大学のいわゆる『ゆるサー』に入ってた俺。
それまでそんなにエロい体験とかなかったんだけど、ある日、男2女3で宅飲みをやって、ひょんなことから王様ゲームをすることになった。

A男は爽やかイケメンで、こいつは何を言っても許されるって感じの得なやつ。
女からの支持も高い。
俺はフツメンだが、比較的弄られタイプかも。
それで最初は酒イッキとか、「サークル内に好きな人はいるか?」とかそんな感じだったけど、俺が王様になるとその権力を生かして、「ブラ見せ」とかそんなのばっかやってた。

調子に乗ってやってたら、女子も反撃に出始めた。
酒も入ってて、とうとう指示が、「男子の1番がパンツを脱ぐ」っていうとんでもないものになった。
その時の1番はA男だったため、俺はひと安心。
なにせイチモツには自信がなかったから・・・。

A男は躊躇いながらも女子の勢いに負けて脱いだ。
こいつのイチモツはそのとき初めて見たが、立ってないのに俺の勃起時弱くらいあって、もちろんズル剥け。
女の子たちも、「でかー」とか言いながらびっくりしてた。

そして恐れていた事態が・・・。
A男の次の矛先は当然俺に向けられた。

「お前ら、A男のが見れたんだからもういいだろ!」

とは言ったものの、そんな意見が認められるわけなく、イチモツを見せることになってしまった。
俺は観念してパンツを下ろし始めたが、ここで男のプライド発動。
直前に一瞬手を入れて、すっと皮を剥いておいた。
女に包茎を見せるなんて恥でしかない。
普段、銭湯とかでも結構やることがあるし、みんなにもバレてなかったと思う。
出てきた俺のイチモツは大きさこそ並だが、頭は見えていた。
しかし、ひと安心する俺に、A女が一言。

「なんかA男のと違う。ちゃんと剥けてなくなーい?」

確かに俺のは手で剥いただけあって、A男のように綺麗に剥けてはいない。
段差のところで皮が余ってしまっている。
それを目ざとく見つけたA女は、痛烈な一言を放ってきた。

「もしかして包茎くん?(笑)」

「んなわけねぇだろ」

慌てながらも反論する俺。

「じゃあ被せてみてよ」

「あ、命令しちゃおうよ!」

「そっか。じゃあ2番の人はちんちんの皮を被せる!」

「ムリ、絶対ムリ!」

「王様の命令はぜったーい!」

もはや俺にはどうしようもなかった。
その後も何度か抵抗したものの、結局俺は命令に従わざるを得なくなった。
そこでも男としての小さなプライドが発動。

なんとしてでも少しでも剥けてるイチモツを見せたい。
せめて半剥けくらいの・・・。

ということで、なんとかほんの少しだけ皮を被せようとする俺。

「もっとちゃんとだよ」

もはや女子全員を敵に回した状態だった。
少しだけ被せて、なんとか誤魔化そうとしたものの・・・。
そもそも俺のイチモツにそんな力は残っていなかった。
少し動かしただけで、ツルッと一気に被ってしまった。
そんな決定的な瞬間を完全に見られてしまい、全員大爆笑。
被り方の勢いが凄かったらしい。

「そんなんでよく剥けたのをキープできてたね」

「途中で止まるかと思ったのに」

さんざんな言われようで、俺のプライドは完全に崩壊した。