結婚して15年、44歳の俺と41歳の嫁は2人ともアナル好きだ。

嫁は内田有紀に似てる美形だから大学時代からモテモテ。
大学で3人、社会に出て1人とセックス経験があり、25歳になったばかりの時から付き合い始めた俺が5人目の男だった。
嫁は大学4年の時に付き合った6歳年上の男にアナルを開発されていた。

俺は高校2年の夏に初体験。
相手は28歳の塾講師で、女体へのサービスを仕込まれた。
その後大学では、40代の人妻、女子高生とセックスをした。
女だけでなく、50歳のオッサンや付き合ってた女子高生の同級生の男子高校生の男2人とも関係を持った。

女2人のエピソードは想像に容易いだろうから、男2人のエピソードを紹介する。
まず、大学1年の終わった春休み、バイト先にいた50歳の単身赴任のオッサン。
居酒屋で酔わされてホテルに連れ込まれた。
チンポを握られアヘアヘ状態に。
観念して風呂に入ったら、浣腸されて排便を見られた。
ベッドで四つん這いになってケツを差し出してアナル拡張。
エネマグラを入れられてギンギンになった。

「お前、素質あるな」

そう言われて、オッサンのチンポをフェラ奉仕させられた。

ベッドに移ると、もうオッサンのなすがまま。
仰向けで足を開かれて組み敷かれ、ローションをアナルに注入されて生チンポでアナルを貫かれた。
オッサンに犯される屈辱の中、認めたくない快感が芽生えてきて、泣き悶えた。
乳首を責められながらアナルを犯され、最後はオッサンにチンポを扱かれながら、たっぷりアナルに種付けされた。
オッサンの精液がアナルから流れ出す感覚の中、オッサンの手コキで射精。
そしてそのまま亀頭責めをされて嗚咽。
何度も射精させられて、終いに男の潮噴きまでさせられた。

このオッサンとは、大学2年が終わるときにオッサンの単身赴任が終わって関係が切れるまで、週末を中心に抱かれていた。
ちなみに週中は40代の人妻の若いツバメをやっていた。

大学3年の時、女子高生と付き合った。
それほど美少女じゃなかったが、好きだと言われて、少女の青い性目当てで付き合った。
高校2年生の処女膜を貫通、少しずつ性感を教え込んでいった。
しかし高校2年生も終わり頃になると受験体勢が強化され、会える時間が半減した。

その頃、その女子高生のクラスメイトの男子高校生に告られた。
ユニセックスな顔で、付き合っていた女子高生より可愛らしかった。
ローションとエネマグラを手に入れ、少年をアパートに連れ込んで、あのオッサンにされたことを今度は俺が少年にやってみた。
定番の69で相互フェラ。
男同士でお互いのチンポを舐め合うのは、なんともエロかった。

エネマグラでアナル拡張、チンポをビクビクさせながら感じた少年。
そして少年のアナルヴァージンを奪った。
少年はチンポを挿入される快感にハマっていった。
俺は俺で、マンコと違って入り口がやけに締め付けるアナルの感覚に興奮し、少年のチンポを扱きながら腰を振った。
ドクドクと少年のアナルに射精しながら少年のチンポを扱き、射精させたらそのまま亀頭を責め。
少年はもんどり打って泣き悶えた。

大学4年生の1年間は、女子高生と男子高校生の二股だった。
しかも彼らはクラスメイト。
少女のマンコを生チンポで抉って、セーラー服のスカーフをなびかせてヨガリ狂わせた翌日、少年のアナルを生チンポで突けば、トロトロに蕩けた。
ほとんどメス穴ケツマンコと化した少年のアナルに快感を覚え込ませ、従順になったら縛り上げて、亀頭責めをして若いチンポから3回4回と精液を噴き出させ、最後は男の潮を噴かせてたっぷり可愛がってやった。
そして少年は、ついにナマチンポの絶え間ない突き上げに絶頂しながら、チンポからドロドロと精液を垂れ流し、トコロテン絶頂に達した。

大学を卒業する時、少女とのお別れは意外と爽やかにできたが、少年とのお別れでは、最後のアナルセックスの後、トコロテンしたチンポをビクつかせながらワンワン泣かれた。

卒業後は地元に戻って就職。
28歳の時、25歳になったばかりの嫁と付き合い始めた。
2回目のデートでラブホに行き、「お互い、いい年だからセックスの相性を確かめよう」と、セックスをしながら過去の性体験を白状し合った。
だから嫁は、俺がオッサンにアナルを犯され、少年のアナルを犯した過去を知っている。

「私も大学4年の時、お尻の穴を開発されたのよ」

そう白状した嫁のアナルは3回目のデートで試した。
その時から嫁のアナルにはずっと中出しをしている。

俺29歳、嫁26歳、交際1年5ヶ月で結婚した。
性格や価値観の相性も結婚の理由の一つだけど、なんと言っても体の相性が決め手だった。
内田有紀に似た嫁の、浅めで緩めのマンコも気持ち良くて、別れた元彼達に嫁と別れてくれたことを感謝したくらいだ。
俺は、あまりキツキツのマンコは好きじゃなくて、柔らかなハメ心地を好む。
ただ嫁のマンコは浅めだから、感じてきて子宮口が下りてくると、亀頭が子宮口に入っているような感じがするのだ。
嫁のマンコで亀頭責めに合うと、腰砕けになるほど俺の方が喘がさられる。
それに、女のアナルは嫁が初めてだったけど、嫁のアナルは少年の硬いアナルよりも気持ち良かった。

嫁はマンコでイクことはすでに経験済みだったけど、俺とアナルセックスするようになって初めてアナルでイッたとのことで、マンコとアナルでイカせてくれる俺からは離れなくなった。
だから俺たち夫婦は、嫁が生理の時以外でも、嫁がアナルを欲しがればアナルにぶち込む。
特に、マンコで一度イッてからアナルでもイッたところに俺がアナルへ中出しすると、嫁は意識朦朧として白目を剥いた状態になる。
その姿は、普段の内田有紀に似た可愛い嫁からは想像できない。

やっぱり4人の男とヤリまくってアナルも開発されてた嫁は、俺との体の相性を見抜く経験値を持っていたから、結婚15年が過ぎても充実したセックスライフを送れているような気がする。