家庭教師を長くやってるせいか、まぁ母子家庭ということもあるのだろうが、俺は母親から非常に信頼されている。
合鍵まで持っている。

母親が会社の慰安旅行で家を留守にしたときに留守番を頼まれた。
そのときに娘の広美の処女を奪い、一晩中やりまくった。
もともと勉強を教えながらオナニーとかエッチなことを教えていたので、向こうも受け入れてくれた。
今でも勉強中のほとんどの時間は、広美の股間に何かが入ってる状態だ。

ある日、家庭教師が終わった後に母親の京子に飲みに誘われた。
京子は元ヤンということもあり服装は派手。
普段はスカートを穿いていて、いつも娘の部屋に案内されて階段を上がる時、距離を置いて中を覗いている。
だから、この時も下心はあった。

京子が行かないような所に連れて行った。
まぁ、俺の馴染みの店なんだけど。
京子の家からさほど離れてない所にあったし、京子も賛成してくれた。
しかし、ここは大体、俺が女の子を酔わせるために使う所で、マスターも普段よりちょっときつめの酒を俺が連れて行った女の子に出してくれる。
このときも例外ではなく、最初は普通に娘について話していた京子も、だんだん目がとろんとしてきて眠そうだった。
俺は声が小さいからと京子の隣に座り直した。
そして、酔っている京子の手を俺の股間に近い太もも部分に置いた。
京子にはしばらく彼氏がいないことも知っていた。

京子も少し興奮しているようだった。
京子は表向きには平然さを装っているが、明らかに目が俺の股間の方に向いていた。
京子の耳元で、「触りたかったら触っていいよ」と言うと、京子は目を他所へ向け、おもむろに触りだした。
俺もすかさず京子のスカートから覗く太ももに手を置いて軽く愛撫した。
すると京子は完全に興奮していたのか、店を出たいと言ってきた。

俺は了承し、京子の家まで歩いて帰る途中で、夜には人がいない緑道をあえて通った。
京子は再び俺の股間に手を回してきたので、近くにあったベンチに座ってお互い触りあった。
すでに京子はパンツが機能を果たしてないくらいの洪水状態だった。
太ももの方まで濡れていた。

京子は俺のベルトを外してチンコを出すと、そのまま咥えた。
さすがに元人妻は上手かった。
10分くらい激しいフェラが続くと俺も放出してしまった。
京子は残らず吸い取り、最後は綺麗にしてくれた。

「続きは家でやろうよ」

そう言うと、京子はあっさり承諾した。

2人して急ぎ足で家に行き、シャワーも浴びずにそのままベッドインした。
そこから京子は一晩中喘ぎまくりで、広美が起きてこないかと何度も心配になった。
結局、朝まで3発。
ほぼ入れっぱなしで、中にも1発、嫌がるところを押さえつけてやった。

それから京子との関係が続いている。
俺が家庭教師で行く時にはいつもスカートが短い。
この前なんかノーパンだったから、休憩時間に台所に行き、立ったまま後ろから入れた。
そして休憩時間が終わると、今度は娘の広美と関係を持ち・・・というような状態が続いている。
広美の方は上手い具合に性奴隷と化している。
学校帰りにも会ってやってるし、俺の言うことなら何でも聞いてくれる。
京子の方もだんだんとそうなりつつある。
この間も家庭教師の間、ずっと全裸でベランダにいた。
ご褒美はもちろんあげたけど。

広美はたまに学校帰りに会う。
もちろんいたずらもする。
次第に命令すると従順な態度を取るようになってきた。
ある日、体育があった日にノーパンで帰らせた。
俺は偶然を装い、広美の家の近くで会った。
広美は予測していたのか、俺にすんなりスカートの中をチェックさせた。
俺はそのまま広美を車に乗せて近くのコンビニに行った。
広美だけ降ろし、コンビニでしゃがんで立ち読みしてくるように指示。
このコンビニは広美の同級生たちもよく使っている。
案の定、この時もコンビニの前を広美の同級生らしき中学生たちが通っていた。
俺が携帯で広美に、もっと足を広げるように指示すると、広美は従順にもちゃんと広げた。
それに、たまたまコンビニの前を通った中学生が気付いたのか、友達と何やらニヤニヤしながら広美の正面に立ち止まり、広美の股間部分を見てこそこそ話をしていた。
広美が助けを求めるような目線をこっちに向けたがシカト。
その中学生が声を広美にかけそうになったので、広美を携帯で呼び戻した。
広美は今にも泣きそうな顔をしていた。

しばらく普通にドライブをして楽しんだ。
広美には、ドライブ中は常に俺の股間に手を置いておくように調教してある。

「先生、立ってきたね」

ニコニコしながら広美が言ったので、生意気だと叱り、罰としてスカートとブラを取らせた。
これにも広美は従順に従った。
もうこの時点で広美は下半身裸の状態。
さすがに恥ずかしいらしく足を閉じて座っていたが、指示して開かせた。
すでに広美のおまんこはヌレヌレの状態だった。
しばらく指で弄び、2回イカせて広美が放心状態になっているところで俺は発煙筒を取り出した。
そして、そのまま広美に挿入。
広美は声にならないような悲鳴を上げていた。
広美が抜こうとするので、「抜いたら全裸にするぞ」と脅すと、ヒックヒック言いながら次第に泣き止んでいった。

次に広美に「発煙筒を自分で動かしてみろ」と命令すると、広美は初めは渋っていたが、全裸は嫌なのかゆっくりと動かし始めた。
そのままの状態で10分くらい経ったが、手の動きが一向に速くならないので、俺が左手を伸ばしてガンガン突くと、広美は悲鳴を上げて気を失ってしまった。

俺は広美のシートを倒し、足を上に乗せてM字開脚をさせた状態でしばらく走った。
対向車線の車には意外に気付かれないことがわかった。
俺は車を停めて、広美が脱いだスカートとブラをトランクに積んだ。
そして、あえて広美の家の近くで路駐して広美を叩き起こし、恥ずかしがる広美をそのままの格好で家まで歩かせた。
(もちろん発煙筒は抜いてやったが)

その日は母親の京子はパートのため、夜遅くにならないと帰ってこないことも俺は把握していた。
広美は車から降りる際にスカートを探していたが、俺が「捨てたよ」と言うと、素直に歩いた。

家に着くと広美にシャワーを浴びさせた。
もちろん1人では浴びさせない。
俺も服を脱ぎ、一緒に入る。
キスをせがまれたので、激しいディープキスをしながらシャワーをおまんこに持っていく。
これだけでは満足させることが出来そうにないので、空いている手で愛撫してやると、さっきの余韻もあるのだろうが、すぐにしゃがんでしまった。
広美の顔の前にちょうどチンコがある体勢になったので、広美はそのまましゃぶり始めた。
相変わらずフェラは下手くそだ。
これは今も変わっていない。

立つどころか痛いので止めさせた。
広美は今にもおまんこに入れて欲しそうな顔をしていたが、さっきの発煙筒で傷が付いていないか確かめるために指を入れてみた。
思ったよりはというか、全然大丈夫だった。
その間も広美は俺のちんこを握ったままだった。
俺は小柄の広美をバスタブの縁に座らせてそのまま挿入し、体も拭かずに駅弁で広美の部屋まで行った。
広美は必死で俺の首にしがみ付いていた。

とりあえず京子が帰ってくるまで広美を弄ぼうと思い、広美と普通にやった。
広美はすでに何回もイッていたからか、途中からは力が抜けて、震えるような声を出しながら自分で腰を少し動かす程度になっていた。
俺がイク頃には疲れ果てていたが、構わず口を開けさせて口内放出し、ぜんぶ飲み干させた。
もちろんちゃんと綺麗にさせて、今度は自分で復活させて2回目に突入した。

もう広美は動かない。
震えながら呼吸をしてるだけの状態になっていた。

<続く>