もう6年くらい前になるかな、ちょっと曖昧だけど、当時はまだネットと言えばニ◯ティだった時代。
募集告知板みたいなところで、あるML(メーリングリスト)の募集を発見した。

『エッチな欲求を持つ方が集まったMLの会員を募集しています。体験期間有』

俺は興味本位でメールを送ってみた。
5分も経たないうちに詳細のメールが来た。
2ヶ月無料ということでとりあえず入会してみることにした。
すると・・・。
ある意味、何というかエッチな雑談をする掲示板の延長っぽい雰囲気。
直メールの可否が書いてあり、女性男性ほぼ半数でかなり賑わっているが、俺は中国地方の人間。
オフの話や『直に逢いましょう』等々の話も時折見えて、少し仲間はずれな感じを覚えていた。

そんな中、ある女性の方から直メールが届いた。

『MLでいつも優しそうな書き込みを拝見してます』

彼女は『りな』と名乗っている群馬県在住、5歳年上の人妻さんだ。
ネットを始めたばかりでMLのメッセージは眺めているばかり、勇気を振り絞って俺にメールしてきたようだ。
MLとは別に、彼女とのメールのやりとりが始まった。
俺は仕事の合間、彼女は主婦ということもあり返事も早かった。
旦那のこと、セックスの話、なんでも話すようになっていた。
俺にとっては“何でも話せるお姉さん”みたいな存在になっていた。

そんな中、『お話しませんか?』という本文と共に電話番号(PHS)が書いてあった。
メールの中で冗談半分で『電話とかしちゃおっか?』という話題はあったが、急な電話番号に俺は焦った。

『い、いいの?』と返信。

『かけてきて。待ってるから』

俺はホワイトボードに『取引先』と書き込み、会社を出た。
そして、かけてみた。

「もしもし?」

「あ、もしもし?やすくん?(俺のHN)」

メールであれだけ話していたせいもあって2時間も真っ昼間から電話。
笑いが絶えない楽しい電話だった。

「あ、そろそろ晩ご飯の準備しなきゃ、今日はありがと」

それからは暇さえあれば俺たちは電話をするようになっていた。

そんなある日のこと・・・。

「や、やすくん」

「ん?どうした、りなさん?」

「昨日ね、旦那とエッチする時、相手がやすくんだったらなって思っちゃった、エヘ」

(な、なんと!!!俺???)

「ぇ?まじかよ?間違えて名前を呼んだとか?」

「そんなことしないよー。でもね、ずっと頭の中で『やすくん、やすくぅん!』って言ってたんだよ」

(や、やば。なんか萌える)

「ほほー。で、感じたの?」

「え?やだぁ、う・・・うん。なんかいつもより感じた・・・かも?」

「いやらしいお姉さんだなぁ・・・あ、やべ。なんかりなさんの喘ぎ声を想像しちゃったじゃんか!」

「あ・・・やだぁ、やすくんのエッチぃ・・・私もね・・・やすくんのあの時の息遣いとか想像しちゃったんだよ」

この時すでに俺は、まだ逢ったこともないりなさんの、あんなことやこんなことを想像してしまっていた。
で、思わず黙り込んでしまった。

「あ・・・やすくぅん、何黙ってんのぉ?変なこと想像してるでしょ?」

「だ・・・だってりなさん、そりゃねぇ?」

「・・・ねぇ、やすくん、声聞きたい?」

「え?」

「なんか変な感じになっちゃった・・・そこ、周りは平気?」

幸いにしていつも車を停めてさぼる場所。
周りに人影はまばらで、車の中を覗く人なんていない。

「平気・・・だよ?だけど・・・聞かせてくれるって?」

「・・・ん、やすくぅん、私にキスぅ・・・」

俺とりなの初めての電話エッチ。
会話の中で俺たちはお互いを愛し合い、そして俺は彼女の中にたっぷりと注ぎ込んだ。

「やすくぅん・・・逢いたい・・・」

「俺も逢いたいよ、りな・・・」

「あ・・・嬉しい。もっと呼んで、やすくぅん」

2回戦目・・・。
真っ昼間から電話エッチ2回戦。
今考えると可笑しいくらい。
でも、愛し合った、貪りあった。
この日を境に少しだけ距離が縮んだ気がした。

朝、いつものように机に鞄を置く。
そこには俺宛の郵便物がいくつかある。

(ん?)

見たこともない会社名。
俺は何か感じ、開けてみた。

『愛するやすくんへ。これが私の写真だよ。こんなおばさんでゴメンネ』

子供と一緒に写っているりなだった。
なんとなく嫉妬したけど、言うほどおばさんじゃない、むしろ若いくらい。
電話の中で「会社の住所、教えて」と言われたが、まさかこんな風に彼女の顔を見れるとは思わなかった。
が、やはり中国地方と群馬県。
実際に逢うには遠すぎる。

「逢いたいよ、りな」

「うん・・・私もやすくんに抱かれたい・・・」

まだ今ほどネットの出逢いが普及しているわけではない時代。
俺たちは、こんな出逢いに酔っていたのかもしれない。

そんな折、俺がタイミング良く(良すぎ)、東京の本社へ転勤になる。
りなにそのことを話した。

「え?ほんとなの?」

「あぁホントだよ。来月には引っ越す」

「やったぁ!やすくんに逢えるね。東京なら近いし」

初めてのメール交換から1年が過ぎていた。
決して彼女は旦那と上手くいっていないわけではない、子供もいる。
けれど、そのことは関係なく、彼氏彼女になっていたように思う。
俺はりなの顔を知っている。
りなは俺の顔を知らない。
そこが不安だったけれど、彼女は引っ越しを手伝ってくれると言ってくれて、その日が初対面の日になった。
それまでの間も、たまに電話で愛を確かめ合い、彼女の中にたっぷりと注ぎ込んだ。
想像でも何でもいい、俺は彼女に夢中だった。

運命の日、俺は新しいアパートにいた。
駅からすぐ見えるアパートなので、そこで待つことにしたのだ。
トラックが着き、2人のアルバイトが慌ただしく荷物を入れ込む。
しかし、りなが来ない。

(何かあった?)

そう思った矢先、電話が鳴った。

「あ、やすくん・・・ごめん、今日行けなくなっちゃった」

「え?なんかあった?」

「訳は聞かないで・・・。ごめん。ホントゴメン。来週でいいかな?必ず行くから」

「あ・・・あぁいいよ。大丈夫か?」

「・・・うん。ホントゴメンね。怒ってる?」

「いや・・・怒ってないよ」

(振られるのかな?)

少し不安になった。
けど次の日には普通に電話で話せたし、大丈夫だろうと言い聞かせた。
電話でのエッチはなかったけれど。

1週間後、彼女はやって来た。

「あ、やすくん!」

彼女は人混みの中からすぐに俺を見つけた、顔を知らないのに。

「なんでわかんだよ?」

「え?えへへ、すぐわかっちゃうよー、やすくんだもん」

部屋に入れた。
1週間、俺は一生懸命に部屋を片付けた。
ロフトベッド、TV、パソコン・・・なんとなく片づいてる部屋。

「初めての来客だぞ?感謝しろー」

「えへへー、ホントはもう女の子を連れ込んでたりして?」

「んなことしねぇよ!りなが最初だぞ」

「嬉しいなぁ。あ、片づいてるね、頑張ったじゃん」

1時間2時間と雑談で時間は過ぎていく。
彼女を5時には送り出さなければいけない。
時計は2時を指していた。

「やすくん、想像通りの人だったなぁ。ごめんね、1週間予定がずれちゃって・・・」

「あぁ、気にすんな。今こうして一緒にいるだろ?」

彼女の身長は150センチくらいだろうか。
写真よりもさらに若々しく、ノースリーブのシャツにジーンズ。
髪は少し茶色がかり、腰まであろうかという長さ。
座っていると床に付くくらいだ。
顔立ちも、とても2児の母とは思えないくらい可愛らしい。
唇がとても小さく、それでいて色っぽさを感じる。
ぱっと見、すごく子供っぽいのだが、一緒にいるとやはり色気みたいなものを感じていた。
俺は、りながすごく愛おしく思えた。

「りな、写真よりずっと可愛いよ」

「え・・・?そうかなぁ、おばさんだよー」

「そんな事ないって」

俺は隣にいる彼女を抱き寄せた。

<続く>