夏に合コンをやってメアドを交換した女の子がいました。
可愛いから交換したわけじゃなくて、しなきゃダメかな的なノリで交換した子です。
赤外線で交換したので、名前は苗字で電話番号とメアドだけだったと思います。
その日から数日間は『お疲れ~』『また呑みに行こうね』とかメールしてました。
でも会話も続かないし面倒に思ったので、数日でメールしなくなったんです。

だいたいこの子は、24歳で若いくせに服装がマジで最悪。
いつの時代に買ったんだ?と思うようなジージャンを着てたし、なぜその靴下?って靴下を履いてたし。

「顔はともかくスタイル良さそうだから繋げとけば?」と、友達には言われていました。

確かにTシャツを盛り上げている胸の膨らみには興味ありましたけど、やっぱりそれだけじゃ無理ですよね。
見た目はかなり大人しそうなタイプで、学生時代は確実に窓際族っぽい子でした。
メールにデコメとか使ってこないモノクロなメールだったのはちょっと驚きましたね。

そんな子だったのですっかり忘れていたんです。
それが2週間前に突然、メールが来たんです。

『会ってくれるならどこがいいですか?』って内容のメールです。

(コイツ、何言ってんだ?)

そう思いましたが、訳も分からず返信しておきました。

『◯◯線沿線ならどこでもいいけど』って。

『都合のいい日はお任せします。ドタキャンは辛いので写メくれませんか?』

ホントに変なことを言い出すヤツだなと思い、『だったらそっちの写メ頂戴よ』って返事しました。
しばらくしてメールが届いてビックリですよ。
『これでいいですか?』的な内容に添付されていた写メが、上半身裸の手ブラ写メだったんです。
想像はしていましたがやっぱり巨乳の持ち主で、すげぇ重量感のある巨乳でした。
その写メを見て気が付きました。

(コイツ、絶対俺と誰かを間違えてる)って。

なので、俺の写メ送るわけにもいかないし、どうしようか考えていました。
そしたらまたメールがあって、『これじゃダメですか?』的なメールにまた写メが付いてました。
その写メは完全に上半身裸で、巨乳丸出しだったんです。
少し大きめな乳輪に小粒な乳首でしたが、垂れていない綺麗な巨乳でした。
とりあえずニット帽とサングラスをかけて写メを撮って送りました。
俺だとは気が付かなかったらしく、返ってきたメールには、『今週中に都合のいい日を教えて下さい』って書かれていました。

(これは面白いことになったな)

もっと色々と引き出してやろうと思いました。
『会う前に興奮する写メを送ってくれ』とか『どうされたい?』とか、箇条書きにして送ったんです。
そしたら素直にも細かく答えてきて、写メはなんと大股開きです。
顔は隠れていましたが、鏡越しに写したらしくお股パックリでアソコ丸見えの写メでした。
しかも驚いたことにパイパンでした。

『少しお酒を飲んだ方が恥ずかしさが無くなる』とか『Mなので言葉責めや軽く叩かれるのも興奮する』とか『フェラは好きなので即尺もできる』とか『最後は口に出しても大丈夫』とか『オモチャも好きなので持っていたら使って下さい』とかも書いてありました。

どう考えてもこのメールはお金の匂いがプンプンしました。
だから値段も聞いてみたんです。
そしたら、『サイトで書いた通り2本欲しい』と言ってきました。
こうなってくるとシカトするのも可哀想な気がしてきて、2日後に会う約束をしました。

車で待ち合わせ場所に行くと、律儀にも20分前なのに立って待っていました。
メールをして車を教えると、小走りに近寄ってきました。
この日の服装もかなりヤバくて、あのジージャンも着ていました。
でも意識してか、V字に胸元が開いたTシャツを着てましたけどね。

近くに来たので俺は車から降りました。
目と目が合った瞬間、彼女は絶句状態です。

「車に乗りなよ、久しぶりだね?カホちゃん」

「えっ?どうして?えっ?」

「まぁ~まぁ~とりあえず乗りなよ、説明するから」

明らかにキョドりまくっている彼女を乗せ、事情を説明しました。
どうやら彼女、出会い系サイトで知り合った男と俺を間違えていたようです。
すっかり俺の苗字を忘れていた彼女は、同じ名字の男と間違えたみたい。

「そんな事あるのかよ!」とツッコミを入れましたが、実際そうなんだから笑えませんよね。

「で、困ってるんでしょ?2本でいいんだっけ?」

「いいです・・・もういいですから・・・誰にも言わないって約束して下さい・・・お願いします・・・」

「でも今週中に2万ないと困るんでしょ?いいよ別に。どうせパチンコで勝った金だしさ」

「でも・・・いや・・・大丈夫ですから・・・」

「まぁ~まぁ~まぁ~」

そんな会話をしつつ、駅から少し離れた大通り沿いのラブホへ車を入れました。

「ホントに困りますから!大丈夫なので帰ります!」

「んなこと言わずにさ、まずここでしゃぶってよ」

ジーパンの前から俺はまだ勃起もしていないチンコを出しました。
無理やり握らせてシゴかせながら、「早くしゃぶってよ」と催促しました。
チンコを握ってからは諦めたのか、しばし拒否したものの諦めてフェラをし始めました。

「ちゃんと丁寧にいつも通りやってね?」

「はい・・・」

顔さえ見なきゃフェラは極上でした。
舌が口の中でチンコに巻き付くように動いてくるし、強弱のリズムも申し分ありません。
伊達にフェラ好きじゃないなって思いながら、しばしフェラを堪能していました。

「じゃそろそろ行こうか」

もう無言で後ろをついて来たカホは、部屋に入ってもオドオドしっぱなしでした。

「まずここに置いておくからね」

諭吉を2枚テーブルに置き、俺は全裸になりました。

「さっきシャワー浴びてきたからさ」とベッドに寝て、カホを呼びました。

カホはどうしようか迷っていたみたいですが、もうどうにもならないと悟ったみたいです。
言われるがままベッドへ乗って、またフェラをし始めました。
マジで顔さえ見なきゃ最高に気持ちがいいので、チラチラ見える胸の谷間ばかり見ていました。

「じゃ~そろそろ服脱いでよ、あの巨乳を生で見せて」

無言でゆっくりと洋服を脱ぎだし、カホは全裸になりました。
写メ通り陰毛は無く、大きくて張りのある巨乳が目の前に出てきました。
またフェラを再開したカホを四つん這いにさせ、巨乳を揉んだり腰からケツのラインを眺めたりしていました。

「こうされると興奮するんだっけ?」

頭を掴んでイラマチオをしてやりました。
苦しいらしく、手で奥まで入らないようガードしつつもチンコを口から離そうとはしません。
しかも口の中の舌は動きまくるので、フェラだけでイケそうになってきました。

「とりあえず口に出していい?もうイキそうなんだけど」

「はいっ・・・んぐっ・・・んっんっ・・・」

腰も動かしながら激しく出し入れをして、思いっ切り口の中に精子をぶちまけてやりました。
ここ4日間溜め込んできた精子だったので、いつも以上に出た気がしました。
掴んだ頭を離しても激しくしゃぶってくれています。
渡したティッシュに精子を出してからも、「綺麗にして」と言うと無言でお掃除フェラをしてくれました。
これがまたねっとりしてて最高でした。

カホは、「シャワー浴びてきます」と小走りで消えていきました。
待ってるのもアレなので、5分くらいしてから風呂場へ入っていったんです。
カホは全身泡だらけ状態で、綺麗に体全体を洗っているようでした。
そこに入っていってチンコを洗ってもらい、またしゃぶらせたりしながら湯船に浸かりました。

「そこに腰掛けてオマンコ開いて見せてよ」と縁に座らせました。

もう素直に言うことを聞くので、かなり楽しくなってきてたんです。
目の前で大股開きになった姿は卑猥でした。
ちょうど俯いていたので顔も見えませんし。
指先で膣入口とかクリとかを弄ると、どんどん透明な汁が溢れてくるんです。

「何これ?穴からどんどん出てくるんだけど」

「はぁいっ・・・やらしい汁ですぅ・・・」

「大股開きになって弄られて興奮してんだ?」

「はいっ・・・興奮してます・・・っ・・・」

「見かけじゃ分からんねぇ~すげぇ~変態じゃん。今まで何本ここに咥えてきたんだ?」

膣に少しだけ指を入れて聞きました。

「いんっ・・・まだ・・・6・・・本・・・です・・・」

「ホントかよ!出会い系で探しててもっと入れてんだろ?」

「入れてないですっ・・・ホントに6人しかないです・・・」

汁がどんどん出てくるので、それを付けて指を奥まで入れてやりました。

「自分で広げて」

そう言うと左右にクリが丸見えになるほど開くし、アナルがヒクヒクしていました。
面白くなって指を2本にして、Gスポットや奥の方を指先で刺激しまくりました。

「自分でクリを弄ってみなよ」

言われるがまま指を入れられた状態でカホはクリトリスを弄り出しました。

「はぁんっ・・・」

時々喘ぎ声を洩らしますが、必死に堪えてたみたいです。
激しく指を動かし始めると、腰を浮かせたりしつつクリを弄る動きが速くなっていました。

ここでイカせるのも面白くないので、ベッドに連れて行って目の前でオナニーをさせました。
俺はコーヒーを飲みながら煙草を吸っていたんですが、カホの変態レベルはかなりのもんでした。
煙草を吸っている俺を時々チラ見してくるんです。
半勃起したチンコもチラ見してきて、その目つきがどうにもエロ過ぎでした。
まるでお腹の空いた子供が食べ物を見るかのように、欲しくて仕方がないって目なんです。
残念過ぎる顔でしたが、あの目つきは忘れられません。

近くに寄ってオナニーしている姿を見つつ、俺はチンコをシゴいてやりました。

「はぁ・・・んっ・・・はぁぁぁ・・・」

溜息交じりの声を出しつつ、チンコをガン見しながらオナニーしていました。
わざと口の近くに亀頭を持っていくと、もう我を忘れたかのようにしゃぶりついてきます。
さっき出したばかりなのに俺はフル勃起していました。

「オナニー続けてろよ」

そう言いながら、ゆっくりと目の前でゴムをつけました。
さすがに生で入れる勇気はなかったんで。

「入れるからクリ弄っとけよ」

ずっと弄らせ、亀頭を膣穴に入れていきました。

笑えるのは入った瞬間です。
亀頭がズルンっと入ってゆっくり奥に入っていく時、クリを弄る手のスピードが上がったんです。
今まではゆっくり弄ってたくせに、いきなり激しく擦り始めたんですから。
遠慮することなく腰を振りまくりました。
巨乳を強く揉みまくり、乳首をつねって引っ張ったりもしました。
そのたびにデカい声で喘ぎまくるんです。

顔を見ると集中できないので、タオルで目隠しをしました。
その方が俺も集中できるし・・・と思ったんですが、カホは余計に興奮し始めました。
勝手に下からも腰を動かしてきたり、自分の指をしゃぶり始めたりしてるんです。
まるで狂ってぶっ飛んでるんじゃないかって思うくらいでした。
希望通りバックではケツを引っ叩き、真っ赤になるほど叩きまくりました。
当然叩くたびに「んあぁあぁぁぁっ!」と喘ぎ、枕の下に頭を突っ込んでました。
騎乗位はとにかく凄く腰を振り、根元で折れそうなくらい動きまくりでした。
乳首を引っ張られると腰の動きもスピードアップするし、すご過ぎでちょっと引くくらいでした。

最後は言っていた通り、抜いて口に突っ込みました。
狂ったようにしゃぶりついてきて、そのまままた口に精子を出しました。

「ほれ・・・綺麗にしないと・・・」と言うと、フラフラしながらお掃除フェラ。

気が付けば3時間も経っていたのでビックリしました。
というか、これほどカッコもつけずに自分の欲望のままセックスしたのも初めてでした。
ちょっと感激というか、軽く清々しい気分になっていました。

ベッドでしばらく横になっていたカホに「気持ち良かった?」と聞くと、頭だけコクっと動きました。

「どうする?これからも俺とする?」

カホは『えっ?』という表情で俺を見てきました。

「お金はやれないけど、セフレでいいならね」

カホはまた無言のまま頭をコクっと動かしました。

「つうか、何でお金が必要なの?」

聞いてビックリというか呆れてしまいました。
なんとこの女、新宿で美顔器売りに引っ掛かり、50万円近い美顔器を購入したらしいんです。

「で、あとどのくらい残ってんの?ローンは」

「あと・・・15万くらいです・・・」

「しょ~がねぇ~なぁ・・・15万貸してやるよ」

「えっ?」

「だからその15万、一括で払っちゃえって言うの」

「でも・・・」

「俺と会うたびに少しずつ返してくれればいいし」

「あぁ・・・いや・・・それじゃ悪いし・・・」

「別にいいんだよ、この前パチンコで12万勝ったし、その前も8万勝ってるから」

とりあえず担保として、カホの全裸写メを撮りました。
俺が撮らせてと言ったわけではなく、カホから言ってきたんです。
これで逃げないで済むからと、なんか勝手に突っ走ってる感じでした。
帰りにコンビニで金を下ろし、15万きっちり渡しました。

2回目に会ったのはその1週間後。
前回以上に奉仕するセックスをして、問答無用の激しいセックス。
今度は口に出した精子を全部飲むし、何も言わなくてもお掃除フェラもアナル舐めもしてきました。
カホはホントに6人しか男を知らないらしく、ここ3年はセックスすらしてなかったらしいんです。
切羽詰まった状態で出会い系を使ったらしく、かなり勇気を出したって言ってました。
見慣れてくると顔もまぁあんまり気にならなくなってきたので、しばらくはセフレとして付き合っていく予定です。