中2の時に体験した話。
当時の僕は、彼女はいたが進展もなく、キスすらまだという状況だったので不満を覚えていた。
元から性欲がとても強く常に欲求不満で、さらに当時からドMだった。
彼女とできないならと、ネットの掲示板に『いじめられたい』などと下らない投稿を繰り返していた。

夏休みに差しかかる前のある日、今まで投稿しても誰からも返事が来なかったのに、久美子という名前の女の人から『よろしくお願いします』と連絡が来た。
初めて女の人から連絡が来て舞い上がり、『こちらこそよろしくお願いします!』と返した。
するとすぐに返信が来て、『何歳?身長は?』などと様々な質問をしてきた。
その人に嫌われたくなくて、馬鹿な僕は学校名まで言ってしまう始末だった。

しばらく連絡を交わしていると、『裸の写真が見たい』など、だんだんとエロい内容になっていき、言われるがままに写真を撮りそれを送っていた。
毎回ではないがたまに相手からも写真が送られてきて、それにさらに興奮して、どんどん会話が増え、写真の内容もエスカレートしていった。

そんな日が続いているうちに夏休みに入った。
するとその人から、『会おう』という連絡が来た。
その言葉に、(ついに童貞を卒業できる!)という考えで頭がいっぱいになり、すぐに承諾した。
だが、いざ会うとなってみると、裸の画像は見ていたが顔も見たことがないし、年齢も知らなかった。
それについて質問をしてみても『会ってからのお楽しみ』の一点張りで、相手のことを全然知らないままで会うことになってしまった。

相手には住んでいる場所も教えてしまっていたため、待ち合わせ場所は家の近所にある公園で、相手が車で迎えに来てくれることになっていた。
徒歩5分もかからない場所なので少し時間より早めに待ち合わせ場所に向かい、不安と期待でドキドキしていた。
しばらくすると赤色の車が公園の外に停まり、クラクションを2度鳴らした。
すぐにその人だと分かり、かけ足でその車に向かった。

裸の画像を見て20代くらいの綺麗なお姉さんを想像していたが、実際に見ると眼鏡をかけていて別に可愛くもなく、少し太っており、普通のおばさんそのものだった。
すぐに送られてきた画像が偽物だと分かった。
さすがに引いてしまい、車に乗るのを戸惑っていると、高圧的な態度で「早くして」と言われて、それにビビり仕方なく車に乗ることにした。

車のドアが閉まり出発すると、「はじめまして」と言われ、「はじめまして」と小さな声で答えた。

その態度を見たおばさんは・・・。

「こんなおばさんでガッカリした?けど、これだけ君のこと知ってるし、写真もたくさんもらったから、今さら逃げるとかありえないよね?自分の立場を理解してね」

そう言って脅してきた。
このとき初めて、安易に個人情報を言いふらし、裸の画像を送ったことを後悔した。

恐怖と後悔で一言も発しない中でも車はどんどん動いていた。
しばらくするとおばさんの家らしき場所の近くで停車して、「車を置いてくるからここにいて」と言われて、おばさんは行ってしまった。
逃げようかとも考えたが、(もし画像がばら撒かれたりしたら・・・)という不安で逃げることができず、ただ待っていた。
数分後におばさんが歩いて戻ってきて、「来て」と言われたので黙ってついて行った。

おばさんの家の中に入れてもらうと椅子に座らされ、「少し話そっか」と言われた。

「さっきも言ったけだ、今さら逃さないし、このことは誰にも言ったらダメよ?私の命令に逆らうのも許さないから」

その言葉にさらに不安と恐怖を煽られて、謝る必要もないのに僕は「ごめんなさい」としか言えなかった。
おばさんはさらに、「その代わり、いい子にしてればたくさんいいことできるから」と付け加え、それに頷くと・・・。

「じゃあ親に連絡を入れて、『今日は友達の家に泊まる』って言ってくれる?」

その言葉に驚き、「嫌です」と言ってしまった。
するとおばさんは近づいてきて僕の頬にビンタをした。
まさか手を出されるとも思っていなかったので恐怖心がさらに強くなり、逆らえなくなってしまった。

震えを抑えながら親に泊まると連絡を入れると、その場に寝そべるように言われた。
その通りに動くと顔を掴まれ、『漏斗(ろうと)』と呼ばれる道具を口に入れられた。

「罰だから」

そう言うと、おばさんはストッキングと下着を脱ぎ、僕の顔の上に跨がってオシッコをしてきた。

「全部飲んで」

苦しくて臭くて不味かったが、これ以上怒らせたらまずいと思い、言う通りに飲んだ。
飲み終わり咳き込んでいると、今度は服を脱ぐように命令された。
脱ぎ終わると起こされて、肩を掴まれながら寝室に連れて行かれ、ベッドの上に寝かされた。
恐怖心やおばさん相手で萎えていたが、さすがに初めて他人に裸を見られ、ちんこを触られ、不覚にも僕は興奮して勃起してしまった。
それを見ておばさんはちんこに涎を垂らして、自分でもしないような速さで激しい手コキを始めた。
ぐちゅぐちゅといやらしい音を立てながら、あまりの激しさに、数十秒でイッてしまった。

「だらしないね」

一度手が止まったので休めると思ったが、またすぐにイッたばかりで敏感なちんこをおばさんは手コキし始めた。
あまりの気持ちよさで枕を両手で握り締めながら腰を浮かし、涎を垂らしながら耐えていた。

そんなことが30分近く続けられ、ようやく休ませてもらえた。
その時にはもう恐怖心を忘れて、おばさんになぜか魅力を感じ始めていた。
すると無性におばさんのおっぱいを触りたくなり、「おっぱいを触らせてください」と言ってしまった。
おばさんは微笑むと服を脱ぎ、「どうぞ」と言った。
僕は初めて見る生のおっぱいに興奮して、無我夢中で揉んだり乳首を吸ったりした。

しばらくしていると「下も舐めて」と言われて、僕は躊躇なく舐め始めた。
味はとてもまずいが興奮が止まらず、その時は美味しいと感じていた。
舐めているとおばさんは体勢を変えて、ちんこを舐め始めた。
その気持ちよさに舐めるのをやめると口に押し付けられたりしてお互い舐め続けていた。

そんなことを繰り返して僕は満足していたが、おばさんは今度は僕の足をM字開脚の状態でガムテープでぐるぐる巻きにした。
何をするのかと思ったら、おばさんは黒くて長くて太い棒が付いたパンツを穿くと、「先に処女を卒業しよっか?」と言った。
訳の分からない言葉に戸惑っていると、お尻にローションが塗られ、突然お尻に強い痛みが走った。
なんとおばさんは、黒い棒を僕のお尻の穴に入れて腰を振ってた。
何度も出し入れされ、多少は気持ちよさも感じたが、それ以上に痛みが強くて僕は悶絶するばかりだった。

しばらくして抜いてもらい、終わったと思ったが、今度はさっきまで僕のお尻の穴に入っていた、その汚れた黒い棒を舐めるように命令された。
さすがに固まっていると、無理やり口にねじ込まれた。

「ほら、女の人にフェラさせられてるよ」

笑いながら自分の汚物が付いた汚い棒を口の中に出し入れされて、何度も嘔吐しそうになった。
普通ならショックだが、その時の僕は頭がおかしくなっていて、おばさんに自分を改造されているような喜びを感じていた。

そして突然、「今度こそ童貞卒業おめでとう」と言われ、騎乗位でちんこが飲み込まれた。

あまりの気持ちよさに僕は女のような惨めな声で喘いだ。
肉がパンパンとぶつかり合う音と出し入れする際のぐちゅぐちゅといういやらしい音と、自分の喘ぎ声で部屋が満たされて興奮が止まらず、あれだけイカせられたはずのちんこから再び精子が飛び出した。
僕は初体験でおばさんに中出しをしてしまった・・・。

その後、2人でお風呂に入り、同じベッドで寝た。
それ以上エッチなことはなく、次の日、車で家まで送ってもらい、「画像は消しておくから安心して。じゃあさようなら」と言われて、おばさんは去っていった。

これだけ脅されて、痛いくて汚い思いをして、もう懲り懲りだと思ったが、それ以上におばさんに好意を抱き、(もっと壊されたい)など思ってしまった僕は、その日の夜におばさんにメールをした。

『ありがとうございました。久美子さんのことが好きになりました。僕を久美子さん専用の奴隷にしてください』

メールと一緒に、裸で土下座をしている写真も送った。
それから3日経っても返事はなく諦めかけていたが、1週間後『この間と同じところで待ってる』と連絡が入った。
大急ぎで向かうと赤い車が停まっていた。

その日を境におばさんと何度も会った。
首輪を付けられて夜の公園を四つん這いで散歩したりもした。
僕は、付き合っていた彼女に、おばさんとセックスしている最中に電話をして別れを告げた。
それから高校を卒業するまでの5年間、僕はおばさんに全てを尽くした。