夏の暑い日が続き、学校でのプールの授業が恋しい夏休み目前のある日のこと。
友達のYが私に、「夏休みはどうするの?」と聞いてきた。
特にこれといった予定のない夏休みだということをYに伝えると、「この夏休みに家族でキャンプへ行くんだけど、よかったら一緒に行かないか?」と提案してきた。
私はYとは非常に仲が良く、親御さんとも何度も顔を会わせていたが、さすがに即決は出来ないので、「考えておく」とだけYに伝えた。
そして夜、大学から帰った姉にその話をした。

姉「いいじゃん!!私も行きた~い。キャンプって久しぶり!行こう!行こう!ねっ!」

なぜか姉も行きたがった。
まるで遠足前日の小学生である。

後日、Yにその話を伝えると・・・。

Y「えっ?お前の姉ちゃんも来るのかよ?」

少し考え込んだ後にYは、「・・・分かった。親父に言ってみるよ」と了解してくれた。
そして後日、Yから電話があった。

Y「親父がいいよって。お袋も車出すからよ。水着だけ忘れないようにな」

私と姉は水着を用意してキャンプへ行く日を心待ちにした。
そして1学期が終わり、姉もキャンプへ行く日が近づくにつれてなぜか機嫌もよくなり笑顔を絶やさない日が続いていた。

Y一家を待つべく道路でデカいスポーツバッグを下げてYのおじさんとおばさんが運転する車を待っていた。

姉「どの車かなぁ?」

姉が辺りを見回していると、Yのおじさんの車が走ってきた。
車種はでかいワンボックスカーである。

おじさん「××君(私の名前)、こんにちは」

グラサン越しにおじさんは姉の方をチラッと見た。

姉「初めまして。今日はよろしくお願いします」

お辞儀をする姉の胸元がチラッと見えると、おじさんの動きが一瞬止まった。

おじさん「ああ・・・うん。初めまして・・・」

そうこうしているうちに後ろからおばさんが運転する普通車が走ってきた。

おばさん「こんにちは。暑いわねぇ」

私「こんにちは。暑いですね」

挨拶も早々に私はYとYの兄(18歳)が同乗する親父さんが運転する車に乗り込み、姉はYの妹(10歳)が同乗するおばさんの車に乗り込んだ。
車が走り出すと、前日から興奮していたせいか、あまり睡眠をとっていなかった私は車の乗り心地の良さもあり、ドアにもたれて寝てしまった。
高速を走り車のスピードが上がると、ふと私は目を覚ました。
YとおじさんとYの兄の会話が聞こえてくる。

Yの兄「しかし、あれだよなぁ・・・××の姉ちゃんって初めて見たけど・・・滅茶苦茶可愛いよなぁ・・・あんな彼女が欲しいよ」

Y「学校でもこいつの姉ちゃんのファンって結構いるんだぜ」

私は目を閉じてこの会話を聞いていた。
姉を褒められていることに悪い気はしなかった。

おじさん「そうだよなぁ・・・」

ハンドルを握るおじさんもどこか重い口調で答えていた。

Yの兄「親父ってさあ、ボインの姉ちゃんが好きだよな?だってさっき、××君の姉ちゃんの胸、見てたもんな(笑)。着いたら水着姿が見れるぜ!」

1人の男として姉の水着姿を見たいのだろうか。
私が眠っているのを良いことに、YとYの兄はおじさんを囃し立てていた。

おじさん「うるせえな。××君が聞いたら怒られるぞ」

呆れた口調でおじさんが答えていた。
やがて車は高速を降りてキャンプ場へ向かっていた。
キャンプ場に着くと男は各々で工具を持ち、テントを組み立てるべく作業に取りかかり、姉を含めた女は夕飯の仕度に取りかかった。
とは言っても、やはりこういうのは知識と経験が物を言うのだろうか。
テントを張るのを慣れない手つきで手伝いながらも、なんとかテントは完成した。

おじさん「よし、テントは出来たよ。そっちはどうだ?」

おじさんがバーベキューの仕度をしているおばさんに声をかけた。

おばさん「うん?もうちょっとかかるわ」

おじさん「そうか・・・。じゃあ先に行ってるから後で来いよ」

おじさんは川がある方を指差して言った。

おばさん「うん。分かったわ」

キャンプ場から少し離れた所には川があり、私達男性陣は先に水着に着替えると川に入ることにした。
炎天下の川の水は思ったよりも冷たく、私はYとYの兄と水をかけ合いながら川の中で遊んでいた。

おばさん「おまたせ~」

おばさんの声が聞こえ、我々男性陣は声のする方を見た。
すると、そこには水着を着たおばさんが立っていた。
そしておばさんの後ろから声がする。

Yの妹「お姉ちゃん!早く!早く!」

Yの妹は姉の手を引いてこちらへ走ってきた。
思ったよりもYの妹が手を引いて走る速度が速かったのか、姉の胸が上下に大きく弾んでいるのが分かった。
どうやら男性陣はこの時、姉の着ているピンクのビキニのカップの中を想像していたに違いない。

Yの兄「スゲェ・・・」

姉の胸を見た感想だろうか、Yの兄とYは姉の方を見たまま呆然としているのが分かる。
しかしYの妹が川に入った瞬間、我に返り、みんなで水をかけあって遊んだ。
・・・しかしこの時、私はなぜかYとYの兄は姉に対して集中的に水をかけていたように感じ、またおじさんも姉を後ろから今にも襲いかかるような動きで姉を見ているような気がしていた。
そんな光景を目の当たりにしながらも、私は平泳ぎでみんなから抜け出すように離れた。
そして川に浸かり、目を瞑ってうたた寝をしていた時だった。

姉「だいぶ泳げるようになったじゃん」

姉が私に近寄ってきた。

姉「今日は無理言ってごめんね。いきなりキャンプに行きたいとか言って」

私「いや、別にいいよ。それで楽しんでる?」

私「うん。ありがとう」

しかしこの時、何気に姉の水着を見て初めて気がついた。
姉は少し小さめの水着を着ていたのだ。
夕方になると、水着の上から上着を羽織ったまま、みんなでバーベキューを始めた。
みんなで『待ってました』と言わんばかりに出来上がっていく物を食べた。
食べることに夢中になり、裏返すことを忘れたせいで真っ黒になった肉もあったが、みんなでワイワイしながらも楽しい時間は過ぎていった。

日が暮れると各々好きなことをしだした。

Yの妹「お姉ちゃん!あっち行こうよ」

姉は相変わらずYの妹に好かれているようだ。

おばさん「あまり遠くへ行っちゃ駄目よ。気をつけるのよ」

Yの妹「大丈夫だよ」

そう言うとYの妹は懐中電灯を持ち、姉の手を引いて暗闇に消えていった。
後片付けをしながら蚊取り線香に火をつけ、テントの側には私とおじさんとおばさんとYとYの兄が会話を楽しみながら焚き火を見つめていた。

Yの兄「俺、ちょっとしょんべん・・・」

するとYが思い出したように立ち上がり、Yの兄に言った。

Y「あっ・・・じゃあ俺も」

そう言ってYとYの兄はそれぞれ懐中電灯を持ち、暗闇に消えていった。

・・・長い時間が過ぎた。
YとYの兄はまだ帰ってこなかった。

おばさん「あの子達、大丈夫かしら?」

おばさんが心配そうにしているのが分かる。

おじさん「大丈夫だろう」

おじさんは笑いながらそう言った。
だが、おばさんはやはり心配なのだろう。

おばさん「ちょっと見て来てよ」

おじさん「やれやれ・・・」

おじさんは重い腰を上げると懐中電灯を持ち、2人が消えた暗闇へと消えていった。
また長い時間が流れた。
焚き火の前に残ったのは私とおばさんの2人になり、会話のネタも尽きてきた頃であった。

おばさん「はぁ・・・みんなどこへ行ったのかしら?」

私「どうぞ先に寝てください。僕、見てきますから」

そう言って私は懐中電灯の灯りを頼りに暗闇へと足を進めた。
まずYとYの兄を探すべくトイレへ行ったが、2人の姿も2人を探しに行ったおじさんの姿もなかった。
おかしいと思いながら、居なくなった人たちを探そうとしたその時だった。
懐中電灯の灯りが見えた。
誰かいると思い、灯りのする方へ足を進めた。
最初に目に入ったのはおじさんだった。

私「おじさん!!」

駆け寄ろうとしたが、その場の光景を目の当たりにして私は動けなくなった。
なんと、おじさんはズボンとパンツを膝の下まで下ろし、木の陰から目の前の光景をネタにオナニーに勤しんでいたのだ。
そしてその光景とは・・・YとYの兄にレイプされている姉の姿だった。
私と仲の良いYが後ろから姉を羽交い締めにしており、動作を封じられた姉はYに後ろから口を塞がれ、ピンクのビキニはたくし上げられて胸が露わになっていた。

姉「・・・ン~!・・・ン~!・・・ン~!」

口を塞がれたまま姉が必死に抵抗しているのが分かった。

Y「おい、早くしろよ」

必死にばたついていた姉だったが、疲労と諦めみたいなものが出てきたのだろうか、姉は次第に動かなくなった。

Yの兄「俺、生でするの久しぶりだぜ!!」

Yの兄がそう言うと素早く姉の両足を持ち上げた。

Yの兄「ああああっ!!!・・・すげぇ!!!まとわりつく感じが半端ねぇ!」

Yの兄は姉と合体したのだろう、姉の体が大きく仰け反るのがわかった。

Yの兄「おい、そろそろいいぞ・・・」

Yの兄は後ろから姉に羽交い締めしているYに対してこう伝えると、Yはゆっくりと姉から離れた。
そしてそれを確認してからYの兄はゆっくりと姉の中で動き始めた。

姉「・・・ンッ・・・ンッ・・・ンッ・・・」

暗闇の中で鈴虫が鳴く音を聞きながら、姉の喘ぎ声が聞こえるたびにYの兄が興奮しているのが分かる。

Yの兄「ヤバイ・・・ヤバイよぉ・・・締まり具合が半端ねえ」

再びYの兄は姉に腰を打ち付けだした。
遠くからでも姉の喘ぎ声とYの兄の激しい息遣いが聞こえてくる。

姉「あンっ・・・はンっ・・・あンっ・・・はンっ・・・なんで・・・なんで・・・」

兄「気持ち・・・いいだろ?・・・あっ?・・・」

姉は全てを諦めたかのように何も言わなくなった。

Yの兄「なあ、付き合おうよ。俺とさあ」

月明かりで姉に腰を打ち付けるスピードが速くなると、姉のバストが大きく揺れているのが分かった。

姉「いやっ!」

Yの兄は体位を変えた。
姉を抱き起こすと騎乗位の姿勢で下から姉を突いた。
暗闇に響き渡る姉の喘ぎ声を聞いて興奮しているのか、おじさんのペニスをしごくスピードも大きくなってきているように感じた。

姉「ヒッ、イッ、イクウゥ、・・・ダメ、ダメェェ・・・イクウゥ・・・」

姉は下で腰を振っているYの兄と手を繋いだまま、その腰の動きに合わせて体を動かしていた。
そして絶頂を迎えたのか、下にいるYの兄の上へ倒れ込んだ。

Yの兄「××の姉ちゃん、最高だよ」

そう言うとYの兄は姉から離れた。
そして次に友達のYが姉に覆い被さった。

Y「××の姉ちゃん・・・ごめんなさい。俺を男にしてください」

そう言ったかと思うとYは姉の中に入れたようであった。
姉のよがり声を聞きながら、私はYと姉の行為を見ていられるはずもなく、その場を離れた。
Yの妹のことが気になったが、ひとまずおばさんのもとへ戻った。
焚き火はすでに消えていた。
そしてなぜかYの妹はおばさんと一緒のテントで寝ていた。
Yの妹が無事に帰ってきたこともあり、私も自分のテントで寝ることにした。
このテントで私と一緒に寝るのはYである。
しかし、そのYは今まさに私の姉とセックスの真っ最中。

(Yがテントに入ってきた時に私はどんな顔をすればいいだろうか・・・?)

テントの中で1人、そんな事を考えながら私は眠りに就いた。

私は夜中に尿意を覚えて目が覚めた。
横には姉とセックスを楽しんでいたYがスヤスヤと眠っていた。
叩き起こして怒鳴りつけてやろうかと思ったが、先にトイレへ行くことにした。
懐中電灯の灯りを頼りに暗闇を歩いていった。
目の前にはおじさんとYの兄が寝ているテントがある。
姉をレイプしていたYの兄と、その光景を目の当たりにしながらオナニーに勤しんでいたおじさんが寝ているテントだ。
何とも言えない衝動に駆られたが、電気が点いているトイレがある方へ歩いていった。
トイレで用を足し、また歩いてテントへ戻ろうとした時だった。

「ぁ・・・あぁん・・・」

姉の声がした。
どうやらトイレの裏からのようだ。
私はそっと足を忍ばせ、声のする方を見た。
・・・すると、あろうことか、姉がおじさんに乳首を吸われていたのだ。
そして2人ともなぜか全裸だった。

おじさん「大きいね・・・あいつとは比べ物にならんな」

姉「あンっ・・・そんなっ・・・はンっ・・・」

姉はおじさんに胸を弄ばれていた。
おじさんは姉の背後から胸に手を回して膨らみを確認すると、手のひらで姉の乳首を上下に弾きだした。

姉「ハァァァァ!!!・・・もうだめ!イキそう!!!」

姉は乳首を弾くおじさんの素早い手の動きに身を任せていた。

おじさん「え?またイクの?もう何回もイッてるのに」

おじさんが興奮しているのが分かる。

姉「あぁ、おじさん・・・そんな・・・また・・・駄目です・・・いやぁ・・・」

どんどんおじさんの指が速くなると、姉の声も大きくなった。

姉「ああん、ダ、ダメェェ・・・ヒィ・・・いや、いやぁ・・・狂っちゃう・・・狂っちゃう・・・メェ・・・ダ、ダメェェ・・・すごぃ・・・凄いのぉ・・・」

おじさん「・・・イッていいんだよ!」

おじさんは姉の顔を見つめながら叫ぶように言った。

姉「イクイクイクイクイクイク!!」

姉が乳首愛撫でイッた瞬間だった。
姉は痙攣を繰り返しながらおじさんに抱きついていた。
そんな光景を目の当たりにしながら、私はYが寝ているテントへ戻り、眠りに就いた。