私から見て義理の母になる妻の母とは、もう10年以上の関係です。
妻と知り合ったのは、自分が大学3年に上がったばかりの20歳の時で、妻は短大部に入学したばかりの18歳。
バイト先が同じで、たまたま同じ大学だった。

ある時、一緒に飲みに行ったんだが、彼女は酒には弱いタイプなのに、なぜか酒が好き。
すぐに潰れた彼女を家まで送って、玄関口で母親と会った。
母親は当時42歳だったけど、一目見た時は彼女の姉かと思ったくらい若く見えた。
彼女を渡して帰ろうとしたんだけど、「夜も遅いし、泊まっていきなさい」と言われて部屋の中に。

彼女は母子家庭で、父親とはもう10年以上も会っていないらしい。
お母さんは近くの市役所で働いている。

部屋に入ると彼女は目を覚まし、「先輩、もう一杯飲みましょう」ときた。
お母さんも笑って酒と摘みを出す。

(オイオイ、お母さん、未成年ですよ、あなたの娘さん)

でも1~2杯飲んだら、またすぐに潰れた。
そこでお開きにして机を片付けて、娘、母、自分と3人で川の字になって寝た。

夜半の3時頃、目が覚めた。
横を見るとお母さんの布団が少しめくれて、透けたネグリジェ越しにパンティが薄っすらと見える。
迷った挙句、酒のせいにしようと、そっと手を伸ばした。
もしもばれたら、酒のせいで覚えてないと言うつもりだった。

お母さんのお尻は柔らかかった。
そっとパンティラインに沿って見える割れ目を、後ろからお尻の穴のあたりまで撫でたところで寝返りを打たれ、気付かれたかと思って手を引っ込めた。
翌朝、何事もなかったかのように朝食をいただいて送り出された。
気付かれなかったと、ホッとした。

翌週、彼女から「母が、また来てくれと言ってます」と言われ、また彼女のアパートへ行った。
今度は最初から彼女の家で飲み会になった。
自分の家で安心したのか、彼女はかなり飲んで早々に潰れた。
しばらくお母さんと一緒に飲んだが、狭い炬燵の中のことで、お互いの足がくっついたり離れたりした。
やがて夜も更け、また泊まっていきなさいということになった。

そして、また深夜のこと。
ふと目が覚めると、またお母さんが隣に寝ていた。
またムラムラして、今度は布団の中に手を入れた。
すると、急にあちらを向いて寝返りを打ち、横になったと同時に少し布団が肌蹴てお尻が露わになった。
ドキドキしながら見てみると、透けたネグリジェからお尻の割れ目が見えるではないか。
なんとお母さん、ノーパンでネグリジェだけで寝ていた。

震える手で、そっとネグリジェの裾から手を入れ、腿と尻の境目に手を当てると指先に毛が当たった。
そのままアナルから前の方に手を滑らせると、お母さんは自ら股を開いてくる。
もう我慢できなくなって、蜜壺の入り口に指先を当てると、じっとりと濡れていた。
さらに手を進め、指先でクリを弄ると、お母さんが上から手を添えてきた。
気付かれてたってわけだ。

もう我慢できなくて、布団をはねのけて体を密着させ、さっきからビンビンに勃ってるチンポを尻に当て、手を前に回してクリと蜜壺を弄り回した。
もう片方の手は後ろから回して豊満で柔らかい乳を弄り、指先で乳首をこねまわした。
お母さんは眉を寄せて喘ぐように首を回してきたので、少し開いた口を自分の口で塞いだ。
そのままベロチュー。
口を離すと唾液の糸が2人の唇を繋いだ。
お母さんが小さな声で「いけない子ね」と言うが、体を回して自分と正対し、僕の首に手を回してキスをねだってきた。
すぐにまたベロチュー。
そのとき、僕の片手はお母さんのマンコを撫でつつ、中指を蜜壺に入れてる。
お母さんは両手で僕の頭を抱え、片足を僕の腰に回してくっ付いてる。

2、3分も続いただろうか、お互い無言でお母さんはネグリジェを脱ぎ、僕の上に乗ってパジャマを下ろした。
目の前にはお母さんのマンコがあった。
毛が多くてタワシのようだった。
夢中でむしゃぶりつくと、チンポが温かい濡れた口に含まれた。
そのまま静かな69が続き、2、3分で限界が来そうになった。

「もうイッちゃう」と小声で言うと、お母さんは体を入れ替えて後ろを向いてお尻を突き出した。

後ろから挿れろと誘っている。
すぐに入れようとしたが、ゴムがないと言うと、そのままでいいし、中に出しても構わないと言う。
こうして、俺は彼女のお母さんと合体した。
娘の横でやっているというシチュエーションに酔ったのか、お母さんも枕に口を当てて声を出さないように努めながらも、一緒に昇りつめた。
終わってからも、朝までお互いにキスや抱擁やペッティングを繰り返した。

それからは、昼も時間を作って会うようになった。
たびたび彼女と一緒に家で飲むようになると、自然の成り行きで娘の方も俺になびいてきた。
やがて俺の下宿で娘の処女を頂いた。
娘の胸は母親ほど豊満ではなかったが、プリプリしていて、乳首が上を向いたいい形だった。
マンコの締りも良かった。

翌週、母親のマンコに射精した後で、「娘さんと付き合うことになった」と言うと、なら自分とは別れると言った。
しかし、それを俺は許さなかった。
いつも押しかけては押し倒し、股を開かせた。
母親は特に抵抗しなかった。

そして母親とそんな関係を続けたいがため、彼女の娘であり大学の後輩でもある妻と結婚することになった。
もちろん、そんなことを妻は知らない。