自分:東京、180cm/63kg、24歳、岡田将生似。

相手:東京、157cm/45kg、31歳、持田香織似。

出会い系で写メで釣り糸を垂らしまくって静観の構え。
狙いは、全部おごってもらってからのタダSEX。
今までも成功してきたので、今回もそれ狙いで誘いをかける。
これまで12人釣れて、奢ってくれる女のタイプはある程度わかるようになった。

『自分にある程度自信があるものの、最近は褒めてもらっていない』
『自分の美が全盛期を過ぎたと自覚し始めた』

俺的には、この2つのタイプだと考えている。
前者は結婚して1年くらいの女、後者は三十路に差し掛かった女らへんで、両者共、育ちの良くて教養のある女ほど奢ってくれる確率が高い。

今回は候補を2人に絞ってやりとりをしていたが、最終的には、昔お嬢様大学に通ってて、アイドル志望でよくオーディション受けていたと言う女が、ルックス的にも条件的にも合いそうなので面接まで漕ぎつけた。

向こうが居酒屋を予約してくれて、先にお店に入って待っているということだったので、仕事上がりに向かう。
席に座ってた女はこっちを見たら立ち上がって手を振ってきた。
顔は確かに持田香織系で色白の美肌。
体型もバランスが良い感じ。
服装がレトロ系なので持田を意識してる感もある。
でも十分に合格点、あとは優等生の年下キャラを演じるだけ。

「私から逆ナンした形になってしまったけど、私なんかで大丈夫?もっと若い子が良かったよね」

これが持田の第一声。
この一声が聞けた時点で奢りは確実なので、今回もタダ飯&タダSEXコースを確信。
あとは相手のことを褒めまくって興味のあるふりをして、気持ち良く飲んで頂いた後に気持ち良くお会計をして頂いて、手を繋がれたりおんぶしてあげたりして、暗い所でキスして向こうはメロメロ状態に。

「もう少し一緒にいたいです」

そんな風に甘えて、ラブホにイン。
ホテルの部屋でキスもネトネトした深いやつになってきた頃、ベッドに押し倒して乳揉み。
向こうの吐息も荒くなってくる。
けど、やっぱ酒臭いので一度お風呂に入ることに。

お風呂に一緒に入って洗いっこ。
意外に乳があり、尻もハート型の綺麗なラインでテンション上がる。
持田がシャワーを浴びてる後ろ姿のハート型の尻で興奮してフル勃起してしまい、ゴムを速攻で付けて立ちバックから挿入。
持田も、「なんかレイプされてるみたい」とノリノリ。
シャワーは浴びてるものの、濡れてないと奥まで挿しちゃうと痛いと思って浅めのピストンをしてたけど、すぐにヌルヌルになるくらい感じてらっしゃったので、深いピストンで突きまくったら、持田は脚をガクガクさせてイッてしまう。
かなり深くイッてしまったみたいで、完璧に機能停止状態。
その後、なぜか「このまま繋がったままでいたい」ということで、身体を拭いてベッドまで繋がった状態で移動。

「前戯とかいらないの?」

そう聞くと、こちらのチンコが気持ち良過ぎて、早く突かれたいらしい。
こんな性癖の女もいるのね。

バックでハメながら、俺の好きなハート型の尻を揉みしだいたり叩いたりしてたら、ついにこっちが射精してしまう。
引き抜いて少し休憩と思ったら・・・。

「まだ行ける?」

ってわけで、すぐにネクストラウンドへ。
ゴムを付け替え、次は正常位ではめて、乳を揉みながらカリを引っ掛けるようにピストンしてたら、すぐにイッてしまう。
さすがに疲れたので、今度こそ休憩と思いつつ、引き抜いいて寝転んだらチンコをチロチロ舐められて・・・。

「早く復活してね」

この繰り返しが8回続いた。

3時間で8発。
昔、彼女と1日で8発はしたことがあるが、3時間で8発はチンコが悲鳴をあげていた。
持田はすっかり満足して腕枕でおねんね。
俺は精子を抜き取られてチンコがミイラ化した。