現在、私40歳、妻34歳子供2人、義母62歳です。
当時義理父が倒れ、車いすでの生活を余儀なくされてしまいました。
脳梗塞で右半身麻痺となり、唯一の楽しみが、子供たちや孫たちと温泉に行くことでした。

冬休みに草津温泉に行きました。
メンバーは嫁の兄家族、うちの家族、義理父母でした。
昼間はドライブしたり、寒い中を観光したりして過ごしていました。

古い食堂で昼食をとった時、共同のトイレで別の家族の奥様が入ってきました。
そこは個室が2つあるだけのトイレで、思わず下から覗いてしまいました。
膝下のスカートを捲り、高そうなガードルを下げると、一緒に薄ピンクの下着も脱げてしまいました。
眩しいくらいの真っ白なお尻は本当にきれいでした。

音消しの水は流しておりましたが、当時40歳くらいでしょうか、清楚なお尻の穴まで見せていただき感動しました。
焦っていたので勃起はしませんでしたが、脳裏に焼き付いて離れませんでした。

宿に帰り、義理父を支えて義理兄と温泉に入れました。
夕食は私たちの部屋で取り、しこたまお酒を飲みました。
義理兄家族は別の部屋、私たちの部屋は広くて2間あり11時前くらいまで飲んでいましたが、そろそろ撤収の時間になり、義理父も疲れたのか部屋に入るとすぐにイビキをかきだし、子供たちも眠ってしまいました。
義母が私に丁寧にお礼を言ってくれました。

「和也さん、本当にありがとう。お父さんも倒れてから楽しみがなくて、本当に感謝してるのよ」

義母が私の肩を揉みながら言いました。

その時、妻が、「お母さんが一番疲れたと思うよ。うちの和也さんに揉んでもらったら?」と言うのです。
私は体育会系だったため、先輩たちにかなり鍛えられていて、ときどき家でも妻にもやっていました。
義母は遠慮していましたが、「お酒も入っていることだし、10分も揉んだら熟睡できますよ」と言って、布団の上で肩を揉みだしました。

「もう一度温泉に行ってくるから母をよろしくね」

妻はそう言って部屋を出て行きました。

その後、義母をうつ伏せにして本格的にマッサージをしました。
女性に対しては力を入れず、撫でるように揉むのがコツです。
そうすると、してる方もされている方も気持ちがいいのです。

肩から腰へ、足の指先から腰へ、揉んでいきます。
太ももからお尻にかけてマッサージしていると、吐息とともに“クチュ”という音がしました。
昼間の真っ白なお尻が頭に浮かび、もう痛いくらい勃起してしまいました。
義母も無言で、部屋の中はいやらしい空気でいっぱいです。
もう1年近くご無沙汰であろう当時52歳の熟れた体は、とてもエッチになっていたと思います。
少し大柄で太めな感じでしたが、大きなお尻に小さな下着がたまりませんでした。

肩から腰、太ももからお尻と、義母の下着をTバック状にしながらマッサージを続けました。

「和也さん、とても気持ち良かったわ。もう大丈夫よ、あなたも疲れたでしょう」

「いえ、私は大丈夫です」

そう言うと、うつ伏せの義母のお尻の下に馬乗りになりました。
前屈みになって肩を揉むと、勃起したモノがちょうど義母のあそこに当たるか当たらないか微妙な感じになります。
肩に手を乗せて、勃起したイチモツで義母のお尻をマッサージしているような状態です。

すると義母が後ろ手に手を伸ばして、私の勃起したモノを浴衣の上から弄ってきました。
交わす言葉もなく、ただお互い無言で触りました。
私は義母の前に勃起したモノを持っていき、浴衣の足元から生足を撫でながら秘処を目指し、横向きの69になりました。

とても会話などをする余裕はありませんでした。
薄いブルーの下着を脱がせる時は義母も腰を上げてくれました。
妻よりも毛深く、しかし上品な陰毛を見ると、もう無我夢中で義母の股間に顔を埋めてオマンコを舐めまくりました。
義母も、昼間見た奥様と同じように真っ白なお尻でした。
お尻の穴は妻より大きいような気がしました。
左右対称にグロテスクなビラビラがぬらぬらと光り、摘んでも指から滑り抜けて行きます。
あまり使い込んでいないのか、グロテスクだけど小ぶりなビラビラを口に含むと、私の一物は限界まで硬くなりました。
義母も私のおちんちんを口に含みます。
慣れていないのか、時おり歯が当たります。
私は思う存分に義母のお尻を開き、オマンコを舐めました。
お尻の穴も指で刺激しました。
すると2分くらいでしょうか、プルプルと震えながら母はイッてしまいました。
義母は荒い息遣いで、おちんちんを口から出すとぎゅっと握り締めています。

少し冷静になり、横たわっている母に下着を渡して時計を見ました。
そろそろ妻が帰ってくる時間です。
母に隣の自分の部屋に行くよう促しました。

少しして私も温泉に浸かりに行く途中で妻に会いました。
しかし・・・まさか義母が来るとは。
温泉に浸かっていると、隣から「和也さん、1人?」と義母の声がしました。

「はい」と答えると・・・。

「女湯も私1人よ。さっきはごめんなさいね」

「こちらこそ先程はすみませんでした」

期待してお風呂の出口で待っていると、初めて見るような色っぽい義母が出てきました。
理性をなくしてトイレに義母を連れ込みました。
すぐに抱きつき、洋式便所の蓋の上に座り、義母の浴衣を捲りました。
下着をつけておらず、逆三角形の上品な陰毛が見えました。
蓋の上に片足を乗せて義母のオマンコにむしゃぶりつきました。
鼻でクリトリスを刺激しながら上下に舐め、人差し指をオマンコにそっと挿入しました。
親指でクリ、人差し指を奥の方を弄ると、奥から淫水が湧いてきます。
義母は入り口付近で出し入れするのが気持ちいいのか、口を押さえて喘いでいます。
妻より大きなクリトリスを吸ったり、軽く噛んだりしていると、喘ぎ声が大きくなってきました。

もう我慢できず、義母の手を蓋につかせて浴衣をまくり、立ちバックで挿入しました。
ギンギンで我慢汁タラタラの状態ですから、速く出し入れするとすぐにイッてしまいます。
なので、ゆっくりと出し入れしながら義母のおっぱいを浴衣の上から触りました。
小ぶりながら柔らかいおっぱいは、熟女特有の気持ちいい感触。
乳首がすごく大きくて、指で触っているとたまりません。
ぎゅーっと摘むと義母が仰け反りました。
たぶん私も声が出ていたと思います。
浴衣から覗いているお尻を掴んで広げ、尻の穴を堪能しました。
穴の周りの筋や穴がヒクヒクと動いています。

恥ずかしながら私は早漏なので見たり舐めたりが大好きなのですが、もう我慢できませんでした。
義母の大きなお尻の肉を掴んでラストスパート。
義母がさらに仰け反りましたが、私は義母がイク前にドクドクと出してしまいました。
最高の射精でした。
たぶんトイレに入ってから3分くらいの出来事だと思いますが、最高に興奮しました。