僕自身童貞で、妻も経験なしで婚約しました。
だから、いわゆるオマンコにチンポをハメハメしたのは新婚旅行の第一夜なわけです。
もちろん僕も健康な男でしたから、女性の張った腰回りとか豊かな胸を見るたびに男の欲望を満たしたいと思っていました。
しかし度胸がなかったので、これまで女性と体の関係を持ったことがありませんでした。
だから妻を紹介され、見初めた瞬間・・・。

(早くこの女性と生まれたままの姿で抱き合い、硬く勃起したチンポを、この女性のまだ見たことのない男を優しく迎えてくれる所へ思いっきり突き刺し、溜まりに溜まった精液を出すべきところへ放出する!)

そんなことを夢想し、毎晩のように自慰行為に耽りました。

婚約中、肩に手を廻してキスしながら、自然に腰に手が触れた時の重量感のある臀部。
思わずチンポが勃ってしまい、抱き合った時に彼女の太ももにそれが触れて、ビクンと体を震わせてしまい、こちらの思いを悟られたバツの悪さ。
恥ずかしそうにニッコリ微笑む愛らしい横顔。
それを思い出すと堪らなくなって、帰宅してから、またまた彼女の陰毛に覆われているであろうあそこを妄想して自慰をしてしまいました。

初夜というとロマンチックな響きがありますが、婚約中に最接近したのは、彼女に俺の肩に手をかけさせ、こっちは相手の腰に手を回してキスした時のみ。
もちろんオッパイをモミモミもしてないし、お尻も撫で回していません。
だから、いきなり生まれたままの姿で抱き合ってオマンコにチンポをハメハメさせられるか、大いに不安はありました。

夕食を済ませ、お風呂は別々に入り、仲居さんが2組布団を敷いてくれて、どちらともなく「休む?」ってムードで、それぞれの布団に入って数分間・・・。
妻の布団に手を伸ばし、妻の手を握ったら強く握り返してくれたので、布団へ移り、抱き合い、「実は僕、初めてなんだ」と打ち明けました。
すると妻はクスリと笑い、「私も」と・・・。
すごくホッとしました。

「暑くない?僕は暑いよ」

なんて言いながら旅館の浴衣を脱ぎ捨てて妻を抱き寄せました。
妻も浴衣の紐を解いたのでおっぱいがこぼれ、その瞬間におずおずとしていた気分が吹き飛びました。
熱くキスをしながら、手に余るおっぱいをモミモミし、もう1つの手で重量感のあるお尻を撫で回しました。

(あ~、女ってなんて気持ちいいんだろう)

もう僕の陰茎は青竹のように硬く勃起し、妻の太ももに当たっていました。
文字にすると、なんかスマートに事を進めている感じがするかもしれませんが、実際は全然そんなことはなくて、紳士的に振舞っているようで、じつは心の中では早くショーツを脱がせて股を広げさせて、あそこの穴を探り当てて勃起したモノをあてがわなくてはと焦りまくっていました。

突然妻が立ち上がったので驚いていると、敷き布団にバスタオルを敷いて、ショーツを脱ぎ始めます。
そして、「よろしくお願いします」と笑いながら再び横たわりました。
こっちはおたおたしながら、「よ、よろしく」と言いながら妻に覆いかぶさりました。
しかし機先を制されてチンポが柔らかくなってしまい、なんとか奮い立たせようとしたが、駄目・・・。
結局、初夜は何も出来ませんでした。

なんだか気落ちしてしまったけど、抱き合って寝るだけでもいいやと開き直って、2日目の夜は「一緒に休もう」と声をかけ、1つの布団で抱き合いました。
その瞬間、猛烈に性欲が増幅してチンポがビンビン状態になり、ビクンビクンと脈打ってるのが自分でも分かるほどに。
もう半分破れかぶれで妻の手を導き、触らせました。
妻がゴクリと唾を飲み込む音が聞こえました。

「今度は本気でするからね」

そう囁くと、夕べのようにバスタオルを敷いてショーツを脱いでくれたので、仰向けになってもらい、両足を上げて開いた状態になってもらいました。
こっちもそれらしい体位をとってみるものの、チンポは茂みの中を彷徨うだけで、一向にそれらしき所に辿り着けません。
恥を忍んで妻にチンポを握らせ、男性器を迎えてくれるとこにあてがってくれるようお願いしました。

「入れるとこへ当ててくれないか」

妻も意を決したようにチンポを軽く握り、思いきり脚を広げて割れ目へ。
その辺に何か引っかかるような所があり、そこへ無言で僕のモノを押し付けます。
微かに湿っている感じがするそこへチンポを押し付けると、亀頭が挿入できました。

(ああ、今僕は念願のオマンコにチンポをはめ込んでいるのか・・・)

そう思うとキンタマの根元辺りがキュ~ンとなり、そのまま腰を振るわせて射精しまいました。
まだ先っぽを入れただけなのに・・・。

第2夜は暴発してしまったけれど、思っているよりずっと下の方に割れ目があり、そこをチンポの先でなぞっていくと、突撃すべき場所がわかるようになったので、随分余裕が持てるようになりました。
妻に脚を上げてもらい、あそこを開いてもらえさえすれば、自力で突き進める自信ができました。

(さあ今夜こそ・・・)と思うと、なんとなくウキウキして朝食も進みます。

そして迎えた第3夜。
例のごとく布団が敷かれて、さぁ一緒にと・・・思って、灯りを常夜灯に。
妻も前を肌蹴てくれますが、着なれない浴衣は正直言って鬱陶しいので思いきって丸裸になると、妻も浴衣を脱いで枕元に整え、自らショーツを取ってくれました。
薄黄色い灯りに脚を伸ばし、手で顔を隠して照れ笑いをしています。
妻に覆い被さって脚を持ち上げます。
もう僕のチンポは屹立して脈打っている状態です。
チンポの先で割れ目をなぞり、それらしい箇所に行き当たったので、慎重に押し込んでみます。

「ここだよね?」

小声で囁くと、「そう」と答えてくれました。
しかし、何度突いてもなかなか入らず、一旦抜いて唾をチンポに塗って少し強引に入れてみました。

「いっ・・・たい!」

「やめよか?」

「大丈夫、我慢するから・・・」

再びグッとチンポに力を入れました。

「いた・・・い」

「大丈夫?」

「うん、していいよ」

ここ1番の力を込めました。
少しずつだけど入っていっているようで、可哀想だけど渾身の力を込めて突き刺すと、ずるん!といった感じで根本まではまりました。
どちらともなく、「入ったぁ」と声を漏らしてしまいました(笑)
本当に、気持ちいいことをしてるって感じよりも、ヤレヤレって感じでした。

もちろんそれで終わりではなく、妻のオッパイに顔をうずめ、男子の本懐というか、収まるところに収まったちんぽで妻のオマンコを突いて突いて突きまくり、チンポの根元から押し寄せる怒濤のような快感の嵐に何度も腰を痙攣させました。
といっても5、6回ピストンしたくらいですが・・・。

旅行は5泊6日でしたが、その後は堰が切れたように朝晩ハメまくりました。
家族風呂にも一緒に入り、念願の湯船の中で妻を抱っこしたり、ここでは書けないことも、したりさせたり。

3ヶ月が過ぎる頃、夜の営みで妻は激しく反応するようになり、明るい時間から求められ、満たしてやることも度々でした。
そして1年後、妻は妊娠しました。
今はとても幸せです。