ずっと前の話です。
どうしても東京に行きたくて、なんとか横浜の大学に受かった私は、大学で仲良くできそうな人がいませんでしたが、A子というフレンドリーな子が声をかけてくれて、すでにA子の友だちだったB子とも仲良くなりました。

ところがそのA子は、すぐに同じ語学クラスの男子から『ヤリマン』というあだ名がつくほどで、しかもバイセクシャルでした。
私のすぐあとにやっぱり仲間になったC子を誘ったのも、男が絶対に食いついてくる巨乳だというのが理由でした。

毎週どころか毎日のようにやりまくるA子に私はドン引きでしたが、私も初体験は高校で済ませていたし、B子もレズっ気があったので、いつの間にか4人でパコパコやるようになりました。

そんな大学生活も終わる頃、卒業記念ということで群馬の温泉を巡ることにしました。
海外でなく国内だったのは、「そのほうがセックスしやすい」というA子隊長の意見によるものでした。
(A子はみんなに『隊長』と呼ばせてたので、ここからは隊長と書きます)

ところがどの温泉も、「私たちを避けてるんじゃない?」(B子)というくらいに上手くいかず、ナンパした男に彼女がいたり、次の温泉では男がヤクザだったり、全然セックスできるタイミングがありませんでした。

最後の温泉に着くと、たまたまお客が入れ替わったために、露天風呂が私たち4人の貸し切り状態。
大喜びで風呂に飛び込むどころか、みんなで触りまくり揉みまくりのレズビアンパーティーみたいになってしまいました。
ところがこの入浴を男に覗かれていたのです。

私は気づかなかったのですが、後になってB子は、「気づいていた。少なくとも2人か3人はいた」と言っていました。

お風呂が終わって、部屋でお酒を飲みながら、「これで旅行も終わりかー」「もうちょっと何かしたかったよね。セックスとか(笑)」などと笑っていると、ノックする音がして、旅館のハゲオヤジが入ってきました。
すぐ横にカチコチになった子どもがいたので、お子さん?と思ったら、なんと彼が覗き魔だと言うんです!
私はびっくりしましたが、他の3人が爆笑したので、私もつれられて笑っていました。

隊長「このままじゃ警察を呼ばなきゃいけないんだけど、許してあげるから罰としてみんなにマッサージしてくれる?」

その時の私たちを見た隊長の顔には・・・。

『わかってるのよね?この子、みんなでヤっちゃうよ』

と書いてありました(笑)

男の子は中学生で、名前は・・・覚えているけど書けないので『D君』とします。
ジャガイモみたいな顔にニキビだらけという、正直格好よくない顔だけど、B子やC子は「ああいうのが意外とチンポが大きいのよ」とか言って、顔を見た時から気に入っていました。

ひと通り話が終わったところで、まず隊長が布団に寝て、D君にマッサージを頼みました。
そのまま何分かすると、隊長の次にエロいB子が、D君のチンポが立っているのに気づきました。

B子「D君、勃起してるでしょ?」

D君は違うと言いましたが、B子が私やC子にも見るように言うと、ジャージの前が膨らんでいるのがわかり、D君も素直に認めました。
するとB子が、「じゃあ、もっと勃起させちゃおうかな!」と言って、いきなりC子の胸を鷲掴みにしてD君に見せつけました。
その場のノリで私も、「しっかり見てるじゃない。中学生っていやらしいわねえ」と囃し立てました。

次の瞬間、どうしたんでしょう、偶然浴衣が落ちたのか、B子がわざと落としたのか、C子の浴衣がふわりと落ちて、4人の中で一番大きなC子の巨乳が、D君の前でボロンとモロ出しになってしまいました。
ここまでくればもう隊長が黙っているわけがありません。

隊長「D君、C子のオッパイ見たでしょう?!お仕置きよ!」

すかさず隊長がD君の後ろにまわり、手を押さえて、D君のズボンを脱がすよう私に命令しました。
私もC子のオッパイが出たときに心の中の何かが爆発しちゃって、すかさずジャージを掴んで引っ張るとパンツまで脱げてしまいました。
D君のチンポがモロ見えです。

すかさずチンポを握ってしごき始めたのは、大学4年間でA子よりエロくなったと言われたB子です。
B子が「女の子とセックスしたことあるの?」と聞くと、D君が「ない・・・」と答えたかと思ったら、すぐに射精しちゃいました。
中学生だけあって精子の量も濃さもすごかったです。

話は前後するけど、D君のチンポは年の割には大きくて、4人で同時に「大きいねー」と驚きました。
私がこれまでセックスした中でも、大学時代に隊長から紹介してもらった元カレの次に大きかったと思います。

耳まで真っ赤になってベソをかき始めたD君。
B子はすかさず、「私たち4人で誰が好き?」と質問しました。
すると、「隊長だ」と答えたので、B子は「えー?!」と叫びましたが、隊長は喜んで、「次は私ね」と、チンポを握るどころか、自分のマンコに入れてしまいました。
これには私もびっくり。

私「やっちゃうんか?」

つい故郷の関西弁が出てしまいました。
D君はすぐに発射しました。

隊長「もう出しちゃったの?じゃあ自分のはちゃんと舐めてね」

D君の顔にマンコを押しつけると、観念したのかD君もペロペロと舐めはじめました。
それとは別にD君の腰がユサユサと揺れたので、今度は何かと思ったら、C子がもうD君のチンポをマンコに入れていました!

その後はもう卒業記念なのか、この旅行で初めてのセックスだったからか、覗かれたことへの復讐か、酒の勢いか、乱交パーティーです。
隊長の命令で4人が順番にD君とセックスして、発射したらD君に舐めてキレイにしてもらうということを繰り返しました。

そのあとは2人で左右の乳首を舐めたり、D君を四つん這いにさせて持ってきた大人のオモチャを全部試したり、レズビアンセックスを見せつけたり、みんなのカメラで撮りまくったり、もうやりたい放題。
D君もそのうち「やめて、もう」と泣きじゃくりましたが、隊長たちは「やめなーい」「やめるわけないでしょ」と、覚えているだけで10数回は射精させていました。
若いD君もうとうとうチンポから出るものがなくなって、チンポをヒクヒクさせたまま布団に倒れ込みました。
精子がなくなった男の子を見るのは初めてだったのですが、3人は大笑いしていました。

そのとき、カーテンの向こうに光が見えるのに気づきました。
日の出が遅い冬なのに、もう太陽が昇る時間だったのです。
部屋の入口にある水道でD君の体を洗ってあげましたが、B子がここでみんなにブラジャーとパンティーを1枚ずつ出すように言いました。
何かと思ったら、洗い終えたD君に、ブラとパンティーを1枚ずつ選ばせました。
D君は、私のブラと隊長のパンティーを選んだのですが、なんと帰るときにそれを着けさせたのです。

最後に隊長がD君の住所と電話番号をメモさせて、「このこと、誰かに言ったら、学校の女子に写真見せるよ!」と脅しました。
学校の名前なんて聞いていませんが(笑)
すっかりシオシオになったD君は小さく頷くと、1階の私たちの部屋の窓を開けて、雪の上をふらつきながら帰って行きました。

帰りの新幹線でもその話でもちきりで、「また行こうか?」「次もきっと、どっぴゅんどっぴゅんの精子だらけよ!」と、笑いが止まりませんでした。
あんまり大声でエロ話をしすぎて周りのお客さんがドン引きして、車掌さんに2回も注意されました(笑)

でも卒業したらそれっきりで、連絡先は交換していたものの、再び4人で会うことはありませんでした。
B子は大学時代からバイトしていた風俗をそのまま職業にして、すぐ店のナンバー1になったそうです。
A子は一流企業に就職しましたが、1年と経たずに退職して、シングルマザーになったと聞きました。

私ももう40代後半。
先日、初孫が産まれておばあちゃんになってしまったのですが、ふとあんなこともあったなあと思い出して、覚えていることを書いてみました。