30代半ばでバツ1の俺。
今も、元妻の郁美と暮らしていたマンションで1人で生活している。
別れた原因は俺の女遊び。
風俗通いしていたのを知られて、離婚させられてしまったのだ。

(浮気や不倫ではないので、何も別れなくても・・・)

と思ったが、郁美はそこまで寛大な女ではなかったわけだ。
2人で暮らしていた時から上の階には義姉が住んでいて、今も変わらずに1人で住んでいる。
元義姉は朋美と言って、やはりバツ1である。
旦那と別れた原因は“性格の不一致”とのことだが、ハッキリと言わないのでよく分からない。
義姉は俺と同じ30代半ばで、やや細身の体型の割には胸が大きくて色気がある。
顔はそれぞれ好みがあるので何とも言えないが、気の強そうなところは俺好みだ。

そんな義姉が珍しく俺の所へやって来た。
なんでも相談があるらしい。
部屋へ招き入れて話をしたが、こうして話すのも離婚して以来初めてのことだった。

「修平さんは風俗に詳しいわよね?」

「何それ?離婚した原因を知っててそんな事を聞くの?」

「ごめんなさい、そんなつもりはないの。ただちょっと教えて欲しいことがあって・・・」

「教えて欲しいって・・・風俗のことを?」

「そう!」

「どういうこと?」

(元義弟の俺にそんな事を聞くか?)

そう思ったが、真剣そうな感じだし面白そうだったので相談に乗ることにした。

「私ね、デリヘル嬢をやってみようかと思って・・・」

「えっ?ホントに?」

「うん」

「でも、どうして?」

「一番はお金なんだけど、性に合っているような気もして・・・」

(性に合ってるって・・・義姉さんもエロ好きってこと?)

そんな事を考えていると、シャツのボタンがはち切れそうになっている胸が気になって気になってきた。

「そう思うならやってみたら」

「でも、あの世界のこと何も知らないから、修平さんに聞いてみようと思ったの」

「俺の知ってることなら何でも教えるけど、まずは何を聞きたい?」

「そうね~・・・本番はしないのよね?」

「いや、人妻デリヘルなら、ほとんどの人が本番してると思うよ」

「そうなの?」

「自分が気に入った相手とだけ・・・とは思うけどね」

「なるほど・・・タイプの男性なら、そうなっても仕方ないかもね・・・」

「でも、中には絶対に本番しないって人もいるから、自分の考え次第だよ」

「そうなんだ。でも皆が本番してるんじゃあ、しないと人気が出ないよね?」

「そんな事はないよ。フェラが抜群に上手かったり、癒してくれる人なら関係ないよ」

そんな感じで相談に乗っていたが、元義姉と話す内容ではないので不思議な感じがしていた。
でも恥ずかしそうにしないので、こっちも遠慮せずにエッチなことを話せた。

「働いている女性は、ほとんどもともとは素人?」

「だと思うよ。ソープ出身の人も中にはいるけどね」

「じゃあ、みんな最初は下手なんだ?」

「だろうね。経験しながら上手くなっていくんだよ、きっと」

「その女性たち、どんなことをしてくれるの?人によって違う?」

「基本的にはフェラで抜いてくれるんだけど、手コキや素股とかもやってくれるよ」

「素股?それってどうやるの?」

「挿入するんじゃなくて、マンコでチンポを挟みながら擦るんだよ」

「挟む?おチンチンを?」

解り難いみたいだったので、思わず「試してみる?」と聞いてみたくなった。
さすがにそこは我慢して、自分も働いてみようと考えるなら、旦那が風俗を利用していることを知っても許してくれるのでは・・・と思って聞いてみることにした。

「話は変わるけど・・・旦那が風俗通いをしてたら、義姉さんならどうする?」

「頻繁に利用されても困るけど、たぶん許すと思う・・・」

「どうして?」

「だって、男はみんなそういう生き物だって思うもの」

「寛大だな~、義姉さんは。俺も義姉さんのような人と結婚すれば良かった」

「調子に乗るんじゃないの!郁美を悲しませたことには違いないんだからねっ」

義姉はそう言ったが、顔を見ると笑っていて、俺のことをそんなに酷い男だとは思っていない様子。
それどころか俺が望んでいることを口にしたのだ。

「でも、やっぱり不安だな~・・・」

「誰でも最初は不安だと思うよ」

「っていうか、フェラはそこそこ出来るとしても、素股とかしたことがないし・・・」

「勉強するとか、先輩のデリヘル嬢から教えてもらうしかないかな」

「でも、教えてくれるかな?ライバルになるんでしょう?」

「確かに。教えてくれないかもね」

「じゃあどうすればいいの?」

「客が教えてくれる場合もあるよ」

「なるほど・・・修平さんも教えたことがあるの?」

「うん、あるよ。新人さんに当たった時にね」

「じゃあ私にも教えてよ!」

「えっ?教えてって・・・実技で?」

「そう!」

「ええ!?」

驚いて見せたものの、心の中では(してやったり)と思っていた。

困った顔を見せながら、「義姉さんがそう言うなら構わないけど・・・どうする、今からがいいのかな?」と確認。

少し顔を赤らめながら頷いた義姉。
それを見た俺は、「じゃあ早速」と言って寝室へ連れて行き、ズボンを脱いでベッドの上に寝転んだ。
そしてパンツも取り去ると、義姉に向かって「いいよ!」と声をかけた。

「どうすればいい?」

「裸にならないと始まらないよ」

すると義姉は「そうだよね」と言って着ていた服を脱ぎ、ブラと下着も取り去った。
ボリューム感たっぷりな乳房と、やや濃い目の陰毛が目の前に現れる。
しばらく見入ってから、「じゃあ、まずはチンポを大きくしてよ」と言うと、横に座り、チンポに手を伸ばした。
そして握ってゆっくりと上下に動かすと、あっと言う間に義姉の手の中で大きくなった我がチンポ。
義姉は、「凄~い!」と目を丸くしていた。

「こんなんで驚いていたらダメだよ。世の中にはもっと凄いのを持っている奴がいるんだから」

「確かにそうね!」

「ついでに男が喜ぶフェラの仕方も教えようか?」

「そうだね!」

そう言うと、迷いもせずにパクっと咥えた義姉。
ゆっくりと出し入れし、途中で唇を離すと、「こんなんでどうかしら?」と聞いてきた。

「最初は、咥えるより舌先で亀頭の先端をチョロチョロしたり、舌全体で亀頭を舐め回した方がいいかな」

「分かった」

俺の言った通りに舌を動かした義姉。
まだまだな感じはではあったが、あの義姉が俺の言うことを聞いてフェラしてくれているのである。
思いもよらぬ展開に思わず笑みがこぼれてしまった。

「カリの所が一番感じるから、そこを舌でペロペロするといいよ」

そう教えると、その通りにしてから、「これでいい?」と聞いてくる。
もう何でもしてくれそうなので、俺がして欲しいことをリクエストした。

「竿の裏側にも舌を這わせてから、玉袋にも吸い付くんだよ!」

改めて咥えさせ、顔を上下に動かす他に、咥えたまま舌で亀頭を刺激することなどを教えて実践させた。
また、手コキと併用する時は唾を垂らすのもありだと教え、店からローションを貰えるはずだから、それを使うと気持ちいいことも教えた。
そんな事をしていると、義姉の目がトロンとしてきたではないか・・・。
どうやら、その気になり始めたようである。

「自分も気持ち良くなりたくなってきた?」

濡れた目で俺を見ながら、恥ずかしそうに頷いた義姉。

「ほとんどのデリヘル嬢がそうなるから心配しなくていいよ」

それを聞いて何度か頷いたが、どうにも我慢出来ない様子だ。

「デリヘル嬢も攻められるから、ちょっと交代しようか?」

そう言うと、義姉は俺と入れ代わってベッドに寝そべった。
たわわな乳房が重力に耐え切れずに横に垂れ落ちそうになっていた。
その乳房にむしゃぶりついた。
そしてマンコに触れると、すっかり潤っていて溢れ出そうな感じだ。
クリトリスを刺激しながら、「こんな事もされるんだから覚悟しないといけないよ」と言うと、コクンと頷いてから「ああ~~っ!」と喘ぐ義姉。
股間に顔を埋め、垂れ落ちそうな滴をチュウチュウと吸い上げるようにクンニした。
顔を上げると義姉は物欲しそうな目をしてこっちを見ていた。
どうやら入れて欲しそうだ。

「入れて欲しいの?でも、我慢するところは我慢しないと身体がもたないからね」

そう注意してから、「今日のところは入れてあげるよ」と言って、ブスリと生のまま突き刺した。

突き刺した瞬間、「ああっ!」と言って身体を仰け反らせた義姉。
久しぶりの肉棒の感触がたまらない様子だ。
義姉は俺の腰の動きに合わせて一気に昇りつめていった。

すべてが終わってから、「こんな感じで、1日に何人も相手にする場合もあるかもよ。大丈夫?」と聞くと、「大丈夫、頑張る!」と答えた。

それで今度は素股を教えてあげたのだが、やっているうちにまた欲しくなったようで、そのまま騎乗位で挿入してしまった。

(こんなんで大丈夫かな?)

心配になったが、義姉はそれからしばらくして本当にデリヘルデビューをした。
仕事が終わると、俺の所へやって来てはお客の話をして自室に戻るという毎日。
ついでに店では本番しない代わりに、俺の肉棒で欲求不満を解消していた。
俺としても風俗通いをしなくてもよくなったので非常に助かっている。