私は40歳の家庭持ちの男です。
今から4年前から始まった体験をお話しします。

4年前、新人の女性職員が入ったことから始まります。
その子は女優の石原さとみに似ていて、とても丁寧な挨拶や話し方をする子でした。

でも私はさとみちゃんのそんなところではなく、巨尻に目が行きました。
決してデブではなく、出るべきところが出ている感じでした。
朝の清掃時間では前屈みになるとおっぱいの谷間が見え、後ろからはパンツがパツンパツンになりお尻の形が見え、時にはパン線も見えました。
しかし彼女は総務係なので気楽に話すこともできずにいました。

そんな時、職員駐車場の停める位置が偶然にも私の隣ということになり、朝の時間に話すことができるようになりました。
実家から通っていること、高校からバスケをやっていること、彼氏がいることなど色々と聞けました。
時にはわざと後ろを歩き、彼女のパンツルックを視姦していました。

ある日、私が帰ろうとしたとき資料室から物音がしました。
入ってみると、さとみちゃんが箱を持ってあたふたしています。
聞けば、課長に「資料を探して欲しい」と言われたとのこと。
しかし、当の課長はさっさと帰ってしまい、彼女1人で探していました。
あまりに大変そうなので私も手伝うことにしました。

しばらくすると奥の方から、「あった」という彼女の声。
行ってみると、彼女は棚の下に頭を入れてごそごそしていました。

「ここにあるけど、出ないから私を引っ張って」

そう彼女は言います。

「代わるよ」と言いますが、「面倒くさいし、このまま引っ張って」と言います。

今の状態は彼女のお尻がこちらにせり出しています。
パン線もくっきり見えます。
触りたい一心でしたが、嫌われても嫌なので、腰に手を当てて引っ張ろうとしました。
しかし、力が入りません。

「もっと体をつけて」と彼女は言います。

そこで彼女のお尻に体をつけますが、服の上からでもわかる尻の弾力と柔らかさにチンポが硬くなり、我慢汁まで出てしまいました。

「もっと強く引っ張って」

彼女はお尻をつけてきます。
それにお尻を揺すったりするので、いわゆる尻コキ状態です。
危うくイキそうになるところで彼女は、「あ、自分で出れそう」と後退りしながら出てきました。

「ありがとう」

そう言った後、こう彼女は続けました。

「で、私のお尻はどうだった?」

普段から私が彼女のお尻をガン見していることに気づいていたらしく、それで今回のことを計画したそうです。

私があたふたしていると、「ほ~ら、こんなになっちゃって」と私のズボンを下ろし、チンポをしゃぶってくれました。
その後、お尻で尻コキをしてくれました。

「彼氏に悪いよ」

「別れたから」

この一言で吹っ切れ、私は彼女のおまんこにチンポを入れて精子を吐き出しました。

その後も関係は続きましたが、2年前に見合いをしてさとみさんは結婚退職しました。
風の噂では出産もしたとのことでしたが、今年職場に復帰しました。

復帰して間もない頃、休憩室に呼び出されました。
彼女曰く、「旦那とのエッチはつまらない。出産したらなおさら」とのこと。

「またエッチしたい」と言われ、関係が復活しました。

結婚したらフェラチオも上手になり、産後は緩くなると言われるおまんこも、彼女の場合は逆に締め付けが良くなった印象がありました。

そして、また今年も巨尻の新人が入りました。
ちょっとおっとりしている女性で、国仲涼子に似ている子でした。
なので、ここでは『涼子ちゃん』と呼びます。

さとみが、「私が相手してあげれないときは涼子ちゃんにしてもらおうかな」と言いだしました。

今年の6月、職員の研修があり、さとみと涼子ちゃんは2人で出かけました。
するとさとみからのメールで、2人で泊まっている旅館に来てとのこと。
行ってみると2人ともパンツルックでした。
私が入るなり、「この人、巨尻が好きなの」と私のズボンを下ろして自分の尻に当てました。
そして私を横にすると顔面騎乗を始めました。
私はさとみのお尻を一生懸命に舐めていました。
涼子ちゃんは呆気にとられています。

「私のお尻を見ていることは気づいていました。今までこのお尻は嫌いだったのに、大きなお尻が好きな人がいるなんて・・・。私もお願いします」

そう言うと彼女はパンツを下ろし、さとみと交代で私の顔面に乗ってきました。
さとみは私のチンポを尻コキしています。
私は思わず発射してしまいました。
涼子ちゃんのおまんこにもチンポを入れましたが、すでに経験済みとのことで気持ちよく動くことができました。
再びパンツルックになった2人に尻コキをしてもらいました。

今もさとみと涼子ちゃんを相手に代わる代わる巨尻を楽しんでいます。