リベンジの機会は意外と早く訪れた。
その日の夕方、玲子は部活でまだ帰ってきていない。
俺の部屋には美香と、あと2人の女の子がいた。
理奈ちゃんはパパとデートだそうだ。
美香は持参の女性向けサーファー雑誌を開いていた。
サーフボードを抱えた上半身裸の男の写真に見入っている。

チャンス到来。
俺は攻撃を開始した。

「何、男の裸を熱心に見てるんだよ。パンツ濡れてるんじゃねーのか?」

「ば、ばっかじゃないの。こんなんで濡れるわけないでしょ」

「そっかあ?顔、赤いぞ」

別に美香の顔は赤くなんかなかったが、これは出まかせ。

「そ、そんな事ないわよ」

でも美香は、なんか焦ってる。
もしかして図星だったか?

「じゃパンツ見せてみろよ。濡れてないんだろ?」

「なんであたしがパンツ見せなきゃなんないのよ」

こいつは興奮すると、「私」が「あたし」になる。
ついでにぶりっ子のときの1人称は「美香ちゃん」だ。

「お前だって俺のパンツ見てるじゃん、パンツどころかこないだなんか中身まで」

「あ、あれはあんたが勝手に・・・いいわよ、見れば」

美香はM字開脚の姿勢で足を開き、パンツを見せた。
美香のパンツはグレーの地に青の横縞。
俺はこういうパンツ、あんまり好きじゃない。

「ほら、見なさいよ。濡れてなんかないでしょ」

「でも生地が厚いからな、見ただけじゃわかんねーよ」

俺は手を伸ばして、美香の割れ目の辺りをパンツの上から撫で上げた。

「ひゃん、勝手に触んないでよ!」

「ホントは濡れてるんだろ?」

我ながら、ねちっこい攻めだと思った。

「しつっこいわねー、濡れてなんかいないったら」

俺は何度かパンツの上から割れ目のあたりをなぞったあと、「やっぱりわかんねーなー」とか言いながら、パンツの脇から中に指を入れた。
ちょうど美香のそこの入り口にどんぴしゃりだった。
くちゅ、と音がした。

「やっぱ濡れてるじゃん」

勝ったと思った。
さあ思い切り恥ずかしがって見せろ。

「触るから・・・」

分が悪くなった美香は声が少し小さくなった。
俺は美香の中に中指と薬指を第2関節まで入れた。
中はトロトロだった。

「んっ」

美香の頭が仰け反った。
目をきつく閉じている。

「女って結局、誰に触られても感じるんだよな」

これまでの仕返しだ。
俺はここぞとばかりに指を出し入れした。

「くっ、んふっ、美香ちゃん・・・感じてなんか・・・いない・・・もん」

いつもの声と違う、鼻にかかった甘ったるい声。
まだ抵抗しているつもりらしい。

「美香ちゃん、指入れられたって、んっ、なんとも・・・ないもん」

俺は指を抜き、クリの集中攻撃を始めた。
指2本でクリを激しく擦ってやる。

「きゃん、あぁぁぁん、そんなの・・・でも・・・気持ちよくなんか・・・ないん・・・だから・・・ね。美香・・・ちゃん・・・全然・・・平気だもん」

さらにクリを擦り続けると・・・。

「ふぁっ、美香ちゃん・・・平気・・・平気・・・あぅっ、んぅぅぅん」

喘ぎながら俺の手を押さえ、自分の敏感な部分に強く押し付けた。
そのままじっとしている。
どうやらイッたらしい。

その後もしばらく美香の乱れた息遣いが続いた。
美香が収まってきた頃、なんだか後ろではぁはぁ言っているのが聞こえた。
振り向いてみると、俺のすぐ後ろで、2人のうちの1人がスカートの中に手を入れていた。
俺が見ていることに気が付いて、スカートから手を抜き、上を向いて澄ました顔をしてた。
でも顔が真っ赤だった。

ようやく落ち着いた美香。
大人しくなるかと思ったら、いきなり俺の息子に手を伸ばしてきた。
あれだけ触って、イッたところまで見せられれば、そりゃこっちもそれなりにはなっている。

「あは、カチカチ、当然だよね。可愛い美香ちゃんに触ったんだもんね。さっ帰ろ。これ以上いたら何されるかわかんないしー」

美香が立ち上がると、俺の後ろではぁはぁ言っていた子も「私も帰る」とバッグを引き寄せた。

さて、2人がいなくなったところで、俺はもう1人いたことに気がついた。
目立たない子だったので、すっかり忘れていた。
残った子はゆかりちゃん。
身長がたぶん150センチ以下、ちっちゃくて地味な子だ。
髪は三編み、スカートも膝小僧がすっかり隠れる長さ。
前に玲子が、「パパ(もちろん実の)が厳しいみたい」と言っていた。
大人しくてほとんどしゃべらない。
おそらく100パーセント処女。
玲子や美香に憧れて、くっついているらしい。
この子、前に理奈ちゃんの手の中で俺が暴発したとき、発端となったパンツを見せてくれた子だ。
バージンの子はたいてい足の裁きが甘くて、男の視線に鈍い。

ゆかりちゃんと2人きりになってしまって、俺はちょっと困った。
大人しいバージンの子に、こんなシチュエーションで何を話せばいいのか。
当のゆかりちゃんは足を軽く開いて正座。
俯いているものの、お行儀よく座っている。
俺はゆかりちゃんの右手がスカートのポケットに入っていることに気がついた。
いや、よく見るとポケットじゃない、スカートの脇のファスナーを下ろして、そこから手を中に入れている。

俺はゆかりちゃんの正面に腹這いになった。
目の前にゆかりちゃんの膝。
その体勢で、ゆかりちゃんの顔を見上げる。
ちっちゃな体ばかりでなく、ゆかりちゃんは顔も高校生にはとうてい見えない。
胸も制服の上から見る限り、ほとんどない。
だが、顔の作りそのものは結構可愛い。
さて、なんて切り出そうか。
考える間もなく、ゆかりちゃんから話しかけてきた。

「あの、この前、私のパンツ、見てましたよね?」

「パンツ」の部分がようやく聞き取れるくらい声が小さい。

「うん、見てた。嫌だったよね、ごめんね」

気付かれていたのはわかっているから、しらばっくれても仕方がない。

「ううん、そうじゃなくて。とっても恥ずかしかった・・・」

声が小さくて語尾が聞き取れない。
何がそうじゃなくてなのかはわからないが、そんなに嫌だったわけではないようだ。
あんまり可愛いので、ちょっとからかいたくなった。

「女の子って、恥ずかしいって、気持ちいいに近くない?」

ゆかりちゃんはしばらく首を傾げてから答えた。

「はい、ちょっとそうかも・・・」

「俺にパンツ見られて、どうだった?」

「よくわからないけど、その・・・、じゅんってしました」

ゆかりちゃんの右手は、まだスカートの中に入ったままだ。

「さっき、ひとりエッチしてたよね?」

「わかってたんですね」

ゆかりちゃんは別に否定するでもなくさらっと言った。

「うん、まだ途中だよね。続けなよ。俺、見てるから」

「えっ、でも・・・」

「見られながらの1人エッチって、すごくいいよ、きっと」

本当はゆかりちゃん自身、気持ちよくなりたくて仕方がなかったに違いない。
スカートの中の手をもぞもぞと動かし始めた。
バージンらしく、美香のような出し慣れた声は出さない。

「ぁぅん」とか「くぅん」とか、小さな喘ぎ声の他は声にならない息だけだった。

俺は中を見たくなって、膝小僧に被さっているスカートをそっと持ち上げてみた。
瞬間、ゆかりちゃんの動きが止まった。
見上げた目に浮かんでいたのは、恐怖みたいだった。

「大丈夫、絶対に触らないから。続けて」

俺はできるだけ優しく言った。
ゆかりちゃんは、また手を動かし始めた。
スカートを持ち上げると、中から甘酸っぱい匂いが鼻を突いた。
やっぱり白いパンツだった。
だが玲子や理奈ちゃんと違い、ゆかりちゃんのパンツはへそまで覆っていた。
大きな深いパンツに手を差し入れて、ゆかりちゃんは一生懸命、自分の大事なところを触っていた。
一瞬、パンツも脱がしてしまおうかと考えたが、それはあまりにも可哀想なのでやめにした。
スカートの中、パンツとその中の自分の手の動きを見られて、ゆかりちゃんの息遣いはさらに激しくなったようだった。

「ぁぅん、くぅぅん、恥ずかしいょぅ」

小さな声で喘いでいた。
そのうち小さくイッたみたいで、ゆかりちゃんは正座のまま体を前に丸めて動かなくなった。
落ち着いたゆかりちゃんは、そそくさと帰り仕度を始めた。

「私、帰ります」

「うん、気をつけて」

これ以上いられたら襲ってしまいそうだった。

しばらくして玲子が帰ってきた。

「ただいま~」

言い終わる前に俺は玲子に飛びかかった。
ベッドに押し倒し、胸をブラジャーの上から揉みしだきながらスカートを捲って、割れ目のあたりを鷲掴みにした。

「ちょ、ちょっと、何?まだシャワーしてないよ!」

俺は野獣になっていた。