大学時代にバイトしていたスーパーでは月に一度の飲み会があった。
当然ながらスーパーで働いているのは、主婦などのパートのおばさんだらけ。
俺が働いていたお店でも近所のおばさんだらけで、若い女の子は滅多にいない。

恒例の月一飲み会は、おばさん達が大集結w
母と同年代の40代の熟女から50代の高齢熟女まで。
飲み始めると、この熟女連中は下ネタ全開で、若い男性アルバイトを捕まえてはセクハラしまくり。
彼女のいない俺に対しても、「どうやって性処理をしてるの?」とか、「どれくらいオナニーするの?」とか質問攻め。
1日に何度もオナニーしていたので素直に言うと、「あら、勿体ない」と言われ、「うちの主人なんか数ヶ月に1回しかしない。それに入れてもすぐに萎えちゃって、役に立たないインポ夫よ」なんて言っていた。

五十路のおばさんが、「おばさんが気持ちよくしてあげようか?」と言うので、返答に窮した俺は「お願いします」と冗談で答え、その場はやり過ごした。

2次会でカラオケ屋に行き、その五十路熟女が俺の隣に座った。
そして、「一緒に帰ろうか?」と誘ってきた。
他の人たちに、「2人で変なことしないでよ」なんてからかわれながら、(これも経験かな?)とか思い、母親よりも年上のおばさんと2人で店を出た。

「ラブホテル行く?気持ちよくなりたいでしょ?」

おばさんに誘われ、ホテルへ入った。
おばさんはすぐに俺のズボンとパンツを下ろし、即フェラを始めた。
イキそうなのを告げると・・・。

「私も気持ちよくして」

おばさんは全裸になり、四つん這いで尻を突き出した。
黒くてデカいビラビラに白髪交じりの陰毛。
顔を近づけるとチーズと小便の強烈なマン臭。
思わず、「くっせぇー」と呟いてしまった。

「ごめんね。シャワーしてないから臭いわよね」

「いいよ。俺、臭いマンコ好きだから」

とりあえず勢いで舐め回した。
マンコを指で掻き回しながらクリを吸うと・・・。

「イッちゃう。本当にイッちゃうから、ダメ、早く入れて」

おばさんがスケベ声で叫ぶのでバックで一気に奥まで挿入。
そのまま子宮を突き上げてやった。

その瞬間、「あっ、イクーイクーー!」と太めな体を仰け反らせて痙攣しながら絶頂。

正常位にして突くと、おばさんはさらにもう1回、痙攣しながらガチイキした。
俺も射精しそうになったので・・・。

「おばさん、俺もイクよ。どこに出す?」

「いっぱい出して、中でいいよ。マンコに出していいよ。あーイキそう。一緒にイッて、イクっ、イグぅー!」

「出すぞっ」

54歳のおばさんのマンコに思いっきり中出し。

このおばさんとセフレの関係になって7年(おばさんは還暦超えの61歳になった)、今も月に1、2回はたっぷり時間をかけて中出しセックスをしている。
すでに閉経しているので妊娠の心配もありませんし、中出しし放題です。