昨夜、妻とエッチした。
11歳年下の妻は33歳と思えないほど若々しく、スラッとしていながら胸もお尻も大きくて、顔立ちも可愛らしい。
そんな妻に俺はぞっこん。
妻も俺から片時も離れたくないと、お風呂もベッドも一緒。
出会って20年になるが、いまだに付き合いたてのカップル以上にラブラブイチャイチャしてる。
だからエッチは毎日なのだが、先週、妻に激しく騎乗位で打ち付けられて腰痛になり、やっとそれが治ってエッチができた。

2人でビールを飲み、キスを重ね、一緒に入浴。
妻の体を念入りに荒い、互いに股間を弄りあう。
次第に妻の息が荒くなり・・・。

「ああ、気持ちいい。エッチしたい、早く出てエッチしよー」

キスしながら可愛く甘えてくる妻。
タオルで体を拭き、全裸でじゃれあいながらベッドイン。
妻を上に乗せ、足を開き、舌先でクリトリスを舐めあげる。
妻は、「ああ~」と喘ぎながら仰け反り、負けじとチンコをしゃぶりあげる。
口の中に妻のしょっぱ苦い汁が広がった。

「もういいでしょ。入れて」

妻が甘えた声でねだるので、顔の上にあったマンコを俺の腰まで下げて、背面騎乗位で挿入。
10代の頃から毎日のようにセックスを繰り返してきた妻のマンコはゆるゆるで簡単にスルリと入るが、入れてから気持ちいい部分にチンコの先が触れるとギュッギュッと締まる。
そのたびに「あーん」といやらしく、また可愛らしく喘ぐ妻。
マンコの内側全面の一番感じる部分にチンコを擦り付けると妻の性欲は全開に。
デカいお尻を俺の腰に打ち付けながら腰を回し、股間を締めあげつつ感じまくる。
あまりにエロい景色にたまらず先に射精してしまった。

「ごめん、出ちゃった」

「えー、早い~。もっとエッチしたい。まだ私、気持ちよくなってないよー」

そう言うと、マンコに咥え込んだまま方向転換。
上から覆い被さり、舌をねじ込み、耳を弄る。
そのまま足を閉じるようにしてマンコを締めあげ、果てている俺のチンコをグイグイと中の壁で擦り、クリトリスを擦りつけてくる。

「これ、気持ちいい。私、これ、すごく好きなの」

俺の上でねっとりと腰を回す。
射精後の亀頭への強烈な刺激に、尿道に軽い痛みが走ると同時に性感帯を刺激され、強制的に再勃起させられてしまった。

「あ、また大きくなった。あー気持ちいい」

そう言いながらさらに亀頭を刺激してくる。
しかし、さっき飲んだビールのせいか、尿道の刺激が引き金となり、強い尿意に教われた。

「ちょっとトイレ行かせて」

しかし妻は激しく腰を振りながら・・・。

「ふふ、逃がさないよー。あー気持ちいい、いいよー、あーん、イッちゃう!」

多めの愛液を俺の下腹部にぶちまけ、絶頂を迎える妻。
同時に妻のマンコが収縮。
その刺激に俺も限界に達し、妻のマンコの中に放尿してしまった。

「あ、出ちゃった」

「え?何?まじ?漏らした?もう最悪~!」

呆れながら怒る妻。
マジで怒らせたかなと心配になったが・・・。
いつもみたいに朝から甘えてきて、朝イチのエッチをしたからほっとした。