オレがまだ若い頃、と言っても20代の半ば過ぎだろうか。
その頃はなかなか遊んでいたと思う。
社会的にも多少地位のあるところにいたことも自分に自信をつけてしまったのだろう。
やはり平社員より肩書きがあった方が男はモテる、そう実感していたときだった。

その時にオレがよく相手にしていたのが、バツイチ子持ちの女だ。
なぜオレがこの立場の女を狙ったかと言うと、簡単にエッチさせてくれるから。
言ってしまえば、労せずして体の関係に持っていけるのだ。
ただ子持ちと言っても条件がある。
それは子供がまだ小さいということ。
園児くらいが一番ちょうどいい。

例えば、当時の1人の女にミサという30歳の可愛い顔をした人がいる。
なんだろう、離婚経験がある女はキレイだったり可愛い女が多い。
もしかして性格が悪いのかとも思ったが、そうでもない女もいっぱいいる。
そんな好条件の女をオレは見逃さない。

ミサは喫茶店で毎日7時間働いている。
その間は子供は保育園にいる。
オレがその喫茶店にたまたま行っていたのが出会いのきっかけだった。
何度もコーヒーを飲みに行っていると自然と仲良くなり、話も進んでいく。
そして空いた時間を使って少しの時間だがデートもするのだ。
夕方まで働き、その後は子供を迎えに行って家に帰るので平日はほぼ会えない。
しかしミサの場合は土曜は仕事をお昼で切り上げる。
いわゆるモーニングの時間で終わり。
その時がデートのチャンスだ。

「オレ、1人暮らしなので、人が作る料理ってあんまり食べていないんです」

そんな話を持ちかけると、ミサは言う。

「じゃあ今度作ってあげましょうか?」

仲が良くなると、こんな話にも展開していくのだ。
まあオレの狙い通り。
そしてオレは土曜の午後、ミサの仕事が終わったら家に行くことになった。
これが小さな子を持つバツイチの楽なところである。
なんだかんだ言いながらも彼女たちは出会いを求めているのだ。
子供がいるのでなかなか出会いの場にも行けない。
オレみたいに、向こうから近づいてきた男はチャンスだと思っているのだろう。
普通ならそんな簡単には男を自分の家に入れない。
しかしミサは簡単にオレを入れてしまった。

「こんにちは、そのソファーに座っててください」

ミサはオレを部屋に入れると、すでに料理を作ってくれていた。

「もうすぐできるので・・・」

女がキッチンに立っている姿は、なぜこんなにもエロく見えるのだろう。
その感情通りオレは動く。
オレは鍋で煮込んでいるミサの後ろに立ち、首筋を舐める。
同時に胸を揉んでいた。

「やだぁ・・・あん・・・こら・・・何してるの?」

ミサの手が止まって、オレの乳揉みを受け入れてしまっている。

「オレ、ミサさんがセクシーに見えてしょうがないんです」

このときにはシャツの中に手を入れてブラをずらし、乳首を直接指で摘んでいた。

「ハァん・・・ダメでしょ・・・ご飯ができるから・・・あん・・・」

そう言いながらもミサはオレの手をどかそうとはしない。
胸を触られて快感を覚えているのだ。
勢いづいたオレはスカートを捲ってマンコを弄る。

「ひゃん・・・あ、あんん・・・そんなことされたら・・・あ、あんん・・・!」

オレはパンティーに手を入れて堂々とクリトリスを弄っていた。
ミサの体が悶えはじめ、さらにマンコを濡らしていく。

「ア、アァぁん・・・やぁぁ・・・ダ、ダメよ・・・」

そんな言葉など聞くわけがない。
パンティーを脱がしてお尻を丸出しにして、オレもパンツを脱いで勃起したムスコを出す。
そしてオレはミサのお尻にムスコを押し付けた。
その状態でクリトリスを弄り続ける。

「アァぁ・・・も、もうダメェぇ・・・やめ・・・」

「ミサさん、足開いて」

「やん・・・恥ずかしい・・・」

そう言いながらもミサは少し足を開く。
オレはマンコの中に指を入れてクチュクチュと音を立てて弄り回した。

「ア、アァぁ・・・や、やめて・・・!ハァぁん・・・」

「ミサさん、感じすぎじゃない?」

「バカ・・・そんなことしたら・・・ァぁぁぁハァん・・・」

少しずつ前屈みになってミサの体勢が低くなる。
すかさずオレはミサの前にまわり、ムスコを目の前に出す。

「あんん・・・カチカチ・・・」

ミサはお預けをされていた犬のようにムスコに一生懸命しゃぶる。
クリトリス愛撫で興奮してしまい、ムスコを欲しがっていたのだろう。
ミサのフェラでオレもまた興奮が上がっていく。
唾液がたっぷりとムスコにまとわりつくミサのフェラは、手でタマも揉んでくれるので精子が躍動する。
オレはミサのマンコが欲しくなり、ベッドに押し倒してクンニした。

「ァっぁん・・・!!いやぁぁん・・・!そ、それは・・・あ、ぁぁぁぁ・・・!!」

ミサのヌレヌレマンコはオレの舌を軽やかに滑らせる。
クリトリスに舌が触れるとミサの体は分かりやすく反応した。

「ァぁぁ・・・そこ、汚いんだからぁぁぁ!あっぁあん・・・」

悶えながらどんどん腰をヒクヒクさせるミサ。
このエロさがもうオレのムスコを我慢できない状態にしてしまう。
クンニからのムスコ挿入でオレはミサと一体化した。
ピストンでムスコを奥まで突く。
ミサは幸せそうな顔で喘いでいる。

「はぁぁはあぁっぁぁぁ・・・!あんんん・・・き、気持ちいいよ・・・あぁぁん・・・!」

ミサはこのときを待っていたかのように体をオレに委ねていた。
バツイチの女は出会いも少なければエッチをする機会もない。
やりたくて仕方がないストレスもあったのだろう。
これがオレの言う、狙いやすい相手だということだ。
オレは昇天がすぐそこまで来ていた。
同じくミサも絶頂が目の前だった。

「っぁぁ、っぁぁ、ああ・・・、イ、イッちゃう・・・!」

ミサはイッてしまった。
次いでオレも精子をマンコに流してしまう。
オレはミサを抱き締めて、しばらくキスをしながらイチャイチャしていた。
そしてスッキリしたところでオレ達はご飯を食べた。

「来週も作って。すごく美味しいよ」

「分かったわ・・・また来て・・・」

笑顔で答えるミサ。
これで来週もミサとエッチができる。