同じ階に引っ越してきた30代の奥様。
駐車場が隣同士なので、通勤時間と幼稚園の送り出し時間が毎朝一緒。
前に子供を車に乗せるのを手伝ってから毎朝話すようになった。

子供は実家へ、旦那は出張へという休日、飲みに行こうと誘われた。
期待するものはあったが、人妻だし・・・とか思ってとりあえず飲み。
奥様の話を聞きながら腕を触ると、頬が赤くなり、恥ずかしそうに「今日は誰もいないの」と言う。

店を出て、歩きながら猛烈キス。
公園のベンチでフェラしてもらってたら、「もう我慢出来ない」と言い出したので近くのラブホへ。

巨乳ではないが形の良いカップ。
身体は適度に細く、妊娠線がなければ独身でも通じる範囲だ。
あそこは毛はほとんどなく、つるりとしている。
感度は敏感で、クリをちょっと触っただけで身体ビクビクさせてシーツをぎゅっと握ってる。
穴はさすがに緩い感じもあったが、それはオレのモノとの関係もあるから一概には言えない。
丁寧なフェラで音を鳴らしながら目は虚ろ。

「久しぶりなの」と言いながら、じゅるじゅると音を立てて吸い上げる。

我慢できずに発射する寸前、「どこに出すの?」と聞くと、「顔にかけて!」と言われた。

「温かい感触が好きなの」と言われながらの発射。

顔面についた精液を唇に塗りながら身体ビクビクと震わせて、「今度はここに」とお尻を突き出す奥様。
しばらく指でじゅぶじゅぶやっていると、自分の手でクリを弄り始める。
そして間もなく絶頂して弓なりに。
白い裸体の股間からはいやらしい液が迸っていた。

ぐったりしている奥様にすかさず挿入。
激しいピストンで攻め立てるとぐじゅぐじゅと音がする。

「音、聞こえるよ」と言うと、「言わないで」と。

「旦那さんにバレますよ」と言うと、「どうにでもして!気持ちいいー気持ちいいー!」と声をあげまくる。

乳首をキュっと摘むと「うっ」と言う声を出して・・・。

「乳首弱いの!もっと噛んで!」

だんだんと高まる絶頂感。
そして最後は・・・。

「久々にイケそう・・・そうそこ!そこ、そこをもっと・・・あっいい!そこ・・・イクぅイクぅ~」

喘ぎまくって絶頂へ。
入ってる穴の周りは、ねっとり系の愛液と潮吹きのサラサラ液でべちょべちょ。
最後は中出しOKのサインが出たんでバックから注ぎ込んでやりました。

中出ししたら、奥様はしゃがんでシーツに精液が垂れているのを自分で見ながら再びクリを擦りまわしている。
そして「お願い、もう1回」とリクエストをされた。
毎回こんな濃厚なセックスじゃあ体力がもたないが、とにかくオレは頑張った。

その一夜から、なかなかタイミングが合わないが、今でも月に1回はその奥様とエッチしている。
最近はおもちゃを覚え、バイブを2本突っ込んでヒーヒー言っている。
もちろん家族で会うときは「こんにちは~」なんて普通に言ってるけど、視線はしっかり交わしあっている。
来月あたり、ワイヤレスバイブを入れたまま帰らせて、旦那の前でハァハァさせてやりたい・・・。

そんな事を思っていた数日後、缶ジュースを買いに出たら玄関でばったり奥様に会った。
薄いブラウスを着てるからブラが透けてた。
子供と一緒だったからエッチなことは出来ないけど、エレベーターで話したら、「これから子供を実家に預けに行く」とのこと。

「旦那さんは?」

何気なく聞くと、土曜出勤とのこと。

(子供を預け終わったら何かありそう・・・)

そう思ってたらメールが来て、『待っててくれる?』との伝言。
言われた通りに待つこと小1時間。
再びメールで『家に来て』とのお達し。
すぐさま家に向かうオレ。
すると奥様、ブルーのブラが透けるほどのブラウスと、白い脚が艶かしいホットパンツ姿でお出迎え。
すぐに抱きつくと甘い吐息が漏れ、すでに身体が熱いのを感じた。

ホットパンツをずり下ろすと、お揃いのブルーのパンティがホットパンツと一緒にずり落ちる。
いきなりのことで動揺してる奥様のあそこを触ると、会う前から期待していたのか、もう濡れていた。
オレも興奮はマックス。
ジーパンをずり下げ、いきなり挿入。

「あ、こんなところで・・・」

なんて言うが、クネクネと腰を動かすスケベっぷり。

「出ます」と言うと奥様、くるっと向き直り、口にカポッと咥えて、精液の勢いと味を楽しんでた。

その後、2人でシャワーを浴びて寝室へ。
どこで買ったのか、奥様はローションを取り出してオレのイチモツにタラ~リ。
そしてヌルヌルの手で高速手コキ。
大きくなるモノを見て手を止めると、いきなり跨がって自分から穴へとインサート。
腰を沈めて前後に高速に動かしてくる。

「ここ・・・ここよ・・・」

「当たってる?」

「気持ちいいー気持ちいいー」

しばらく腰を振っていると、「イキそう、後ろから突いて」とリクエスト。
四つん這いにさせて、後ろからの高速ピストン。
尻の肉がパンパンとぶつかり合う音がする。

すると奥様・・・。

「あっ・・・もうダメ、イク、イク・・・ダメダメ」

「そんなに大きな声を出したらご近所さんに聞かれちゃいますよ」

そう言った瞬間・・・。

「あ~あ~あっ・・・ダっメッ・・・イグゥ・・・」

腰をガクガクさせる奥様。

「腰が・・・止まらないの~」と全身痙攣。

引き抜いて、べちょべちょのモノを今度はアナルへ持っていくと、「そこは・・・うんちの出る所だから・・・ダメよぉ」と切ない声。

「奥さんのここなら汚くないですよ」

そう言ってアナルへモノを沈めると・・・。

「あっ・・・入ってくる・・・気持ちいいかも・・・あっ・・・なんか違う・・・」

そこで軽くピストン。

「あっ・・・違う・・・違う気持ちよさ・・・んっんっっあぁ・・・」

結局アナルでも喘ぎまくる。
そしてフィニッシュ直前。

「中で出しますよ、奥さん・・・奥さんのお尻の穴に出しますよ」

「あぁ、出して・・・熱いのを頂戴!」

懇願する奥様のアナルに中出し。

「あったかい・・・流れ込んでくる」

ご満悦の奥様と再びシャワーを浴びて、次回の約束をしながら午後のティータイムを過ごした。