私が以前働いていた病院でのことです。

そこに30代後半の看護師がいました。
名前を『まきさん』と言います。
子供は1人だそうでしたが、とにかくケツがでかい人でした。
全体的にぽっちゃりしていましたが、けっしてデブではありません。
ムチムチしたケツが歩くたびに揺れ、前屈みになるとパン線が見えることもありました。
ピンクの白衣だと余計にパン線が見えました。
職場で会うと、挨拶した後に、そっと後ろを振り返って見ていました。
この間は、青いパンティが色も形もはっきりと透けていました。
その日は家に帰ってオナニーを3回もしました。

(触りたい・・・まきさんのケツに触りたい)

そんな気持ちが心の中に渦巻いていたある日のことでした。
その日の勤務が終わったあと・・・。

まき「ちょっと、こっちへ来て」

普段は倉庫代わりになっている部屋へ私を連れて行きました。
そしてドアに鍵を掛けます。

まき「ねえ、あなた、いつも私のお尻を見ているよね」

私「何言っているんですか。そんなことないですよ」

私はとぼけたふりをしましたが・・・。

まき「ウソ。この間もすれ違いざまに見てたでしょ。あなたが見ているのが廊下の鏡に映っていたの。それもいやらしい目をして」

私「そんなことはないです」

私は必死に否定しました。

まき「ふ~ん、そうなんだ。じゃあこれから私のお尻を見ても全然大丈夫ね?」

そう彼女は言い、白衣を着たお尻をこちらに向けます。
まるでデカい桃が目の前にあるようでした。
今日も青いパンティです。
よく見ると模様まで見えてきます。

まき「ふふふ、これはどう」

お尻を揺らします。

(すげ~)

心の中で思いつつも努めて平静を装っていました。
しかし・・・です。

まき「触ってもいいよ」

さすがに動揺しました。
まきさんは振り返り、「ほら、やっぱり反応した」と言います。
まきさんの視線の先を見ると、チンポが勃起していました。

まき「本当のことを言って」

観念した僕はこれまでのすべてを話しました。

するとなんと・・・。

まき「嬉しい。いつも夫には『デブ』とか言われるし、まるで興味を持たれないし・・・こんなお尻でも良かったら触って」

僕は興奮して思わず口走っていました。

私「チンポ、擦ってもいいですか?」

まきさんは、「いいよ」と受け入れてくれました。
まずは白衣の上からです。
服のザラザラした感じが亀頭に当たります。

(念願のケツに擦っている!)

たまりません。
次にズボンを脱いでもらってケツに擦ります。
弾力もあり、すごい気持ちいい感じでした。
冗談っぽくマンコにも当てました。
もうぐしょぐしょに濡れていました。

まき「入れてもいいよ」

彼女は自らチンポを誘導し、マンコに入れてしまいました。
すごい締め付けです。

私「あ、あ、あすごいです」

まき「イッていいよ」

すぐに出しては勿体ないと思い、「顔の上に乗ってください」とお願いしました。
彼女は「恥ずかしいな」と言いながらも乗ってくれました。
すごい圧力です。
彼女はマンコが口に来るように擦ります。
途中では向きを変えて、今度はアナルが当たるように擦ります。
私が一生懸命に舐めていると、なんとフェラまでしてくれました。

私「バックでしてもいいですか?」

まき「いいよ」

四つん這いにしてケツを上げさせ、打ち付けるようにチンポをぶち込みました。

まき「きもちいい。すごい。旦那よりすごい」

たまらずそのまま中に出してしましたが、彼女は「いいよ」と言ってくれました。

その後も2人で会ってセックスをしました。
彼女も職場にわざとぴったりしたジーンズや白パンを穿いてくるようになりました。
どうやら大きなお尻に自信を持ったようです。