俺が高2の頃、3つ下に中2の可愛らしい妹の『ナツキ』がいた。
当時の妹はとても内気で、身長145センチくらい、スレンダーでAカップ。
色白、垂れ目で童顔。
俺は、身長170センチでガタイはいい方だった。
父親とは別居していて、母と妹と俺の3人で暮らしていたが、母は夜の仕事をしていたので家に帰るのはいつも朝の5時頃だった。

その年の夏、俺もナツキももう夏休みに入っていて、俺は夏期講習のために学校に通っていた。
ある日、学校に着いてから休講になったことを知った俺は、涼しい部屋を求めて急いで家に帰った。
昼飯を作ってから妹を呼びに部屋に行くと、裸になったナツキが股を開いて固まっていた。
どうやらオナニーをしていたようだった。
俺が夏期講習に行ったと思って油断していたのだろう。

焦った俺はすぐにドアを閉め、すぐに自分の部屋へと逃げるが、頭からあの光景が離れない。
妹が中学に上がる前に一緒に風呂に入るのをやめてから、ナツキの体を見るのは久しぶりだった。
女の体に近づいた妹を思い出すと我慢ができなくなって、さっき見た光景、ナツキの体を思い出しながら俺は一発抜いた。

そのあと気まずくなって、リビングでお互い無言で昼食を食べていたが、ナツキが口を開いた。

「あの、お兄ちゃん・・・」

俺が何かと聞くと・・・。

「その、さっきの・・・見たよね・・・」

「ああ・・・うん」

俺は口ごもりながらそう答えた。
するとナツキが、「ごめんなさい。誰にも言わないで・・・」と、赤らめた顔で俯きながら言った。
その言葉が俺のSっ気を燃え上がらせ、さっき抜いたはずなのに俺のモノは一気にいきり立った。
欲望を理性で抑えられなくなった俺はナツキの手を強引に引き、妹のベッドに押し倒した。

「お兄ちゃん・・・?」

ナツキは震えている。

「1人でしか、まだしたことないんだよな?」

俺がそう聞くと、必死に頷いている。
目の前にこんなに可愛い少女が、しかも処女が弱みを握られて震えている。
もう俺を止めるものは何もなかった。
強引に妹の服を脱がせ、愛撫もなしにいきなり俺のモノをナツキの中に突っ込んだ。

「ひゃぁ!?」

ナツキが驚くのも構わず、俺はゆっくりとピストンを始めた。
少しキツかったが、まださっきの余韻で妹の中はぐっしょり濡れていた。
ナツキの愛液が漏れ出していて、そこに少し血も混じっていた。

「うぅ、うぅ・・・」

ナツキは出し入れされるたびに苦しそうな声をあげていたが、俺は構わずにピストンをどんどん速くした。

「あぁ、あぁ、だめ・・・」

ナツキの声がどんどん甘い声に変わり、体も小刻みに震えている。
俺がさらに速く出し入れすると・・・。

「ああぁ、ほんとにだめなの、あぁ、お兄ちゃん・・・イク・・・イクぅぅっ!」

可愛らしい声で喘いでナツキはイッた。
その間、ナツキの中はキュンキュンと締まり、ビクビクと震えていた。
俺はますます気持ち良くなって、ナツキがイッているのもお構いなしに、腰を今までにない速さで打ち付けた。
肉棒の先がナツキの子宮口に当たっているのがわかった。

「あっあっ、イッてるのに、やめてぇえぇ、だめだよぉ・・・」

俺は「もう我慢できない、出すぞ」と言い、さっき抜いたことが嘘のように、大量に射精した。

15秒間ほど、ドピュッドピュッとナツキの一番奥に出し続け、その間もピストンを続けた。
射精が終わってもナツキはまだイッているようで、エビ反りしながら体を痙攣させている。

少しして落ち着いたようだったが、疲れて寝てしまったようだ。
自分によって汚されて気を失っているナツキを見ると、俺のモノはまたムクムクと大きくなり、少しの時間で全回復した。
俺はまだまだナツキを感じたかった。
気を失っているナツキのクリを剥き、口をつけて思いっきり吸った。
するとぐったりとしていた妹は「ああっ!」と喘ぎ、体をビクビクさせながら飛び起きた。

「気持ちよかっただろ?」

妹は涙目で頷いた。
現にナツキは勝手に腰が動いてしまうようで、自分から腰を動かしている。
だが俺は動かさずにナツキをいじめてみることにした。

「そんなにいやらしく腰くねらせて、どうして欲しいんだ?」

少し黙ったあと、ナツキは答えた。

「もう1回、気持ちよくして欲しいです・・・」

俺はその一言で自分の中の征服欲が満たされていくのを感じた。

「四つん這いになれ」

「こ、こう?」

俺は挿入したままナツキを四つん這いにさせた。
そして俺はありったけの力で限界まで大きく硬くなったモノを妹の奥にねじ込んだ。

「んああっ!お兄ちゃん・・・もっと優しく・・・」

「こっちの方がいいだろ?」

妹の懇願を無視し、俺は一振り一振りを強く大きくナツキの膣の中に打ち付けた。
俺が打ち付けるたびに妹の体をは震え、幼いながらに十分に大人の色気をもった喘ぎ声を漏らす。
ナツキはもう何回イッたかもわからないくらいにイキ続けている。
ひたすら強いピストンを続けていると、そろそろ俺もイキそうになった。

「ほら、どうして欲しい?」

「出して欲しい、さっきみたいに・・・いっぱい・・・」

ナツキは顔を赤らめ、目をうるうるさせながら言った。
俺は強いピストンをさらに速くし、「出すぞ!」と言う声とともにナツキの膣の奥の奥に出しまくった。

「私もイクっっっ!熱いのがいっぱい出てるぅっ」

俺はかなりの間、出し続けた。
これほど出ることがあるのかというほど出した。
射精が終わっても、ナツキはボーッとした顔で、まだ体はビクビクしている。
肉棒を抜くと、今まで出した俺の精液とナツキの愛液が混ざったものがドロドロと溢れ出てきた。
そのあと、一緒に片付けをして、風呂は別々に入った。

夕食の後、布団に入ると、妹が俺の部屋にやって来た。
母が帰ってくるまでまだ数時間あったので、その後も俺はナツキの中に出しまくった。
今考えると、あれほど中出ししておいて、よく妊娠しなかったと思う。