事が起きたのは、僕が大学2年で20歳になったばかりの時でした。
バイト先の先輩であるマリさんと特別仲良くなり、「ゆーたん(僕)がお酒飲めるようになったら奢ってあげる!」という一言から、一緒に飲みに行くことになりました。
マリさんは37歳の独身で、美保純さんに眼鏡をかけたイメージです。

気付けば終電がなくなり、お泊りの雰囲気に。
それまでは、あくまでバイトの先輩なので下心もなく、僕のエロアンテナが立ち始めたのはその時からでした。

「私なんかと泊まることになってごめんね?ほんと寝るだけだから!」

寝るだけと言っていたので、ラブホではなくビジホに向かい、手続きはマリさんに任せて部屋に入ると、ベッドは1つしかありませんでした。
お互いにシャワーを浴び、当たり前のように同じ毛布を被り、バイトの話から徐々に男女の話に。

「ゆーたんって、彼女いないんよね?」

「いないですよ、マリさんもでしょ?」

「うん、ゆーたんは、その・・・したこと・・・ある?」

「え、何をですか??」

「わかってるくせに・・・(笑)」

「バレましたか(笑)、ないですよ」

咄嗟に言っちゃいましたが、本当は5人ほどいました。
マリさんはそこでリードするスイッチが入ったのか、浴衣からはみ出た足を絡めてきて、胸から足までの肌を擦り合わせ、気が付けばマリさんの顔が目の前に・・・。

「する?初めてが私なんかでいいなら・・・」

「したいです。マリさんがいいです」

童貞ではないものの、嘘偽りのない本音でした。
そこからは一瞬で、本能剥き出しで足を絡めながら、3分ほど会話もなく激しいキスに発展しました。
マリさんは顔を赤らめて息を切らしながら・・・。

「私、10年くらいしてないの・・・久々にこんなに激しいチューしちゃった」

「僕なんてこんな激しいの初めてですよ」

そこからさらにキスをしながらお互い上半身裸になり、マリさんを仰向けにして全身をキスしながら愛撫しました。

「あっ、あああっ、んんっ、ゆーたんっ」

マリさんの声が徐々に大きくなっていきました。
再び激しいキスをしながらマリさんの下着の中に手を伸ばすと、10年してないからか、未処理で剛毛でした。

「マリさん、すごいやらしいあそこですね」

「やめてっ、恥ずかしいから・・・んんっ」

「それにすごい濡れてますね?おまんこってこんなに濡れちゃうんですね」

「いやっ、だめっ、言わないで・・・」

下着を脱がしてМ字で足を開かせ、まじまじと顔を近づけると、なんの前ぶりもなく下からペロッと・・・。

「へあぁぁっ・・・いきなりそんなっっ」

「目の前にやらしいおまんこがあったのでつい舐めちゃいました」

「ほんとにやばっ、ああっ!だめぇぇっっ」

軽く痙攣していました。
唾液と愛液でぐちょぐちょになったので人差し指を入れると・・・。

「ちょっと痛いっ」

10年も使ってなかったので中はキツキツでした。
時間をかけて、またキスをしながらゆっくり指を入れていると、とうとうマリさんの手が僕の下着の中に入ってきました。

「え、ちょっと待って、大きくない?」

自分はそうは思いません、普通だと思います。
ですが、マリさんのご無沙汰おまんこには大きすぎたのです。

「マリさん、僕の初めてをもらってください!」

下着を脱いでマリさんのおまんこに素股のように擦り付けて、お互いの愛液を塗りたくりました。

「ほんとに待って、入んないよっ、せめてゴムを・・・」

そう言いながらマリさんはカバンの中から5個入りのコンドームを出してきました。
やはり最初からやる気だったようです(笑)
少し戸惑うふりをしてゴムを付け、再びくちゅくちゅと擦り付けて音を立てさせ・・・。

「入れますよ?」

「う、うん、ほんとゆっくりね・・・」

指で解したのでなんとか入りましたが、キツキツで入れただけですごく気持ちよかったです。

「ひゃんっっ、やばいっっ、ゆーたんの・・・おっきいっ、てぇっ・・・」

しばらくは入れたまま腰は動かさず、股に力を入れてピクピクさせているだけで、マリさんの喘ぎ声は大きくなっていきました。
自分が童貞だという設定を忘れ、慣れたように少しずつ腰を振っていくと・・・。

「あっあっあんっ、んんんっ、あぁんっっ、んおぉっ、んほおおおっっっ!!」

本当に感じてくれているんだなと思える喘ぎ声でした。
何度か痙攣しては突いてを行ない、途中で・・・。

「ゆーたん、ほんとに初めて?すごい上手やね・・・」

激しく息を切らしながら言ってきましたが・・・。

「初めてですよ。マリさんの中、気持ち良すぎて腰が勝手に動いちゃいます」

「ほんと?嬉しい、私もやばい、こんなの初め・・・ああぁんっっ!」

話してる途中に腰動かし、キスで黙らせて、最後は激しく腰を振って、正常位のまま中でドクドク脈を打ちながらイッちゃいました。
その時、マリさんは足でしっかりロックしていました。

「ほんまに気持ちかったよ、ゆーたん、すごいね!」

童貞と嘘をついていたとはいえ、すごく嬉しかったです。

この後に2回、次の日の朝に2回して、そのままラブホに行って続きをしました。
年の差は17歳ありますが、僕はそんなの関係ありません!
長々とありがとうございました。