先日、彼女と休暇を利用して京都へ行ってきました。
最後に彼女とセックスしたのは5月の連休明け。
かれこれ4ヶ月間、手も握っていません。
昼間の寺社巡りの時から私はもう夜の部屋が待ち遠しくて、ペニスも立ちっぱなしでした。

昼間はお寺を巡り、抹茶をいただいたり庭を見たり、京都観光を満喫しました。
夜は美味しい懐石を食し、お酒も少し入って2人ともいい気分で宿に戻りました。
宿はペンションでこぢんまりとした綺麗なところです。

部屋に帰って、まずはお風呂。
鍵のかかる家族風呂があるとのことで、恥ずかしがる彼女をなんとか説得して一緒に入ることに。
脱衣所で私は早速服を脱ぎ捨て中へ入ります。
彼女も前をタオルで隠して恥ずかしそうに中へ。
私は見ていないふりをして身体を洗い始めます。
彼女もだんだん気にしなくなり、普通の会話に戻りました。
彼女がお湯で石鹸を流そうかという時、後ろから抱き締めます。

「きゃっ」

「ねえ、気持ちいいことしようよ」

「だ、だめだよ、ここお風呂なんだから、あん・・・」

彼女の股間に指を滑らせます。
石鹸ですべすべなので、ツルンとクリトリスと膣に指が届きます。

「おいおい、ヌルヌルじゃん」

「石鹸で洗ってるんだから当然でしょ~、あ、あぁん」

「ほんとにそれだけか?」

私は椅子に座った彼女の後ろから覆いかぶさるように股間に指を走らせました。
彼女は嫌がる素振りを見せながらも、少しずつ足を開きはじめます。

「はっ、はふ・・・ん、ねえ、変よ~、こんなのぉ~」

中指を第二関節まで挿入します。
椅子から前にのめり、四つん這いの格好になってよがる彼女。

「いくよ」

「は、はぁ!ん、あぁ~」

何も告げず、いきなりバックで挿入しました。
しかも4年付き合って初めての生挿入。

「後ろからなんて、んんっ、あん、いやあ」

セックスには超奥手な彼女。
4年近く付き合って何度もセックスしていますが、バックでやったのは2回だけ。

「いつもと違うところに、あ、当たるぅ、あん、気持ちいいよぉ~」

いつも正面からしか交わらない彼女が快感を訴えます。

「あ、ああっ」

浴室に声が響きます。
ここで私の方に限界が来てしまい、動きを止めます。
生で挿入しているので、このまま出してしまうのはヤバい。
しかし動きを止めたはずなのにピストンは続きます。
彼女がお尻を突き出しながら、前後に腰をくねらせているのです。
私はさすがにヤバいと思い、意を決して腰を引きました。

「はぁ~」

彼女も自分の中からペニスが引き抜かれ、ちょっと拍子抜けした感じ。

「もぉ~、この変態!」と怒り出します。

もちろん顔は笑ってますけど。

2人とも身体をお湯で流し、浴槽へ入りました。
彼女はなんだか物足りない感じ。
私は浴槽の端に座り、彼女の顔を両手で導きながら、「ねえ、口で・・・」とお願いしました。
彼女はコクンと頷くと、右手を肉棒に沿えてペニスを愛撫し始めました。

ぴちゃ、ぴちゃ、ずぼ、くちゅ・・・。

彼女が舌と唇を使い、私を快感へと導きます。

「あ~、すっごく気持ちいいよ~」

「んふふ」と嬉しそうに笑う彼女。

だんだんと口と手の動きが速くなり、私の限界が近づいてきます。
私の腰も知らず知らずのうちに前後に動きだします。

「あ、ああ、出るよ!」

そう叫ぶと彼女の後頭部を両手で抱き、口の奥深くへ腰を突き出します。

「うんっ、あっ、ああ、あぁ~」という声とともに精子が彼女の喉へと注ぎ込まれます。

以前からフェラチオは教えていたので口に出すのは初めてではないのですが、飲み干してくれたのは初めてです。
しかもきれいにペニスを口で綺麗にしてくれました。

その後、浴槽の中で彼女を抱き締めてディープキス。
ちょっと前に自分のペニスを咥えていた口だろうが関係ありません。
愛おしいからキスするんですから。

ここで2人とものぼせそうになったので、風呂から上がってベッドに行くことにしました。
しかし、フェラチオで発射してしまったので、もう一度勃つかどうかが心配でした。
私も彼女も20代ですが、私は1回発射すると次がなかなか勃たないのです。

彼女と部屋に戻り、寝る準備を始めます。
部屋はツインでした。
私は彼女の中で果てたいと思っていたので、なんとか再起させようと必死でした。
その目処がつくまで、彼女にアプローチすることができなかったのです。

彼女はベッドに入り、「おやすみ」と言って電気を消します。
私は、「もう寝ちゃうの?寂しいよ~」と言いました。
すると、「じゃあ一緒に寝よ。こっちへおいで」と恥ずかしそうにはにかみながら言う彼女。
私は嬉しくて飛び上がりそうでした。

彼女の横に入り、会話を楽しみます。
真っ暗な部屋に目が慣れてきたところで彼女の腰に手を回し、会話の切れたところで唇を奪います。
私が舌を入れると彼女も頑張って反応します。
貪欲に、時にはソフトにキスをします。
その最中、私は彼女のバスローブの紐を外していきます。

「はぁはぁ、ん、んはぁ」

キスだけで浴室のことを思い出し、2人とも喘ぎともつかないような声を出します。
バスローブの下に彼女はパンティしか着けていませんでした。
私はトランクスとTシャツです。
彼女のバスローブを脱がしたところで私もTシャツを脱ぎます。
お互いの肌を密着させ、熱いキスを再び交わします。
彼女は胸の小さいことを気にしているのですが、私の手に収まる可愛い乳房を優しく揉みしだき、乳首にも舌を這わせます。

「あ、ああん、んふう」

胸はいつもそんなに感じない彼女ですが、今日は気持ち良さそうに反応しました。
私のトランクスも回復してきたペニスが盛り上がってます。
そのまま彼女のパンティの潤ったところへ押し付けて、「早くひとつになりたいよ」と私。

「もっと気持ち良くしてあげるね」

彼女はそう言うと、トランクスの上からペニスを揉みしだき、その手は私を焦らすように徐々にトランクスの中へ。

「早く直接触ってよ」

私が泣きそうな声をあげる始末。
彼女のこのアクションでペニスは元通り。
いえ、浴室以上の勢いを取り戻しました。
しかも一度出してますから、今度は長持ちすること間違いなし。

彼女のパンティを脱がし、私もトランクスを脱ぎ捨てます。
今度はパンティ越しではなく、直接ペニスを彼女の潤ったところへ押し付け、早く入れたいことをアピール。
彼女の腰も妖しくくねりだしました。

「ちょっと待ってね」

私はコンドームを出そうと枕元に手を伸ばしました。
その手を彼女が掴みます。

「そのままして」

「えっ、ダメだよ。妊娠しちゃう」

「どうして?妊娠したらいけないの?私はそれでもいいわ。一応今日は安全日だけど、あなたの赤ちゃんなら妊娠しても幸せだもん」

私はそんな彼女に感動して、「わかった。責任は取るから」と言い、M字に脚を開いた彼女に突き入れました。

「ああん、うふぅ」

彼女は気持ち良さそうにうめきます。
正常位でピストンします。

「はぁ、うんっ、んふっ、いやっ」

彼女が声をあげ、腰を密着させてきます。

「もっと奥まで~」

私は精一杯突き入れます。
彼女の背中に手を回して今度は座位に。
彼女の「奥まで」という要求に応えます。
私の上で気持ちよさそうに彼女が揺れます。
彼女は私の首に両手をまわし、胸を顔に押し付けながら喘ぎます。
私が体勢を変え、後ろに倒れ込みます。
騎乗位になっても彼女は腰を振り続けます。
ペニスが抜けそうなほど腰を浮かせ、一気に身体を沈めます。
ひと突きごとに快感に声をあげる彼女。

再び正常位に戻り、M字の足を閉じさせ、上下と前後を織り交ぜたピストン運動でさらに攻めます。
私の腕を彼女は掴みます。
わずかに立った爪が心地いい。

「ああん、気持ちいいよぉ~」

さらに彼女の揃えた足を右に反らし、彼女を横向けに寝かせた状態で前後に腰を動かします。

「ああ~っ、違うところに当たってるぅ。あーん、もっと~」

彼女が自分で腰を動かします。
ペニスに膣壁が絡みつきます。
そろそろやばくなってきました。
彼女が一番気持ちよさそうにしている姿勢でピストンを繰り返します。
大きく、小さく、深く、浅く。
腕に爪が食い込んできました。

「あ、あ、くぅ、ん、あ、あ、あ、くぅ、うん、ひっ」

彼女を徐々に大きな波が襲う。

「来そう、来そう、あ、だめ、あぁぁあぁぁん」

大きく私のペニスを締め付けると身体を反らし、腰をピクピク動かして彼女の動きが止まりました。
私は彼女がイキそうなのを知ると一層大きく速く腰を動かして、ペニスを中に突き入れます。
膣の締め付けが最高潮に達したそのとき、彼女の中に精子を注ぎ込みました。
しばらくすると彼女が話しかけてきました。

「気持ち良かった~」

泣きそうな顔をしています。
私は彼女を抱き締め、自分も最高に気持ち良かったことを伝えます。
そして中で出したことも言いました。
彼女は私の精子を奥で受け止めたことに感激していました。
まだ挿入したまま。
そのまま30分くらいお互いに愛を囁きあい、気持ち良かったことを伝えあい、眠りに就きました。