先日の昼過ぎのこと。
営業の外回りの途中、用を足したくなったので近くの公園に行った。
すると木陰のベンチに若い親子が座っていた。
母親は俯き加減で今にも泣きそうな感じだったので声をかけてみた。
母親は智恵(26歳)、女の子は2歳だと言った。

昼食がまだらしかったので誘うと、行くと言う。
近くのファミレスで食事しながら気になったことを聞いてみた。
なんでも旦那さんの浮気が発覚し、問いただすと謝るどころか、「お前の体に魅力を感じない」と開き直ったので頭にきて家出してきたが、どうして良いのか途方に暮れていたと。

子供が眠そうだったのでホテルに行かないかと誘うと、「私もシャワーを浴びたい」と言うので公園の裏手にあるラブホテルに行った。
部屋に入ると子供をベッドに寝かせ、俺と智恵はソファーに座って会話を楽しんでいた。
ふと目が合い、見つめていると目を閉じたのでキスをした。
2人でシャワーを浴びると、丁寧に優しく舐めるフェラで抜いて、なんとゴックンまでしてくれた。

再びソファーに行き、智恵を座らせて激しくキスをした。
首から胸、そして股間へ手を伸ばす。
M字で座らせてみると大洪水だった。
愛液を啜り、クリを激しく音を立てて吸い舐めすると・・・。

「ああぁ・・・イク、イク、イッちゃう・・・」

智恵はガクガクと体を震わせて昇天した。
そのまま舐めながら中指と薬指を挿し込み、Gスポットを刺激する。

「ダメ・・・ダメ・・・ああぁ・・・」

智恵は潮を吹いて、ぐったりしてしまった。

智恵にバスローブを掛けて膝枕で寝かせやった。
しばらくすると気が付いたので頭を撫でてやると、目の前にあるチンコをペロペロ舐めてきた。
咥えたまま俺の足の間に入って座り込み、智恵は本格的なフェラをしてきた。
玉袋から裏筋、アナルまで舐めてからバキューム。
5分ほどで完全勃起したのがわかると口を離し、俺を跨いでキスをしながら挿入してくれた。
子供を産んでいるとは思えないくらいキツキツだった。
智恵を抱き締め、乳房を舐めあげる。
すると耳元で智恵が言った。

「お願いがあるの。すぐに入れるアパートを借りて欲しいの」

「合い鍵はくれるの?」

「・・・」

「返事がないけど?」

「・・・」

「合い鍵をくれるのが条件」と言うと、仕方なさそうに「お願いします」と言った。

智恵から一旦チンコを抜き、今度はソファーに手をつかせてバックから挿入した。
しばらくすると智恵が感じすぎて崩れ落ちそうになったが、俺はガッチリと腰を掴んで離さなかった。
そのまま激しく腰を振り、パンパンと音を立てて責めると智恵はまた潮を噴いて昇天した。
俺もそのまま中に勢いよく発射した。
さらに続けて腰を振り続けて、連続で中出し。
智恵からチンコを抜くと、パックリ口を開けたまんこの中に精子が大量に溜まっているのが見えた。
智恵は何度も連続昇天したため、気を失ったかのようにぐったりしている。
智恵から抜いたばかりのチンコを口にねじ込んだが、涎を垂らして微かに舌を動かすだけだった。

諦めてシャワーを浴び、ソファーに戻ったが智恵はまだ気絶していた。
優しくキスしても起きないので、部屋に設置してある自販機でローターを購入して、クリに当ててスイッチを入れた。
するとガクガクと痙攣しはじめ・・・。

「ああぁ・・・ああぁ・・・ダメ・・・」

喘ぎながらまた潮を噴いた。
まだ口が開いたままのまんこにローターを挿入すると、全身を硬直させて喘ぎだした。
智恵の顔にチンコを近づけると、パクッと咥えてフェラ開始。
今度は優しくねっとりと味わってくれる。
その絶妙な舌の動きに耐えられなくなり俺は発射した。
しかし智恵は口から離さずに舐め続ける、今までに経験のない快感だった。

智恵が咥えたままで、「入れて。これを入れて。お願い!」と言ったので、ローターを抜いて挿入した。
そして、もちろん今度も中出し。
智恵が俺の腰に自分の足を絡めているので、そのまま抱き締めてやると智恵は泣きだした。

「嘘でも優しくしてくれてありがとう。それと気持ち良かった。もうあなたから離れられないかも」

2人でシャワーを浴びてホテルを出ると、その足で3人でアパートを契約しに行った。
契約を済ませて買い物に行き、アパートに帰ったのが午後7時。
ファミレスで食事を済ませ、俺はコンビ二ATMで金をおろして、10万円入りの封筒を智恵に渡した。

結婚する気はないが、今も智恵とは互いのアパートで愛し合っている。