従妹が少し身を捩った。
それが刺激になって射精しそうになる。
慌てて腰を引く。
しばし逡巡していたが、やっぱり処女かもしれないなと思い、挿入は止めた。
しかしイチモツは怒張し、このまま止めるのも惜しい、どうしようと考えた。
ふと、さっきのパイズリをヒントに、従妹の太腿で代用しようと思いついた。
いわゆる素股だ。

Mの字に開いていた従妹の足を、太腿だけぴっちり閉じる体勢にさせた。
そして早速、自分のイチモツを従妹の太腿に挟む。
パイズリともまた違う感覚。
何より締め付けるような弾力がある。
しばらくそのままじっとしていたら従妹の内股が汗で湿り気を帯び、俺の我慢汁とも合わさってヌルヌルしてきた。
腰を動かすと、にゅるんと擦れる。
なんだか本当に犯しているような感覚。
すごい興奮した。

調子に乗って、太股を抱きかかえて腰を動かす。
めちゃくちゃ気持ちいい。
間違って挿入してしまわないかと少し心配したが、腰は止まらない。
手コキの倍は気持ちいい。
さらに前のめりになり、両手で乳房を揉む。
素股の快感と両手から伝わる乳房の感触から興奮が一気に爆発してしまい、その瞬間に絶頂に達した俺はそのまま射精してしまった。
大量の精液が従妹の内股を濡らす。
またティッシュを取るのが間に合わなかった。
従妹に気付かれないように注意しながら精液を拭き取った。

2回放出してイチモツは少し落ち着いたが、気持ちの方はまだ何かやり足らない。
今晩が最後だぞという強迫観念に駆られていたようだ。
何が出来るかと考えた。
ふと、裸同士で抱き合いたいと思い、パジャマの上着を脱がすことにした。
てこずるんじゃないかと思ったが、従妹の睡眠が深く緩みきっていたので案外すんなり脱げた。
俺もトランクス一丁になる。
従妹の隣りに寝そべり布団をかける。
従妹の後頭部に腕をまわし、そっと抱き寄せる。
全身で肌を合わせた。
裸の女の子を抱き締めるのがこんなに気持ちいいとは知らなかった。
抱き心地の良さにしばし恍惚となった。

しばし従妹と肌を合わせた後、もう部屋に戻ろうかと思った。
が、最後にもう一度、従妹の美巨乳を堪能したい思いに駆られた。
俺は首に回した手を外し、すぐ届くところにティッシュの山を用意して、おもむろに従妹に覆い被さるようにして豊満な胸に顔を埋めた。
両手で乳房を優しく揉み、乳首を吸う。
むしゃぶりつくように乳房を弄り回し、舐め回した。
さすがに刺激が強かったのか、時折従妹が深く「はぁっ」とため息をつく。
そんなことはお構いなしに愛撫を続ける。
左乳首を舌で小刻みに刺激しつつ、右乳首を指で小刻みにピアノ打ちで刺激する。
従妹の息が荒くなり、気怠そうに身悶えするのが一層興奮をそそる。

「ハッッア。ハァ、ハァ。ン・・・ン」

いつもならここですぐ止めて様子を見るのだが、この色っぽい喘ぎ声に興奮してエロザル化した今夜の俺は、止めるどころかエスカレートしていった。
両乳房を両手でこね回しながら指先や舌を使って乳首を刺激する。
身悶えが大きくなり、身体が少し強張ってるのがわかる。
それでも止めない。
乳首を軽く噛んだら従妹は俺から逃れるように寝返りを打ち、こちらに背を向けた。
俺はすかさず後ろから抱きかかえるようにして、さらにしつこく従妹の乳房を弄んだ。
腰を密着させ、バックで素股をする姿勢になった。
さっきちゃんと拭いたつもりだったが、まだ俺の精液がついていたようで内股にヌルっとした感触があった。
快感に背骨がとろけそうになる。
腰をゆっくり前後させながら従妹の乳房を揉み、従妹の身体と密着している親密感・・・。
手に感じる従妹の乳房の重みと感触、イチモツに感じる従妹の張りのある内股の肉感とヌルヌル擦れる感触を味わった。

姿勢的にイチモツは従妹の秘部も擦っていた。
だんだん腰を振るのが速くなる。
従妹の呼吸も速くなり、喘ぎ声らしいものがこぼれる。

やがて従妹は一際大きく、「ハァッッッ・・・」とため息をして硬直した後、脱力してぐったりとした。

荒い息で肩が動いている。
俺も従妹の腰に手を回してぎゅっと抱き締めて果てた。
今度はちゃんとティッシュの中に受け止めた。

興奮が収まるまで、その姿勢でいた。
落ち着いたところで、さすがにもう部屋に戻ることにした。
従妹はもう元の寝息に戻っていた。
次第に頭が覚め、無抵抗な従妹にここまでやってしまった自分に対して自己嫌悪と、今更ながらの罪悪感が湧いた。
行為の痕跡を残さないように、まず自分のパジャマを着てから、従妹の周辺を丹念に掃除し、最後にそっと従妹のパジャマを着させ始めた。
ボタンをかけようとしたその時、従妹の目が薄っすらと開いた。

「あれ?ヒデちゃん?どうしたの?あれ?」

呂律が回ってない感じで言った。

「良美がちょっと飲み過ぎていたから心配で見に来たんだ。ほら、良美、パジャマを半分だけ着たまま寝てたから」

咄嗟にそう答えた。
従妹は「あ、本当だ」とパジャマを着ようとし始めた。
ズボンはすぐに穿けたが、寝起きで力が入らないのか上手くボタンが留められない。
手伝ってあげることにしたが、ノーブラなので「良美、ブラつけてないぞ」と言ったら・・・。

「ブラジャーキツいから、寝るときはしないの」

ボタンを掛け終わり、「はい。終わったよ」と言うと、「ヒデちゃん、ありがとー。んじゃおやすみなさーい」とそのままベッドに倒れ込み、速攻で寝息を立て始めた。
本当によく眠る子だ。

(明日はどのツラ下げて従妹に会ったものか・・・)

そう考えながら自分の寝場所に戻った。
大量のイカ臭いティッシュはトイレに捨てた。

翌朝、従妹と顔を合わせると、ニコっと笑いながら「おはよう!」と挨拶し、昨晩のことなど覚えていないかのように朝の家事手伝いをしている。
食後にお茶を出し、次女達も交えて遊んだりした。
しかし2人で雑談をしていたときに、良美が小声で言ってきた。

「昨晩、ヒデちゃん、私の部屋に遊びに来た?なんかそんな気がするけど・・・。お酒を飲んだ後で何やってたのかも覚えてないし、夢だったのかな」

「さぁ?俺もすぐ寝ちゃったし。夢だったんじゃない」

とぼけて嘘をついた。

従妹は、「そっか。そうだよね」とあっさり納得した。
あれだけ過激に悪戯されていたにも関わらず、従妹は全く気付いていないようだった。
ひょっとしたら本当は気付いていたのかも知れないが、その後の会話からはそうとは思えなかったし、確認のしようもなかった。

余談だが、割と最近、従妹とサシで飲んだ時に聞いたのだが、彼女は中2の夏にその時の彼氏に処女を捧げており、つまりは俺が夜這いしたその年の冬にはすでに処女ではなかったそうだ。
あの時、このことを知っていたら間違いなく躊躇せずに従妹を貫いていたに違いない。
なんて思って苦笑した。
夜這いした時は、従妹の処女を奪うことへの罪悪感と、破瓜の痛さでさすがの従妹も目を覚ますかも知れないという用心から貫くことを踏みとどまっていたのだが。

<続く>