生まれつきセックスが好きなのかな、私。
淫乱なのかもしれない。
なんていうか、1人の男性だけじゃだめなの。
自分を好きだって言ってくれる男がいたら、すぐ抱かれたくなるの。
これを読んでる女性はどう思うんだろ?

「好きだ。君が欲しい」

こんなことを言われたら、エッチしてもいいかなって思わない?
自分が彼氏持ちであろうが。

一応、特定の彼はいます。
大学の同じクラスの健介。
1年の頃から付き合ってるけど、健介以外の男と寝た回数は20回くらい。
すごいでしょ。
またそのことを健介が何も知らないってのもすごいよね。
なんて鈍感なんだろう。
男って、女は浮気しないとでも思ってんのかな。

昨日も渋谷でナンパされてホテルに行ったんだ。
それも健介と食事した後。
健介、居酒屋のバイトがあるらしくて、そこで別れたの。
次の日、健介のアパートで会う約束をして。
その帰りがけ、男と寝たの。

「1回だけ」という条件付きで。

逞しい男だった。
健介は挿入して5分くらいしかもたないけど、彼は15分くらい激しく突いてくれた。

「あぁ!イ、イヤ・・・アァァッ!」

私、3回くらいイッちゃった。
ペニスも大きくて、以前に横浜で寝たスペイン人並のペニスだった。
フェラしたら苦しくて吐きそうになった。

新宿のバイト先で2回くらい寝た男が、こんなことを言ってたっけ。
確か2回戦目のあと。
彼はコンドームの処理をしてた。

「色んな男と寝てるだろう?」

「図星、かな」

「それは君の才能だ。なかなか居ないよ、君みたいな女は」

「貶されてんのか褒められてんのか分かんないんだけど」

「褒め言葉だと受け取ってくれていいよ。その手の女はね、結婚したら絶対に浮気しないんだ」

そう言いながらティッシュで包んだコンドームをゴミ箱に投げ入れた。

「ガキの頃に悪さばっかしてた奴のほうが、将来まともな人間になる確率が高いのと同じ」

「そうかなあ・・・」

あの男の言葉が妙に頭に残ってる。
そんなものかもしれないなって思った。
結構正しいかもしれないって。

健介のアパートで抱かれる私。

「うう・・・美由紀を抱いてるときが一番幸せだ」

そう言って乳首をぺろぺろ舐める健介。
愛撫は下手。
渋谷の男のほうが上手かった。
ペニスも小さめ。
スペイン男の半分くらい。

「はぁン・・・ぃやんっ」

でも、健介に甘えてると、ほっとする。
健介が特定の彼氏になっている理由のひとつかも。
だけど、これからも「君が好きだ」って言われたらエッチしちゃう。
平気で浮気しちゃう。

でもね健介、それは今だけだから。
今は遊ばせて。
私の自由にさせて。
将来、健介と結婚したら、健介だけに尽くす女にきっとなるから。