僕が小学校の時の話。
まだまだ好景気の時代なんて思われていた頃だから相当前の出来事になります。

僕は夏に、両親に旅行で横浜だったか東京だったかに連れて行ってもらった。
その日は夏なのに涼しくて天気もいいので、海辺近くの展望に立ち寄った。
展望台は広く、都会の街並みや海が広く見渡せるようになっており、いくつもの観光望遠鏡が並んでいた。
軽食やコーヒーが注文できる店があり、観光客用に多くの野外での日蔭用のパラソルと椅子が設置されていた。

両親が注文したコーヒーを飲みながら、次に行くところをどこにするのか決めるために休憩している間、僕は両親から、「待ってる間、せっかくだから望遠鏡でも覗いてきたらどうだ?」と言われた。
僕は親から小銭を数枚受け取って、他の観光客に混ざって、設置されている観光望遠鏡から、海に出ているたくさんのヨットやクルーザー、飛び回っている海鳥や、遠くを運航している大型タンカーを見て遊んでいた。
望遠鏡は、性能が最新のものなのか、手入れがしっかりされているのか、とにかくハッキリと細かく見えたし、目も全然疲れなかった。

その日は天気もいいし景色もいいし、海からの風も心地いのか、だんだんと混み合ってざわざしてきたので、僕は人がいない、今まで見ていた反対側に行ってみた。
同じように設置された望遠鏡が並んでいたけど、先に景色を見渡してみると、こちらの方からヨットやクルーザーほとんど出ておらず、海鳥もいない。
本当に海しか見えないって感じだった。

こっちは望遠鏡で見ても仕方ないかって思って、元の場所に戻って、今度は望遠鏡で都会の街並みを見ようとしていたら、1台の大きな白いクルーザーが見えた。
割と近い位置で、望遠鏡ならハッキリと見えそうな気がしたので、せっかく見つけたんだし、どんな船なんだろうって観光望遠鏡を覗いてみた。

船は望遠鏡からよく見える位置にあった。
甲板には、凄くきれいな女の人と、その前には1人の男がいた。
女の人は背が高くて、日焼けしたみたいな茶色い肌で、真っ赤で艶がある唇。
妖艶な顔つきと体つき。
黒髪は後ろで団子にしていた。
軍隊や警官みたいな帽子を深く被って、サングラスをかけていた。
服装は黒のジャケットに、下着のブラジャーみたいな肌にぴったりとした衣装とTバック。
長い脚の太ももを覆うハイヒールになってるブーツ。
艶々と黒光りするエナメルの衣装だった。

男の方は裸で、手拭いで目隠しされて、背後から後ろ手にされた状態で、縄で身体を縛られているところだった。
縄がしっかりと肌に食い込んでいた。
縛り終えたのか、すごい勢いで縄を引っ張られて、ぐいんと縄が張って、男はそのまま床に倒されたのが見えた・・・、ところで時間切れで終わってしまった。

女の人はSMの女王様で男は奴隷だった。
・・・もちろん、子供だからSMなんて分からない。
だけど子供心に、何かすごいエッチなことしてるって思った。

しばらくは、どうしていいのか分からなかった。
子供が見てはいけないものを見てしまったせいなのか汗でびっしょりになったのだけど、もっと見たいって気持ちが出てきた。
でも、悪いことをしているみたいで後ろめたく思えて、思わず辺りをきょろきょろとしてしまった。
特にこちらの側まで人は来ていないし、どうやら両親もまだ休憩したままだった。
だから、もう少しさっきの続きを見ることにしてみた。
僕は、(ちょっとだけだし、見てもいいよね?)って自分に言い聞かせた。

同じ所で覗いていると、なんだか怪しまれそうな気がしたから、隣の望遠鏡で見ることにした。
隣の望遠鏡でもハッキリと見ることが出来た。

今度は女王様の後ろ姿が見えた。
今日は涼しいとはいえ夏だし、それなりに暑いせいか、茶色の肌が汗ばんで光っていて、黒いTバックの衣装が食い込んだ大きなお尻が丸見えだった。
少し足を開いて両手を腰に当てて、縛られて目隠しされた裸の男の奴隷を見下ろしていた。
そして持っていた黒色の長い鞭をすごい勢いで振り下ろし始めた。
それこそ殺気立ってるって感じで怖かった。
でもすごいって思ったし、鞭を持った大人の女の人ってカッコイイって思った。
鞭を振り下ろすために、膝を使って腰を落とすたびに踏ん張っている。
色っぽいブーツを履いた長い脚の太ももがキュッと引き締まり、黒のTバックが食い込んだお尻が突き出されてプリンと揺れた。

僕はしばらく、ほとんど丸見えのムチムチしたお尻が揺れるのと、食い込んでいる部分を夢中になって眺めていた。
途中から、黒光りしている、女王様が履いている長い脚の太ももにぴったりと張り付いているブーツの長さと、ヒールの形とかエナメルの光り方に凄く興奮した。
もう釘付けになった。

女王様は、男の周りをゆっくりとまわりながら、楽しそうに白い歯を見せながら笑って、力いっぱい鞭を振って叩きつけていた。
正面から見えた姿は、素肌に着た黒ジャケットの下の黒光りしているブラジャーみたいな衣装の大きな胸の谷間、そして鞭を振り下ろすたびに胸がゆさゆさと揺れるのが見えた。
男は鞭で打たれるたびに、凄く痛がって大声で悲鳴上げているのが見えた・・・、ところでまた終わってしまった。

僕は、すっかり夢中になって、さらに続きを見ることにした。
望遠鏡を覗く前に誰かに見られていないか後ろをきょろきょろして、景色を見ているふりをして少し時間を置いて周囲に誰も来ていないことを確認して、今度は最初に覗いた反対隣りの望遠鏡で覗いた。

女王様は男の顔の近くでしゃがんで真っ赤なろうそくを男の胸に垂らしていた。
僕の位置からは、しゃがんでる女王様の脚がM字になっているから、衣装が食い込んだ股間が見えた。
クスクス、ニタニタと笑いながら見下ろして、ろうそくを男の頬に近づけたり遠ざけたりしていた。
男がろうそくを垂らされて叫びながら悶えているのが見えた。
目隠しされているし、身体をきつく縛られているから逃げられない。
苦しんでいる様子を見ながら、ニタニタと悪い表情で笑いながら女王様が立ち上がったのが見えた・・・、ところで終わってしまった。

僕は、きれいで怖い女王様を見て興奮して、心音がバクバクしていた。
女王様に痛い目に遭わされている惨めな男を見て興奮した。
怖いのに、なぜか見ていて凄く気持ちがいいし、男が羨ましいと思った。
僕は全身が汗だくで膝が震えていた。
そしてすごい勢いで勃起していた。

動揺していたせいなのか、急に誰かに後ろから見られているんじゃないかって思えて、怖くなってきょろきょろと辺りを見回した。
近くには誰もいなかったけど、これ以上覗いていたらいたら、さすがに誰かに気づかれるんじゃないかなって思った。
もうこの辺りで十分じゃないのかなって、子供心に不安になった。
見ようか止めようかと何度も自問した。
子供が見るようなものじゃないし、もうこれ以上は見てはいけないと思った。
・・・でも、続きが見たくて仕方がなかった。

僕は、いつの間にか最初に覗いた望遠鏡の前にいた。
・・・緊張しながら震える手で小銭を入れて、覗いてみることにした。

男は腰を上に突き出した状態で這いつくばいにされていた。
女王様は片膝をついた姿勢で、男の後ろから肩と腰の辺りを掴むようにして、すごい勢いで力いっぱい腰を振っていた。
僕は、ハアハアしながら、ブルブルと膝が震えながらギンギンに勃起して、食い入るように覗いていた。

男は途中で髪の毛を掴まれて引っ張られたりしながら後ろから突かれて、明らかに悲鳴を上げているようだった。
女王様は男がぐったりしても男の腰と肩をしっかり掴んだままで、まだ奥まで押し込むみたいに、腰をズンズンと激しく突き上げていた。
そして立ち上がって、足で踏みつけるように男を仰向けにさせた。
目隠しされて男は真っ赤になって苦しそうにしていた。
足を開いていたので、すごい勢いで反り立つように勃起しているのが見えた。
女王様は置いてあった長い鞭を手に持つと、また男に向かってすごい速さで鞭を振り下ろして叩きつけたのが見えた・・・、ところで終わってしまった。

僕は絶句してしまっていた。
もう小銭は持っていない。
もちろん子供だから、詳しい意味なんか分からない。
だけど本能的にわいせつな行為だと感じ取っていた。
望遠鏡を覗ける時間が終わっても、何も見えなくなった状態で覗いたまま、しばらくハアハアと興奮してドキドキしてた。
すごい勢いで勃起したまま、僕はいつの間にか射精していた。
パンツの中の前の部分がベットリと冷たくなっていた。

受け取った小銭を使ってしまったので、休憩している両親の下へ戻ることにした。
僕が戻ると、「そろそろ次の目的地に出発するか?」と聞かれた。
でも、なかなか勃起が収まらない。
なので勃起を誤魔化すために、「喉が渇いたから何か飲みたい」と言って、ジュースを買ってもらって飲むことにした。
ゆっくり飲んで、さっき見たものをなるべく考えないようにした。
そうやって勃起が鎮まるまで時間を稼いだ。

両親には、「望遠鏡で何か見えたか?」と聞かれたので・・・。

「たくさんの船や鳥、あとは反対側でずっと海を見ていた。すごくハッキリ見えて良かったよ」

と言った。

あの後、あの2人が、どんなことを続けられたのかはわからない。
実際は大した時間じゃないと思うけど、何時間も覗き見たように感じた。
僕はあの時、偶然にも誰かのSMプレイを覗き見してしまった。
もっと見ていたいって思っだけど、両親からもらった小銭を使いきったおかげで理性も戻った。
残念だけど、それはそれで子供としては悪影響にならないから、いいことなのかもしれない。

この影響があってか、僕は長い鞭を持ってる女の人とか、女王様が着るような黒のエナメル素材で出来たボンデージが似合う妖艶な雰囲気の女の人が好きになった。
特に、お尻や股間に食い込んたTバックとか、太ももを覆う長くてヒールの高いブーツが好きで、あの艶めかしさにすごく惹かれて興奮する。
もっと言えば、女の人が一番似合う衣装だと思っている。
今のファッションじみた衣装よりもよりも、あの頃の方が雰囲気がずっと生々しいというか、妖艶で淫靡な色気がある気がする。
そして、僕自身はSMはしていないけど、女王様やSMをしている人たちを羨ましく思う。
そして今でも大きなクルーザーを見ると、たまにあの頃の記憶が蘇ってきます。