もう20年近く前になるが、俺は首都圏のどーでもいい大学に通っていた。
いや、通っていたというより在籍していた。
講義に出るのは3ヶ月に1回くらい。
行くとたいがい校門の掲示板に呼び出しが張り出されてた。
それでもまぁ最終的に卒業はさせてもらえた。
今は地方で親父の会社を継いでいる。

その頃、俺には3つ下の彼女がいた。
名前は玲子。
中堅クラスの女子高。
ストレートの長い髪、スタイルが良く、可愛いというより美人。
しっかりした性格で友達が多かった。

俺の部屋は2DKの賃貸マンション。
リビングが結構広く、いつの間にか玲子の友だちの溜まり場になった。
学校が終わると、俺の部屋に寄ってだべったり、お菓子を食ったりしてた。
多い時には10人くらい居たかな。
常連は5人ほど。

俺はだいたい夜中に遊ぶことが多く、友人とゲーセンやカラオケ行ったり、近所の工業地帯の直線道路で車でゼロヨンをやったり、山を走ったりして、朝方帰ってテレビを観てなんか食って寝る。
夕方、玲子やその友達が来て目を覚ます。
そんな毎日だった。
あんまりエロの詳細な描写は得意じゃないけど、こんな生活だから玲子の友だちと微エロなことは時々あった。

女の子たちって、たいがい似たようなルックスのレベルでつるむみたいで、そこそこきれいだった玲子の友達も、とんでもないブスやピザはいなかった。

常連のうち、俺が一番気に入ってたのが理奈ちゃん。
なんというか妙にエロい子だった。
別に巨乳でもないし、スカートがやたら短いわけでもないし、色気ムンムンってわけでもない。
小柄で髪は肩くらいまで、片方の耳の上でゴムで結んでた。
太ももとか二の腕とか肌が白くてきめ細かくて、あととにかく敏感だった。
基本的に無口で大人しいためか、よくまわりの子にイジられてた。
耳に息を吹きかけられて目元を染めたりしてた。

「どこかのパパと付き合ってる」って玲子が言ってた。

でも性格が良くて、みんなに好かれていた。
特に玲子は理奈ちゃんが大好きらしく、理奈ちゃんも玲子に甘えるし、一緒にいると姉妹みたいだった。

その他、一見可愛いけど、目がキツネでいじわるっぽい美香、彼氏持ち。
スカートが短くて、言葉使いから仕草から、どうだ可愛いだろって主張が見えまくり。
俺はちょっと苦手だった。
たまりの常連はまだいるけど、他の子についてはおいおい。
ちなみに、呼び捨てか、ちゃん付けかは、別に親密度とかじゃなく、その子のキャラクター次第。
玲子の呼び方が俺に移っただけ。

その日もいつもと同じ、寝ていた俺の部屋に、玲子と理奈ちゃんと美香、それとあと2人、西日が差す頃に押しかけてきた。
玲子は俺の部屋の鍵を持っている。
俺はベッドに入ったまま、玲子はベッドに寄りかかって、テーブルを挟んで向こう側に理奈ちゃんと美香、あとの2人が座った。
菓子とペットボトル並べてにぎやかにしている。

俺の正面にいた、あとの2人のうちの1人が、座り直して無防備にも体育座りになった。
白いパンツが見えて、俺は白に弱いから、ちょっと息子が反応した。
起きたてで、あまり頭が動いていなかったせいもあって、布団の中で息子をあやし始めた。
初めは目の前にいる玲子にバレないように気をつける理性があったが、生のパンツを見ながらって、結構来るんだよな。
ついつい手の動きが大きくなったのかもしれない。
玲子が振り向いた。

「何やってんの?」

いきなり俺の布団を剥いだ。
ボクサーパンツを膝まで下げて、息子を握った姿が晒された。

「きゃっ」って叫ぶ声がした。

俺がパンツを見ていた子は、見られていたことに気がついたみたいで、ぺたんと膝を下ろして座り直し、スカートを両手で押さえた。
玲子の怒りの声が響く。

「変態!早くしまってよ」

俺は慌ててパンツを上げようとした。
だけど片手で息子も隠さなきゃいけないし、思いっきりあたふたしてた。

「いいじゃん、可哀想だよ」

美香がちょっと顔を赤らめて寄ってきた。

「男の人って、こーなったら収まりがつかないんだよね。私、出してあげようか?玲子、いい?」

いいも何も、ふつー人の彼氏にそんなことするか?
こいつは彼氏持ちだから、しょっちゅうやってんのかもしれないが。
玲子は当然拒否ると思ったら、あからさまにムッとしながらも・・・。

「別にいいよ、でも汚いよ」

「平気、手、洗うから」

美香が隠してる俺の手をどけて、息子を握って手を動かし始めた。
玲子の前でフィニッシュするわけにはいかない。
後で何を言われるか。
まぁこの時点で、めちゃくちゃ怒られるのは決まっているわけだが。
とりあえず我慢。
息子に力を入れないように、神経を集めないように。
美香の手の動きは割と機械的だったし、天井を見ていればなんとか耐えられた。
でも、いつまでもつか。
そこに追い討ちをかけるヤツが出てきた。

「美香ちゃん、私もやってみていいかな・・・?」

理奈ちゃんだ。
白い顔の目元だけがピンク色に染まってる。
美香は手が疲れてきたところだったらしく、渡りに船とばかりに・・・。

「理奈ちゃん、パス」

玲子は何も言わなかった。

「やったことないから・・・」

理奈ちゃん、俯きかげんで甘い声。
恐る恐る俺の息子を握る、てか触れるに近い。
でも理奈ちゃん、どこぞのパパとエッチは頻繁のはず。
当然、美香が突っ込む。

「理奈ちゃん、何言ってんの?知らないはずないでしょ」

「でも本当。触ったことないし」

ひたすらパパのされるがままになっていれば良くて、理奈ちゃんからパパにサービスするってことはないらしい。
そんなことはどうでも良くて、理奈ちゃんの手は冷たくて、でも吸い付くみたいで、やたらと気持ちがいい。
ただ握っているだけなのに、これまでの美香のアタックのなごりもあって、急激に感覚が高まっていく。

「うっ、理奈ちゃん、ごめん」

「ひゃぁ、びくびくしてるぅ」

「理奈ちゃん、ティッシュ、ティッシュ、上から押さえて」

小さな修羅場になって、俺、終わった。
理奈ちゃん、俯いてじっと固まってる。
耳まで赤くなっていた。
みんなが帰った後、残った玲子に怒られるかと思ったら・・・。

「理奈ちゃんの手、気持ちよかった?」

不思議と怒ってなかった。

数日後の夕方、俺の部屋には理奈ちゃんと美香がいた。
玲子は部活でいない。
別に玲子がいようがいまいが、俺の部屋に溜まる連中には関係ないらしい。
玲子もそんな状態を黙認していた。

玲子はテニス部のキャプテンだった。
テニス部って言っても、素人の顧問と、全然本気じゃない部員ばかり。
大会が近づくと泥縄で練習を始めるような、いい加減な部活だった。
だから勝ったって話は、あまり聞いたことがない。

俺は例のごとく起きたばかり、ジャージ姿でぼけっと座っていた。
美香が転がっていた少年マンガ誌を手に取り、表紙に続く美少女グラビアをぱらぱら捲って、「ふ~ん、美香ちゃんのほうがずっと可愛い」とか勝手なことを言っていた。
グラビアの最後のほうが、よくある水着の写真だった。

「こんなの見て興奮してるんでしょ?男ってまったく」

「まぁ、まったくしないわけじゃないが、素材によるわな」

「ほら、興奮しなさいよ!」

美香が見開きの水着の写真を両手で持ってこっちに向けた。

「するわけねーだろ」

俺はジャージの股間を指差した。
すると美香は、理奈ちゃんにおいでおいでをした。

「理奈ちゃん、ちょっとこっち」

「なぁに、美香ちゃん」

理奈ちゃんが寄ってきた。

「理奈ちゃん、立って」

「え~、何するのぉ?」

「後ろ向いて、両手を膝に置いて」

理奈ちゃんは言われる通りに背を向け、両手を膝に当てて前のめりの姿勢になった。
当然、スカートがずり上がって、見えはしないものの、かなりギリギリになった。
理奈ちゃんの肌は白くてきめが細かい。
膝の裏側なんか、なんとも言えずエロい。
俺の目が釘付けになった。

「はい、サービス!」

美香が理奈ちゃんのスカートを大きく捲り上げた。
真っ白なパンツに包まれた理奈ちゃんの丸い尻と白い背中。
小さめのパンツで、尻の割れ目の上1/4くらいが露出していた。

「きゃ、美香ちゃん、だめぇ」

理奈ちゃんは両手を後ろに回してスカートを押さえた。

「もぅ、美香ちゃんたら。見えちゃった、よね?」

目元をほんのり赤らめ、俺のほうを振り向いて言った。
情けないことに俺の息子は瞬時に天を向き、ジャージの股間に誰が見てもわかるくらいのテントを張った。
美香が勝ち誇ったように笑った。

「きゃはは、男ってやあねー。いつでもどこでも。今日は自分で出してね。それ、玲子のだし」

美香にはいつもやられっぱなしだ。
いつかリベンジしてやろうと心に誓った。

<続く>