チンポが好き!フェラが好き!
そんな上司の奥さんとのエロ体験談を聞いてくれ。

今僕は、係長の奥さんにフェラしてもらっています。
時折僕の顔を見ながら美味しそうにしゃぶっているのです。
どうしてそんなことになったのか・・・。
それは係長と2人で飲みに行ったことが始まりです。

一緒に車で出張したその帰り、「おい田所、この後ちょっと飲みに行こう」と誘われました。
係長と2人だけで飲みに行くのは、それが初めてのことでした。
行きつけのスナックバーから始まり、そこで「面白いから行ってみて」と言われたオカマバーに行き、その後もう一軒、行きつけの店に行っておしまいです。
それでアパートに帰ろうとしたところ、「今日はうちに泊まれ」と言って僕の腕を掴み、タクシーを止めた係長。
係長の自宅は、そこからタクシーで20分くらいの所にある、最近購入したばかりの一軒家。
夜遅くだったので恐縮していましたが、出迎えた奥さんはすぐに座敷に布団を敷き、「お腹が空いたでしょうから」とラーメンを作ってくれました。

奥さんは35歳だそうで、普通の主婦って感じの人です。
無口なのか、必要なこと以外はあまり口を開かないタイプ。

ラーメンを食べ終えると、風呂にも入らずに準備してくれた布団で眠りに就いた僕。
その晩、エッチな夢を見ていました。
誰かとセックスしている夢です。
なんとなく下半身がスースーして肌寒い感じ。
そこで目を覚ました僕は足元に気配を感じ、最初は幽霊かと思ってドキッとしました。
しかし目を開けて見ると、そこにいたのはパジャマ姿の奥さんでした。
しかも奥さんは布団を捲り、パンツから肉棒を取り出してフェラしていたのです。

(えっ、ウソだろ!)

一瞬、唖然としました。

それでもすぐに、「奥さん何してるんですか、やめて下さい!」と叫んでいました。

すると唇を離し、「お願い!お願いだから騒がないで静かにして」と哀願し、また舐め始めるのです。

徐々に僕も冷静さを取り戻しました。
薄明かりの中でしたが、美味しそうに肉棒をしゃぶっている姿がはっきりと分かりましたし、僕の方もすごく気持ち良くなっていたので、もう声を上げるのはやめてフェラしている奥さんの横顔をじっと見ていました。
奥さん、上はパジャマを着ているのに、下は何も穿いていないようです。
そう思っていると、舐めるのをやめ、膝立ちで僕を跨ぎ、右手で握っていた肉棒の上に腰を下ろしてくるではありませんか。
自らマンコに挿入してしまったのです。
旦那さんが同じ屋根の下にいるというのに、なんとも大胆な奥さんの行動。
旦那さんは僕の上司で、おまけに僕と奥さんは今夜初めて会ったばかり。
そんな状況に最初はパニックでしたが、ここまで来るとそんな事は忘れて、奥さんのマンコの感触を味わっていました。
奥さんの方も僕の胸に手を添え、お尻を前後に動かして気持ち良さそうにしています。
でも、旦那さんに気付かれるのを恐れているのか、喘ぎ声は出さないように頑張っている様子でした。

奥さんのマンコの具合が良く、僕は長く持たずに出してしまいました。
奥さんは、しっかりとマンコで受け止めてくれました。
そして抜き取ると、自分のマンコと僕の肉棒をティッシュで拭いてから、何も言わず戻っていきました。
夢のような出来事に頭がついて行きませんでしたが、肉棒にはしっかりと奥さんのマンコの感触が残っています。
後になって、(キスしたり、おっぱいに触ったりすれば良かった)と思った僕でした。

翌朝、何事もなかったように朝ご飯の支度をして食べさせてくれた奥さん。
家を出る時も何も言いませんし、僕と視線を合わせようともしませんでした。

それから2週間後のこと、社内で飲み会があったので、係長に「また泊まらせて下さい」とお願いしてみました。
もちろん先日の再現を期待してのことです。
そうとも知らない係長は快くOKしてくれました。

一緒に帰宅すると奥さんが出迎えてくれたので、「またお邪魔させて頂きます」と言ってから頭を下げました。
相変わらず口数の少ない奥さんでしたが、「お布団を敷きましたのでどうぞ」とだけ告げて向こうの部屋へ行きました。
期待して布団に入りましたが、お酒のせいもあり、うつらうつらしてしまいました。
気が付くと布団が捲られ、誰かが横に添い寝してきたのです。
相手は奥さんでした。
先日とは違って抱きつきながら唇を重ねてきました。
僕も応じてディープキスになりました。

キスしながら僕の股間を弄る奥さん。
パジャマを捲り上げて乳房を露出させ、乳首に吸い付く僕。
先日の分までと思って夢中でむしゃぶりついていましたが、奥さんは途中でやめさせます。
乳首は凄く感じるようで、声を上げてしまいそうなのでやめさせたいみたいです。
股間に移動した奥さんは、先日のようにパンツの中から肉棒を取り出すと、フェラをし始めました。
相変わらず気持ち良くて、僕の方が声を上げてしまいそうです。

フェラの後、また騎乗位で入れ込んだ奥さんでしたが、先日と違っていたのは、コンドームを奥さんが装着したことです。
前回は安全日だったのでしょう。
しばらく騎乗位でしていましたが、僕も男ですから奥さんを攻めたくなりました。
それで上体を起こすと奥さんを後ろに倒し、足を抱え込みながら正常位で攻めることにしたのです。

すると、「ゆっくりお願い」と奥さん。

やはり声のことが心配みたいでした。
言われた通りにゆっくりと出し入れを繰り返した僕。
奥さんは腕と足を僕の身体に絡ませながら快感に浸っていました。
その体勢のまま僕が発射すると、また処理してから何も言わずに奥さんは戻っていきました。
翌朝も先日と同じで、奥さんは何事もなかったように振る舞っていました。

それからしばらくは係長の自宅にお邪魔する機会がないまま過ごしていました。
なんとか奥さんに会えないものかと思案していると、係長が泊りがけで出張することになりました。
そこで僕は、3歳と5歳の子供たちが眠りに就いたと思われる夜の9時過ぎに、1人で係長の自宅を訪れたのです。
チャイムを鳴らすと、僕の顔を見て一瞬驚いたものの、すぐにニコっと微笑んだ奥さん。
招き入れてからドアに鍵を掛け、抱きついてキスしてきました。
そして手を引いて自分たちの寝室へ連れて行ったのです。

ベッドに横たわり、手を伸ばして僕を呼びます。
僕はパンツ1枚になって奥さんに抱きつきました。
キスしながらパジャマの上から胸を揉むと、それを脱いで裸になった奥さん。
乳房は小振りでしたが、やはり感度は良好です。
揉みながらもう片方の乳首を舌で転がすと、すぐに喘ぎ声を上げはじめました。
今夜は係長がいないので、奥さんも安心している様子。
乳首を舐めながら右手でクリトリスを弄るとさらに声が大きくなりました。
今までと違い、今回は電気も点けたままです。

股間に移動した僕は、足を広げてじっくりとマンコに見入ってからクンニしてあげました。
その後は、いつものように奥さんのフェラです。
前回や前々回よりもさらに嬉しそうにしゃぶる奥さん。
ジュボジュボと音を立て、鼻を鳴らしながら舐めてくれました。
そして舐めるのをやめると、濡れた瞳で見つめながら「入れて!」と奥さん。
奥さんのマンコめがけて、いきり立つ肉棒を一気にぶち込みました。

「はああ~~っ!」

奥さんはこれまで聞いたことがない凄い声を張り上げました。
激しく出し入れを繰り返すと、「はあん!はあん!はあん!はあん!」と鳴いてくれます。
こうして互いに思いの丈をぶつける激しいセックスとなり、2人とも満足して果てることが出来たのです。

その日、やっと奥さんと語り合うことが出来ました。
奥さんの話では、係長とはずっとレス状態が続いていたとのこと。
それに、係長の前では育ちのいい女性として過ごしていたようですが、本当の自分はエッチが大好きで、係長と結婚したのも毎日セックス出来ると思ったからだそうです。
しかしレスになってしまい、毎日悶々としていたみたいです。
出会い系に走ろうとも考えたそうですが、変な男に引っ掛かって家庭を壊したら元も子もないと諦めたらしいです。
そんな折、僕が訪れたというわけです。
奥さんはひと目で僕を気に入り、あんな行動に出たと言っていました。
今は有休を取ったり、外回りの時に時間を作って、なるべく奥さんと会える機会を増やしています。