俺(19歳)には、34歳の義理の母がいる。
たぶん誰が見てもかなり綺麗で、34歳には見えない。

今年の夏の出来事だった・・・。
短パンにノースリーブ、ノーブラだった義母を部屋の隅まで追い込んだ。

義母「直くん!止めなさい!!そんなことしたらお父さんに言うわよ・・・!!」

でも俺はもう下半身のモヤモヤを抑えることが出来なかった。

俺「義母さん・・・やらせろよ・・・」

俺は義母の目の前でトランクスを脱ぎ捨て、反り返ったモノをしごいて見せた。
義母は両手で顔を覆い背を向けた・・・。
義母のスラリと伸びた綺麗な脚、ノースリーブを押し上げて乳首が透ける大きなオッパイ!
俺のチンコはますます硬さを増した。
すでにガマン汁が糸を引いていた。

俺は義母に抱きつき、背後から両手でオッパイを揉んでやった。
手のひらに重量感が伝わる。
荒々しくノースリーブを捲り上げ、直接揉みしだいた。
柔らかさの中にも程良い弾力があり、プルンプルンしていた。
俺は義母を抱きかかえるとベッドへ投げ捨てた。
そのまま上から覆いかぶさり、無理やりキスをしてやった。
あまりにも抵抗するので、近くにあった父のネクタイで両手を後ろできつく縛ってやった。
そして短パンを脱がせ、パンティーだけの姿にして、四つん這いの格好にした。

義母「直くん・・・止めて!・・・こんなこと。恥ずかしい・・・」

俺は義母のお尻に舌を這わせ、舐め回した。
特に太股の内側はスベスベしてて柔らかかった。
お尻を十分堪能した俺は、次にパンティー越しにオマンコに吸い付いた。
ベージュの大人っぽいパンティーを引っ張り上げてTバックの形にした。
陰毛がはみ出て片方のビラビラが現れた!
それはあまりにも刺激的な光景だった。
たまらずパンティーをずり下げ、義母のオマンコにしゃぶりついた。

じゅっ・・・じゅじゅっ・・・じゅじゅゅ~、ぴちゃ・・・ぴちゃ・・・。

目の前のオマンコを両手で広げ、膣内まで舌を差し入れ、執拗に舐めてやった。
両手を使えない義母は無言のままお尻をクネクネさせ、すでに抵抗する気配はなかった。
俺は義母の前にまわり、反り返ったモノを紅頬した頬に擦り付けてから、半開きだった小さい口に無理やり押し込んだ。

義母「う~ん・・・んん・・・ん~ん」

義母は眉をひそめて苦しそうだった。
義母の頭を持ち、腰を振って引き抜くと、唾液が糸を引いて落ちた。

義母「ハァーハァー・・・ンッ!ハァァーハァー」

俺はそのまま後ろにまわり、突き出された義母のオマンコにチンコを押し当てて、ズズズゥと根本まで挿入した。
義母は必死で腰を引いてチンコを抜こうとしたが、もう手遅れ。
俺はバックから激しいピストンをしながら両手でオッパイを鷲掴みにして乱暴に揉みまくった。
俺は汗だくで、額から汗が義母の背中にポトポト落ちた。
義母は声こそ出さなかったが、オマンコからは白い粘着状のものが溢れ出し、結合部からはクチュ・・・クチュ・・・と音がしていた。
彼女と別れて1年半ぶりのセックス!
たまらない!

俺「おぉ~義母さんのオマンコ気持ちいいよ~・・・イキそうだ!!義母さんも気持ちいいだろう?父さんのフニャちんより俺のカチカチのほうがいいだろう!?あ・・・イク・・・イク・・・。あぁー・・・」

全身に快感が走り、義母の尻を引き寄せた。
真に迫った声で義母が声を発した。

義母「お願い!・・・中は!中はイヤ!!イヤ~・・・」

でも、すでに自分をコントロールできなくなっていた俺は、快感と共に義母のオマンコの奥に大量の精子を注ぎ込んだ。
2人とも「ハァハァ」と、しばらくそのままの格好でいた。
俺は泣いている義母の手からネクタイを解き、言った。

俺「またやってやるからな!今日のことは父さんには絶対に言うなよ!分かったな!」

信用出来なかったので自分の部屋からデジカメを持ってきて、泣き顔が映るように義母の全裸写真を数枚撮った。

俺「もし父さんや誰かにしゃべったら、この写真インターネットで流すからな!」

義母はただ泣いているだけだった。

その後、しばらくは一緒に住んだが、バツが悪いので俺は家を出た。
そのときに撮った写真で何回もコイた。