私は3年前から英会話スクールで英語を学んでいる。
友人に誘われてやり始めたのだが、長続きするきっかけは、言ってしまえば美人講師の存在といえる。
一流大学を出て、米国にも住んでいたことがある私より少し年上の美人さんで、性格も明るく面倒見がよく、その上やさしいので姉のように感じる瞬間もある。

当初は教室で講義を行なっていたが、経営難により閉鎖されることとなり、その篠原さん(仮名)がなんとか続けたいということで、規模を縮小してオンライン講座に切り替えることとなった。

「小林君(私)、家電量販店で働いているからパソコンのことは詳しい?自宅のパソコンにWEBカメラを設置してオンライン形式にしたいんだけど、お願いできないかしら?私、パソコンには疎くて・・・」

見つめられると私はそれだけでドギマギした。
私は早速、機種選定や見積もりをして業者に篠原さんの自宅に環境を整えてもらった。
いつもお世話になっているので、自費も少しプラスして、最高級のWEBカメラ、モニターなどを設置してもらった。
篠原さんは大変喜びして・・・。

「最初の授業は練習も兼ねて小林君にお願いしていいかしら?ご迷惑?」

私は即答でOKを出し、そして当日となった。
画像が繋がると、画面の向こうの篠原さんは満面の笑みを浮かべて喜んでいた。

「こんなに画像がいいとなんか恥ずかしいわ・・・」

画面一面に篠原さんの姿が移り、左上に小さく私の顔が映し出された。
篠塚さんから見ると逆になっていることになる。
英会話とパソコンの双方の授業のようになったが、無事に1時間半の授業が終わった。

「サンキュー、バ~イ!!」と言って、篠原さんは画面を切った。

が、正確に言うとパソコンをログオフしただけで、左上の画面は黒くなったが、篠原さんの部屋が見えたままの状態になってしまっていた。
私は慌てて注意しようと思ったが、篠原さんはすでに立ち去ってしまい、長い間戻って来なかった。
諦めた私はコンビニに夕飯を買いに出かけた。

戻ってふと観ると、モニターに篠原さんが映っている。
普段は清楚な服が多いのだが、タンクトップに短パンという格好だった。
こちらに見られているとも知らずに、左上を見ると、英語のサイトの画面で英語の読み物をしているようだった。
普段は見れない篠原さんの太ももを見て私は興奮して、悪いとは思いながら顔、胸、太ももなどを凝視した。

何気なく左上の画面を見ると、何やら人の動く画像が目に入った。
ビックリしたことに、そこには裸の男女が69の形で重なり合って、双方の性器を舌で舐めあっている姿があった。
なんと篠原さんがエロ動画を観ている。

(あんなに真面目そうな篠原さんが・・・)

顔は普段と変わらず知的な顔をしているが、巻き戻したりして、その動画に観入っている。
見てはいけないものを見ていることはわかっているが、私は目を凝らして画面を観続けた。

そして、予想していたことは起きた。
篠原さんの右手が短パンの中に入っていくではないか。

(それはダメだよ、篠原さん)

一瞬そう思ったが、別の私は興奮の極致に達していた。
篠原さんは短パンの中で指を動かし続けた。
長い間指を動かした後、篠原さんは短パンを下ろし、パンティー姿になった。
大人の女の姿がそこにはあり、私は憧れの女性のパンティーを見れたことで興奮して篠原さんの股間を凝視した。
指を動かすたびにパープル色のパンティーの脇から陰毛が見え隠れした。
篠原さんは時々ジュースを飲みながら、動画が終わると次の動画を探してオナニーを繰り返した。

そして、ついにその瞬間は訪れた。
パンティーの両脇に手をかけて、ゆっくりをそれを下げて、お尻を浮かせて下ろし、足首から抜き取った。
そして私が見ているとも知らずに、股を大きく開いて足を机に掛けた。
心臓が止まりそうというのはこのことか。
私は一瞬息が止まりそうになり、慌てて深呼吸した。

あの篠原さんのマンコが丸見えになった。
白い肌とは違い、そこはくすんだ濃いピンク色をしていた。
篠原さんは顔色も変えずに指を舐め、その手でマンコを擦り始めた。
知的な顔が少し歪んできた。
また指を舐めて、今度はマンコの中に2本の指を挿入した。
篠原さんは口を少し開けて激しく指の出し入れを繰り返した。
左の指も舐めて、クリトリスにそれを添えた。

完全にスイッチが入ってしまったようだ。
口を大きく開けて、息を乱しながら腰も動かしながら椅子をギシギシさせ始めた。
赤い顔で髪を振り乱し、篠原さんの崩壊が近づいてきているようだった。
篠原さんのオマンコから液が飛沫を上げて飛び散りだした。

「あっ、イ、イクっ!あ、ダメ、イ、イク~」

私に見られているとも知らずに、私の目の前で篠原さんは痙攣しながら大往生を遂げた。
もし私が見ていたことを知ったら、篠原さんはどうなってしまうのだろうか?

憧れの篠原さんの私生活を垣間見てしまった私は、興奮のあまりその日は寝付けなかった。
篠原さんが、「あっ!いっ、イク!!」と小声でつぶやいたのが耳から離れず、夜中に何回も起きて録画した篠原さんの行為に観入ってしまった。

(大変なものを見てしまった)

いつも優しく接してくれる篠原さんを思うと自虐の念をも感じた。
自分で自分を慰める行為は、たぶん女性にとって一番見られたくない姿だろう。
特に身近で接している年下の男の私にすべてを見られたことを知ったら篠原さんはどうなるだろう。

そうこうしている間に1週間が過ぎ、英会話オンライン講座がある金曜日の夕方となった。
画面に映った篠原さんはいつもと同じように美人女子アナのように綺麗だった。
そして明るい表情で親切丁寧に私に英会話を教えてくれた。

「なんか元気ないね小林君。大丈夫?風邪かしら?元気出してね!!」

心配そうな顔で篠原さんは言い講座は終わったが、先週と同じようにWEBカメラを切り忘れ・・・。
いや、操作を知らないことにより、篠原さんの部屋が丸写しのままとなった。
私はまた良心との戦いになったが、結局は好奇心の方に軍配が上がってしまった。

2時間ほど篠原さんの姿が見えたり隠れたりした後、風呂上がりなのだろうか、梅酒サワーを片手に白いバスタオルを巻いた姿でモニターの前に座った。
バスタオル1枚ということで、先週よりも私は興奮して体がゾクゾクするのを感じた。

篠原さんは冷静な顔で男女が裸で絡む動画を検索し、それを観ながらタオルの前を肌蹴て、指を舐めた後・・・太ももの奥の股間に手を伸ばした。
そして10分ほど経った後、タオルに手がかかった。
生唾を飲む私の前で無造作にタオルを取り、椅子に掛けた。
いつも授業中に服越しに想像していた篠原さんの大きく柔らかそうなオッパイが現れた。
ピンク色した乳輪に乳首がツンと上を向いていた。
そして画面越しに私に見られているとも知らずに椅子に寄りかかり・・・。
習慣なのか前回と同じように股を開いて両足を机に乗せ、まさにスッポンポンの状態となった。
顔から上はオンライン授業のままの知的な篠原さんだが、その下はまさに生まれたままの姿があった。

私はそれを見て感動のため息をついた。
大人の女の人の全裸を目の前にして、私はそれだけでイキそうになってしまった。
そして篠原さんは丸見えになった濡れそぼった濃いピンク色した陰部に2本の指を入れて抜き挿しを始めた。
時々手を抜いて、手のひらでマンコを叩いたり、汁まみれになった陰毛を撫でたりしていた。

途中で飲み物を取りに席を立った時、前回は見れなかった篠原さんのお尻が露わになった。
白く綺麗な大人のお尻を私は目を皿にして必死に追った。
お酒が入ったせいだろうか、先週よりかなり大胆に激しく指の出し入れを行ない、いやらしい汁音も前回より鮮明に聞こえてきた。
声を出すのが嫌なのか声が出そうになると手で口を押さえ、前回よりかなり長い時間をかけて行為を行なった。
そしてモニター越しに私に見られているとも知らずに、最後は左手でオッパイを強く握りながら、赤く染まった顔を歪めて、汁を拭きながら、仰け反るようにして大往生を遂げた。
いつも冷静でインテリジェンスを感じる篠原さんとは別の篠原さんがいた。

そして、また次の金曜日が来た。
篠原さんの顔を見れるのは、嬉しい気持ちが半分、申し訳ない気持ちが半分だった。

1時間半のオンライン会話が終わり・・・。

「小林君、先週も元気なかったけど今週も元気ないね。大丈夫?なんかあったの?」

篠原さんは心配そうに私を見つめ、冗談ぽく、「心配事があったらお姉さんが相談に乗るよ。遠慮なく言ってね」と笑んだ。

「そうだ、再来週から小林君も知ってる高崎君もオンライン講座に参加することになりました。今、機器を発注してるところよ。だから元気出してね」

それを聞いて私は慌てふためいた。
このままでは私以外の人にまで篠原さんの痴態を晒してしまうことになる。

焦った私は、「あ、あの、講義が終わったら、必ずWEBカメラの配信を切るか、パソコンをシャットダウンしてください。そうしないと・・・」と私は口ごもった。

「えっ?」

勘のいい篠原さんはピンと来たようだった。

「えっ、見えたままだったの?やだっ、こ、小林君に、み、見えてたの?」

私が赤い顔して下を向いたままでいると・・・。

「も、もしかして、私が寝る前にパソコン落とすまで見えちゃってたの?」

私は素直に肯いた。

「えっ!!やだ、やだっ!こっ、小林君!ま、まさか、私のあれ・・・」

私は頭を下げて、「ごめんなさい。すみません」と言うしかなかった。

「え~、そ、そんな、やだやだ、どうしよう~。嘘でしょう。小林君、さ、最後まで見たの?」

「・・・」

「あ~、やだ~。どうしよう」

いつも冷静な篠原さんが慌てふためき、真っ赤になって両手で顔を隠した。

「本当にごめんなさい」

私は蚊の鳴くような声で謝るしかなかった。

「いや~、恥ずかしい~。私どうにかなっちゃいそう」

篠原さんは手で顔を覆って屈辱に耐えているようだった。

「え~、嘘でしょう~、私どうしたらいいの~」

篠原さんの断末魔の声が続いた。

「小林君、私・・・恥ずかしい・・・、女の一番恥ずかしい所を見られちゃったのね・・・。すごく恥ずかしい・・・」

私は心の底から誤った。
長い沈黙となってしまった。
ようやく落ち着きを取り戻した篠原さんは顔を上げて・・・。

「私、すごく恥ずかしい。年下の男の子に見られてしまって悔しい気持ちもあるわ。でも、小林君だけを責めることはしない。スイッチを切らなかった私にも落ち度があったのよ。そうよね。若い男の人からすると画面に裸の女性が出てきたら見ちゃうわよね。それが普通だと思う。だから小林君、あまり気にしないで・・・」

罵倒されると思っていたところに意外にもやさしい言葉をかけられて、私はなんとも言えない申し訳ない気持ちでいっぱいになった。