中3の受験真っ只中の年末に、塾帰りのバスに乗ってたら結構仲が良かった同級生の女子とばったり出くわした。
どうやら向こうも塾帰りだったらしく、普通に隣に座ってきた。
実は前も見かけたけど、手を振っても気づいてくれなかったとか。
もともと仲が良かったから結構話が弾んだ。

「そろそろ降りるから」と、ボタンを押して席を立とうとしたら、「いいじゃん。もうちょっと話そうよ」と腕を掴まれた。

無理やり振りほどくのもあれだし、正直悪い気持ちはしなかったので、「しょーがねえなあ」と言いつつ彼女が降りる駅まで付き合ってやった。
その間ずっと、腕は掴まれたままだった。
そして降りると、「こんな時間だし、家まで送ってって」と言う彼女。
まあこれも断るのも悪いので付き合ってあげることにしたが・・・。
正直この辺りから変な予感はしてた。

進学のこととかクラスの恋愛事情とか色々話してたら、いつの間にか彼女の家の前に。
この時点で結構ムラムラしてたけど、堪えて帰ろうとすると、「塾が終わって疲れただろうし、送ってくれたお礼に飲み物でも出すから上がっていかない?」と声をかけられた。
そういえば、親が共働きとか言ってたのを今さらながら思い出した。
ここでハッキリ断るべきか、行っちゃうとこまで行っちゃうか悩んだけど・・・結局お言葉に甘えることにした。

彼女も落ち着かないようだった。
そんな感じで時間が流れていって、(そろそろ帰らないとヤバいかなー)なんて、ここまで来ておいてヘタレなことを気にしだしてた。
腕時計を見ると12時前。
そんなにのんびりしてたつもりはなかったけど結構時間が経っていた。

(気まずいけど帰らないと)

そう思い、彼女に礼を言って立ち上がろうとしたら、いきなり彼女にソファーに押し倒された。
一瞬声が出かけたけど、キスでそれも覆い隠された。
しかもグイグイと舌を入れてきて、中3にしては大きな胸が俺の胸で押し潰されてた。
混乱する頭をよそに、完全にこっちもスイッチ入ってしまう。
舌を絡め合う濃密なディープキスをしながら彼女から足を絡めてきて、股をこっちの股間に押し付けてくる。
いつも普通に話してた子がこんなにエロいことをやってると思うと、興奮は止まらなかった。

糸を引きながら唇を離してディープキスを終えると、耳元で「私の部屋のベッドでしよ」と囁かれた。
聞きたいことが色々あったけど、ガマン汁が出過ぎてそれどころじゃなかった。
彼女に手を引かれながら部屋に案内される。
2階の部屋の前に到着すると同時に彼女と再び唇を合わせた。
舌を絡め、胸を揉みながら部屋に入る。
彼女のほうも股間に手を這わせてて、互いに高めあっていた。

今度は俺が上になる形で、ベッドにもつれるように横になった。
一旦キスを止めて、彼女のセーターを脱がすと、中3とは思えない胸がいよいよ明らかになった。
ブラを外して夢中にしゃぶり付いた。
結構感じやすい方らしく、胸を愛撫され始めると軽く声を漏らしていた。

こちらも服を脱ぐと、今度は彼女が体を入れ替えて上になってきた。
彼女は最初はディープキスから、次第に首、乳首と舌を這わせ、そのまま痛いくらい勃起してた股間の上に向かう。
ズボンとパンツを脱がされ、ギンギンに反り返った俺の息子が口に含まれた。
前に塾で付き合ってた彼女とセックス経験はあったが、フェラは初体験だった。
入れるのとはまた違う、舌で舐め回される感触が新鮮だった。

クリを重点的に攻めていると、どうやらフェラもしてられなくなったようで、彼女が口から俺のを離して喘ぎ始めた。
その声に興奮しながら、さらに攻めながら指を深くに入れていくと、彼女の体が軽く震えるのが伝わってきた。

(イッたのかな?)

そう思い、69をやめて顔を覗きにいくと、キスをされながらまた上に乗られる形で押し倒された。

「俺くんばっかりズルい。今度は私が上に乗って仕返ししてあげる」

と言われ、不覚にも本気で可愛いと思ってしまった。
そう思ってるうちに、そのまま騎乗位の体勢で彼女の中に俺のが入れられた。
彼女の中は俺にとっては結構キツめだったけど、相当に濡れてたから入れるのに苦はなかった。
最初はゆっくりと、そしてだんだん激しく腰を動かし始めた彼女は、「仕返しする」との言葉とは裏腹に喘ぎながら夢中で腰を振ってるようだった。
俺自身も彼女の中の快感と、胸を揺らしながら俺の上で喘ぐ彼女を見て興奮が高まり、自分から腰を突き上げるようにした。
だんだん限界に近づいてきた俺は、上半身を起こして彼女を抱き締め、ディープキスをした。
彼女と体全体がピッタリ密着してるのにますます興奮した俺はそのまま彼女を押し倒し、ラストスパートとばかりに激しく腰を彼女に打ち付けた。
一層彼女の喘ぎ声が激しくなり、俺自身もピストン運動をドンドン速めていき、最後に彼女を思いっきり抱き締めて中に射精した。

それから彼女と付き合い始めることになったが、結構大変だった。
何が大変って、受験も目前の時に互いにサルになってしまったからだ。
毎晩、塾帰りに時間を合わせて彼女の家に上がり込んでセックスをして、帰らないでそのまま夜を過ごし、朝起きたらセックスをして、シャワーを浴びながらセックスをして・・・という状況。

帰らない日が続いたときは、親には不良とつるんでるのかと本気で心配される始末だった。
まあ2人とも結構勉強はできたし、セックスの合間に申し訳程度に互いに勉強しあっていたので、なんとか2人とも受かることができた。
彼女は俺と付き合いだしてから俺と同じ志望校にしてくれて、高校生を経て大学生となった今でも関係は続いている。

確かに中学時代のセックスはエンドレスだった。
当時の彼女もセックスへの興味が凄くて、やってもやっても次々と性欲が湧いてきて、お互いの体を延々と舐めたり弄ったりしながらセックスしていた。
快感に任せて刺激し合うのは当然のことだが、お互いの性器を色んな形で観察し合っていたと言う方が正しかったかも知れない。
どちらかの家で両親が留守の時には、朝から夕方までヤリ狂って、ゴムを12個使い切るのもしょっちゅうだった。
大人になってからはセックスの直接的な刺激が気持ちいいけど、当時は射精の快感はもちろんだが、セックスしているというドキドキ感が気持ちよかった気がする。
今思えばものすごい性欲と精力だ。
でも実際は、ゴムを付けてオマンコに入れて1分と持たずに射精することもあれば、体位を変えたり、途中で抜いて体を触ったり、チンポを抜いたばかりのオマンコを観察したり、途中で抜いて指を入れたり、ゴム外してチンポを舐めさせたり・・・と色々とやっているうちに彼女の愛液で濡れたゴムが乾いてごわごわになってしまい、まだ射精してなくても新しいのに替えることがよくあったので、ゴムの数と射精回数は一致してない。

一番面白かったのは、ゴムをチンポに付けるときに全部伸ばしきらずに1/3くらいのところまでで止めて、さらにもう1個重ねて付けて2/3くらいのところで止めて、さらにもう1個を根本まで付けて入れた時。
オマンコの中でチンポがゴリゴリして、俺は竿の部分が締め付けられて痛かったけど、彼女の狂いようは凄かった。