某タイ古式マッサージ店。
結構通った店の、4回目の利用までのことを中心に綴ってみる。

1回目、ごく普通のタイ古式マッサージ。
しかしストレッチの際、身体のあちこちに嬢の身体が密着。
胸や太ももの感触に勃起。
ペニスへのタッチはなしだが、ストレッチの際に嬢の脚や二の腕がペニスに触れる瞬間はあり。
うつ伏せで腰や尻を押される施術では、布団と自分の身体に挟まれたペニスがマッサージの動作によって圧迫&刺激され、結構な気持ち良さ。
術後に確かめると、カウパーでパンツがヌルヌルだった。
(※施術衣は、薄いブルーの長袖長ズボンのポリ生地パジャマ風)

ささやかな密着と嬢の容姿に惹かれ、リピートすることにした。

2回目。
選択したコースも施術内容も前回とほぼ同じ。
片言な日本語なため、特に会話が弾むわけではないが、顔を見知った分、いくぶん和やかな雰囲気。

上述のうつ伏せお尻マッサージの時には、腰を浮かせて“固くなっちゃった”アピールや、敢えて湿っぽい吐息を漏らして“感じちゃってる”アピール。
でも施術は基本的には前回と同じ。
しかし、心なしかうつ伏せお尻マッサージの時間が長かったような・・・。
体勢を変える時、勃起してテントを張ったズボンの膨らみには気づいたはずだが、なんら指摘はされず・・・。
でも視線は感じたし、嬢の表情も嫌悪的ではない。

いい感じで施術終了。
嬢が術後のお茶を用意してくれてる間に素早くシコシコして発射。
ティッシュを個室に残して退店。
嬢がティッシュにどんな反応を示すかを想像しつつ、帰宅後オナニー。

3回目。
同じ嬢で同じコース。
さりげなく、「前回来た時、忘れ物しなかった?」と聞くも、返事は「いいえ」。
うつ伏せお尻マッサージの時間は、確実に初回時より長かった気が(笑)

術後、「色々気持ちよくなっちゃって、硬くなっちゃってました」とカミングアウトすると、「そういうお客さん、多いみたいです」と、恥ずかしそうに返事。

「触ってくれたりは・・・?」

恐る恐る聞いてみると、「ダメダメ、だめです」と全力で首を振られた・・・。

「ごめんね。もう言わない。また来ても大丈夫?」と聞くと、「もちろんいいです」と笑顔で返してくれたので、翌週またリピート。

4回目。
同じ嬢で同じコースを選択。
施術衣に着替える際に、トランクスを女性用パンティに穿き替えてみた。
コットン地、ピンク色のチェック柄。
薄手のポリ生地施術衣からは確実に柄が透けてるはずだけど・・・なんら言及はなし。
でも表情が変わったのは分かった。
嫌悪的ではなく、『困った人ね(苦笑)』という感じ。

今回はうつ伏せお尻マッサージの時間が明らかに長い。
手の動かし方も、優しく、だけど大きな動き。
もうペニスは完全にフル勃起。
腰を浮かせて吐息を漏らしても、マッサージの仕方は変わらず。
でも、長い・・・。
例えるなら、お尻を間に挟んでペニスを布団に押し付けつつ、右に左に上に下にと転がされるかのよう、手を触れない手コキって感じ。
たまらず射精してしまう。

「だめ・・・、うぅっ」と声を漏らし、腰もビクンビクンと痙攣してしまったくらいの気持ち良さだった。

自分「・・・ごめん、出ちゃった・・・」

嬢「あら・・・」

自分「恥ずかしい・・・」

嬢「お客さん、気持ち良さそう。何度も来てくれるからサービスしたつもりだった。でも、出るとは思わなかった」

驚きと呆れと許しの入り交じった微笑。

「ベトベトでしょ?」とティッシュを差し出されたので、その場で全部脱いで自分で後始末。

そこで初めてパンティの件を指摘され、精液を拭いながら性癖を告白。

見られたい願望があること。
恥ずかしい姿に気づかれたかったこと。
初回から感じまくっていたこと。
Mっ気があり、何食わぬ顔で施術されつつフル勃起してるというシチュエーションに興奮していたこと。

生ペニスを晒してティッシュで拭きながら自分の性癖を暴露してるシチュエーションに興奮して、射精後にも関わらず勃起は収まらず・・・。

「もう1回出してスッキリしたい。手でやってくれる?無理なら自分でしてもいい?」

ダメ元で聞いてみると、「自分でならいい」との返事。

「終わったら教えてください」と出ていこうとする嬢に、「見てて」と頼むと、恥ずかしそう&不思議そう&でも好奇心ありな表情で最後まで見てくれた!

5回目以降。
暗黙の了解的に、“うつ伏せお尻マッサージで射精”というパターンを毎回やってくれた。

そうなってからさらに数回通ったある日。

「来週でお店辞める。今までありがと。今日はサービス」

初めて素手で手コキをしてくれた!
めっちゃ気持ちよく射精。
ティッシュで拭っても勃起は収まらず。

「もう1回してあげます」

さらにダメ元で、「最後に口で・・・は、だめ?」と頼むと・・・。

「う~ん、最後だから」

フェラ!!!
慣れてないのか少々ぎこちないフェラだったけれど十分気持ちよくて、思わず口内発射。
ちょっと咽て苦しそうにしてたけど、笑顔で許してくれた。

残った時間で話した内容によると、男性経験はまだ3人。
店ではエロ客が抜きや本番を求めてくることが多いが、応じたことは一度もない。
同じタイ人の彼氏ができ、「身体を求められるような仕事は辞めてくれ」と頼まれたから辞めることにしたらしい。
次は、タイの食料品店でレジ打ちをするとのこと。

以上、半年とちょっとの間、身も心も下半身も癒してくれたタイ人マッサージ嬢とのささやかな思い出でした。