

可愛い顔には似合わない雄叫びのような声を上げ始めるではありませんか。
ここまできたら大丈夫だろうと抱き締めた腕を下ろし、アオイのお尻に手を回してパンツの中に手を入れると、「恥ずかしいからダメ」と言いながらも自分から腰を浮かせてきます。
指を這わせると、もっさりとした感触の先にはすでにぐっしょりと濡れたあそこが!
触りにくいので、パンツを脱がせて前から指を2本入れてGスポットを刺激すると・・・。

「ダメッ!そこ気持ちいい・・・そんなにしたら・・・アッ!アーッ!」

アオイが声を上げたのと同時にあそこから熱い潮が吹き出してきました。
ぐったりしたアオイをM字開脚させると、薄暗い部屋でもはっきり分かるほどの剛毛。

「毛深いから恥ずかしい・・・男の人は嫌だよね・・・」

恥ずかしそうにあそこを隠そうとします。

「気にしないよ。毛深い方が興奮する」

僕が言うとアオイは安心したのかニコッと微笑んで手をどかしました。
事実、僕は剛毛好きで、以前セフレに毛の処理を禁じたことがあるくらいです。
ましてや高島彩似の子が、お尻の穴のほうまでびっしり生えてる剛毛なら興奮しないわけがありません。
しばらくクンニをして、軽く息切れしているアオイを抱き締め・・・。

「興奮してこんなになっちゃった」

そう言って勃起したモノを触らせると、ぎこちなく擦ってきました。
チャックを下ろして直接握らせると、自ら股間に顔を埋めて咥えてくれました。
髪をかき上げてアオイの顔を見ると、涎を垂らしながらジュルジュルと音を立てながら舐めています。

「恥ずかしいよぉ・・・」

なんて言いながらもフェラを止めないアオイの頭を撫でていると・・・。

「私、頭撫でられるの好きなの」

と、嬉しそうに笑い、また顔を上下に動かします。
このまま口に出したくなる衝動を抑え、アオイを抱きかかえて対面座位で挿入。
腰を振ると、アンアン言いながらアオイの方からキスをせがみ、舌を絡めてきました。

「アオイ、好きだよ」

耳元で僕が囁くと、アオイは自ら腰を振りながら、「彼氏がいても好きでいてくれる?」と言うので、「好きどころか溺愛してるよ」と言うと・・・。

「嬉しい。私も好き」

さらに激しく腰を振ってきました。
いつもならあれこれ体位を変えるのですが、場所がカラオケということもあり、早漏と思われるのは嫌でしたが我慢することなく発射することに。
アオイも興奮していたものの、ずっとドアに背を向けた状態だったのでドキドキだったらしいです。

アオイとはしばらくセフレのような友達のような関係が続きました。
読んでいただきありがとうございました。