オフィスラブって言葉。
あれって『社内恋愛』という意味だと思っていた。
社内で知り合った異性と恋愛関係になること。
でも、別の捉え方もあるんだって知った。
社内恋愛ってのは、社内で、つまり会社の中で愛し合うことだって、実彩子が教えてくれた。


実彩子とは4ヶ月前に知り合った。
部署は別だけど同じフロアにいる。
俺は営業で、彼女はマーケティング担当。
合同の飲み会で仲良くなって、週末とか休日に何度かデートをした。
3度目のデートでホテルでセックスしてからは、会うたびに体を重ねている。
乳と尻がムチムチしててやりがいのある女だった。

ある日、営業担当数名と美彩子とで打ち合わせをした。
顧客層に対する営業戦略の確認だった。
彼女はハキハキとしゃべって、頭の回転もいい。
会議は40分ほどで終わり、解散した。
廊下を歩きながら営業の先輩が言った。

「S村(彼女)は魅力的だよな」

先輩は俺たちの関係のことを知らない。

「そうでしょうか」

「頭はいいけど、何を考えてんのかわかんないところがいい」

すると後ろから実彩子が走ってきた。

「佐々木君、ちょっといい?さっきのことで確認したいことがあるの」

「じゃあ俺は先に行ってる。16時から××商事。忘れんなよ」

「はい」

16時から先輩と客先に出ることになっていた。
2人で会議室に戻った。
すると実彩子が俺に抱きついてきた。

「ど、どうした?」

「最近会ってなかったから」

俺も強く抱き締める。
そしてキスをした。
会議室のブラインドは開いているが、14階だから人の姿は見えない。
ホテルでそういう行為をすると当たり前だけどセックスになる。
でも、ここは職場だ。
そんなことができるわけがない。
俺は少し尻を撫でただけで実彩子から離れた。
寂しそうな顔をする実彩子。

「ここではやめよう」

「まずいから?」

「うん」

「でもさ、会議中に誰か入ってきたことある?」

会議室のドア表示が『使用中』になっている場合、その会議の関係者以外はまず入ってこない。
使用中のトイレに人が入らないのと同じだ。
その意味では安全だった。
俺は時計を見た。
15時45分だった。

「外出しないと」

「じゃあ、また連絡するね」

18時過ぎに帰社して、その日の残務整理をしてたら実彩子からメールが来た。

『また確認したいことができたので、14階の会議室R5で打ち合わせお願い致します』

14階フロアは暗かった。
その時間帯に会議室を使用する社員はいないのだ。
R5だけに明かりがともり、『使用中』になっていた。
そこでこれから何をするのか俺にはわかっていた。
会議室をラブホ代わりに使う。
考えるまでもなかった。
中に入ったらお互い無言のまま抱き合い、求めた。

「声は出さないようにね」

「うん・・・自信ないけど」

スカートを捲ったら、なんとノーパンだった。

「トイレで脱いできたの。手間が省けるでしょ」

「相変わらず頭が切れるね、実彩子は」

テーブルに片手をついて、もう片手で自分の口を塞ぐ実彩子。
スカートを後ろからペニスを刺し、服の上から乳を揉む。
ブラをはずさないのは、いざというときのため。
ピストンをする。
声を出すなというのは酷だ。
ホテルではいつも奇声に近い声を出す実彩子。
会議室でのセックス。

「んんんっ!・・・ぐぐっ!・・・いいううむうう」

必死に口を抑える実彩子。
肉が肉を叩く音が響く。

パンパンパンパン!

「うう・・・実彩子」

「んんんっ!・・・うぐっ!」

射精寸前に抜いて自分のハンカチに射精した。
会議室でのセックスはすごく刺激的だった。
ラブホでは味わえないスリルがあった。
病みつきになりそうだ。