会社の飲み会の帰り道。
同僚の人妻OLの真理さん(40歳)と先輩の3人で駅に向かっていた。
路地に入り近道をしていたら先輩の携帯が鳴った。
先輩は知り合いが飲んでいるのに合流すると言う。

「人妻をちゃんと駅前までボディーガードしなさい」

そう言って先輩は去っていった。

「よろしくね」と真理さんに言われ、2人で駐車場の横を過ぎたとき、妖しい声が聞こえてきた。

女の呻き声(?)が微かに聞こえる。
真理さんも気付いている。
声が聞こえる方に行くと、1台のワンボックスがあった。
隣の車の後ろに2人でしゃがんだ。

「アァ!気持ちいい!」

カーセックスを楽しむカップルだった。
車も揺れていて、「いいっ」と女が喘ぎ声をあげている。

「ヤバイよ、離れよ」

そう言われたが、こんな状況で真理さんと密着しているとドキドキしだしてしまう。
10歳上の四十路主婦とはいえ綺麗だし、飲んでて気付いたが細い割にはなかなかの巨乳。
そっと車から離れて歩き出すと・・・。

「ドキドキしちゃったね?」

どうやら真理さんも興奮した様子。

「暑くなったからしたくなるんですよ」

「隣にいるのが40女じゃなかったらね、残念でした」

酔った勢いで真理さんに背後から抱きついた。

「こらこら、酔いすぎ」

「真理さんならオッケーですよ」

「ちょっと・・・どこ触ってるの」

おっぱいの下に左手が当たっていることを言われたが、俺はそのまま乳を触った。

「こらっ」

とは言うが、激しく抵抗してこない。

「真理さんて結構おっきいですよね」

「やだぁ・・・エッチ」

服の上から乳首を摘むと、「アッ」と反応は抜群。
俺はそのまま真理さんを駐車場の奥に引っ張り、作業小屋の裏に連れ込んだ。

「もう我慢出来ないです」

真理さんにキスをして胸を弄ると・・・。

「だめ、エッチは・・・」

と言われたが、ティシャツを捲りブラをずらし、身体の割りに大きな胸にしゃぶりついた。

「アッだめ」

とは言うが抵抗は弱い。
真理さんのジーンズの中に手を忍ばせたら、下着はおまんこ汁でグッショリ。
興奮して撫で回すと・・・。

「あ、お口じゃだめ?」

そう言われたが、ここまで来たら止められない。
ジーンズを下げ、パンティを脱がし、立ちバックで野外セックス。
人妻の膣は程よい締め付けで、だんだん湿りも良くなってきた。

「アンアンッ」

声を押し殺しながら喘ぐ真理さんをズンズン突いた。
真理さんが掴んでいる金網がガシャ!と音を出す。

「イクよ、真理さん」

フィニッシュに向けて激しく突いた。

「中はだめ~」

卑猥な声をあげる真理さん。
中にぶちまけたかったが、また真理さんとセックスがしたかったので、ギリギリで抜き取いてお尻に発射した。
真理さんはしゃがみ込んでいる。

「真理さん・・・大丈夫?」

睨まれて、怒られるかと思ったら・・・。

「気持ち良かったかも(笑)」

先週末、真理さんと約束してホテルでゆっくりした。
すっかり割り切った人妻のセックスはたまらなかった。

「今度は温泉でも行きたいね?」

年上の人妻OLとの情事はしばらく続くと思います。