俺の母ちゃんは今年40歳、美人だ。
背は155センチくらい、バストは90センチくらい、結構おっきい。
体重は教えてくれないので知らないが、ウエストは66センチ。
このまえ誕生日にスカートをプレゼントしたので知ってる。
お尻は大きい。
でも垂れてない。
色は白い。
眼も二重で、若いときの写真を見たら中谷美和に似てた。
中谷が年を食ったら母ちゃんみたいになると思う。

母ちゃんと初めてセックスしたのは、今年の夏休み。
親父が会社の旅行でハワイに行って1週間いなかったとき。
俺も来年受験だから、ほとんど家にいたけど、母ちゃんと2人きりで家にいるのはなんか息苦しかった。
最初の晩から2人きりで飯を食うのも結構気を使って、俺もなんか黙ってられなくて、学校のこととかバイト先のこととか喋った。
親父が家にいるときはあんまり母ちゃんと話したこともなかったのに、妙に乗っちゃって母ちゃんも嬉しそうに話が弾んで、親子で初めてビールを飲んだ。

2人でビール3本、母ちゃんは真っ赤になった。
俺は親父に似て全然顔に出ない。
だけど、ハイになってバカ陽気になるとこだけは母ちゃん似みたくて、2人ですっかり盛り上がった。

どういうわけか、久しぶりに一緒に風呂に入ろうって話になって・・・。
2人ともリビングから服を脱ぎ散らかせて、わいわい言いながら競争みたく風呂場まで走ってった。
シャワーを浴びっこしながら、ふざけてもつれ合って、母ちゃんのピンク色の素っ裸を見たり、ふざけてお尻に触ったりしてるうちに、俺のオチンチンはすっかりガチガチに硬くなって、「あらっ」とか言いながら、母ちゃんがふざけてキスしてくるもんだから、俺も母ちゃんを後ろから抱き締めて・・・。
もつれるように母ちゃんが浴室のマットに膝をついて、俺が後ろから母ちゃんのお尻を抱えるようにして、母ちゃんは浴槽の縁にしがみつくような姿勢になってオチンチンをねじ込んでしまった。

俺はソープで1回しかしたことなかったけど、生はもちろん初めて。
母ちゃんのあそこはヌルヌルに熱くなって、俺のオチンチンをギュッギュ絞めてきた。

「ばぁか、かっちゃん、だぁめ・・・」

根元までぶち込まれて、母ちゃんが首を振りながら、でも明るい声を上げながら逃げようとするお尻を俺はがっちり掴んで腰を動かし始める。

「あっ、だぁめだってえ・・・だめ・・・だめぇ、あっあっ・・・」

母ちゃんはイヤイヤをしてるみたく首を振り続けて、俺は夢中で腰を動かし続けた。

「・・・かっちゃん、かっちゃん、お母さん、もうだめ、あっあっ、ああああ・・・」

ギュギュウ締め付けられ、その声を聞いた途端、俺も母ちゃんのあそこの奥まで突き入れて思いっきり射精してしまった。
でも俺のオチンチンが小さくならない。

「・・・かっちゃん、これって近親相姦・・・あっ、あぁん・・・」

母ちゃん達のベッドで正常位で俺にやられながら、母ちゃんはずうっと喋り続けてた。

「きんしぃぃぃんそうかん、だぁめなんだからぁ・・・あっあっ・・・」

時々眉にしわを寄せて眼を閉じるのがすげえ色っぽくて、ますますガンガン腰を動かす。
18歳の生涯で3回目、母ちゃんとは2回目だから結構長持ちして、母ちゃんの体を割と落ち着いて味わえた。
オッパイを両手で弄りながら腰を動かし続ける。

「あっ、かっちゃん、気持ちいい、きもぉぉちいい、いい、いいいいい!どしたんだろ?わかんない、気持ちいい、気持ちいいいいいいい」

母ちゃんの体が震え、俺の腰に絡んでた両足が突っ張って、ビクンビクン震える。
あそこもビクビク動いて、ギュウって俺のオチンチンを締め付ける。

「かっちゃん、かっちゃん、気持ちいい!気持ちいいよぉおおおおお!」

俺の下で母ちゃんの体が反り返るみたいに突っ張る。
俺も気持ちよくて、母ちゃんの体を抱き締めながらたっぷり射精した。
それが1晩目。

「・・・かっちゃん、もぉ・・・やめょ・・・ね、ね・・・」

そのまま母ちゃん達のベッドで2人とも寝てしまって。
先に目が覚めた俺は毛布を剥いで母ちゃんの体をじっくり鑑賞した。
色が白くて、すべすべした母ちゃんの裸はきれいだった。
母ちゃんのあんまり濃くない茂みを見てたらムラムラしてきた。
朝立ちもビンビンにしてたし。
そのまま母ちゃんの両方の足首を掴んで開いて、母ちゃんのあそこに顔を突っ込んで舐めた。
自分の精液の匂いもしたけど、母ちゃんのあそこの匂いもして、興奮しながら生まれて初めてのクンニをした。

「・・・あんっ、パパ、・・・えっ!・・・」

母ちゃんが目覚めて、寝ぼけたような声を出しながらも自分のあそこをクンニしてるのが親父でなく、自分の息子だということに気づいて驚いたみたいだった。
止めようとしてか俺の頭を両手で押さえつける。
俺は母ちゃんのあそこを舌で嬲り続ける。

「どうして?・・・なんで?・・・かっちゃん・・・」

だんだん母ちゃんのあそこが濡れてくるのがわかって、俺の頭を押さえてた母ちゃんの手の力も抜けてきた。
クリトリスを初めて見た。
小さい豆粒みたいなピンク色。
俺が舌でこね回すと、母ちゃんの体がそのたびにビクッと震える。
母ちゃんの息が荒くなってきて喘ぎ声が上がり始める。
俺は我慢できなくなって、体をずらせると母ちゃんの両足を抱えるようにして母ちゃんの体に押し入った。

「あぁ、・・・ね、どうして?・・・どうして・・・?」

俺の体の下で、昨夜とは違ってぎゅっと苦しそうに眼を閉じたまま何回も聞く母ちゃんに、俺は腰を動かしながら昨夜のことを言い訳のように繰り返し聞かせた。

「かっちゃん、・・・近親相姦なのよ・・・あぅ・・・しちゃだめなのよ・・・」

(こんな気持ちのいいことは止められないよ)

俺は夢中で一生懸命に腰を動かし続けた。

「・・・はっ、はぅ・・・かっちゃん・・・やめよぉ、ねっ、ね・・・」

感じ始めたくせに母ちゃんは荒い息をしながら繰り返した。
俺は、「愛してるんだ、愛してるんだ」って呪文のように繰り返しながら、母ちゃんのオッパイを揉み、吸い付き、腰を動かし続けた。

「やっ、かっちゃん、お母さん、もう、ダメ、ダメ、あっ、あっ、あああああ!」

俺の射精を受け入れながら母ちゃんも絶叫した。
最初の日が2回、2日目なんか朝からやってしまって、母ちゃんのパートまで休ませて1日中。
さすがに腹が減って飯は1回食ったけど、夜の7時くらいまで5回もしてしまった。
最初はショックでボーっとしたように、俺にやられ放しみたいだったけど、2回目からは酔っぱらってたときみたく、すごい声を上げて俺の下で乱れまくった。
正常位3回、バックで2回。
特に最後の5回目なんか、俺にバックで攻められながら泣き叫んで乱れて、お尻は振るは、体は突っ張らせるは、最後はベッドに突っ伏して枕を抱えるようにしてイッちゃった。

後で聞いたら、セックスであんなに感じたのは初めてだったとか。
まあ酔っぱらってた時のことは覚えてないんだろう。

2日目の夜、今度はちゃんとシャワーを浴びた後、リビングで2人の今後のことを話した。

「ほんとにあたしでいいの・・・」って言う母ちゃんの上目遣いの表情が色っぽくて、母ちゃんを愛してるからってことで押し通した。

そのときに決めたことが3つ。

1.妊娠は怖いから、しばらくはコンドームを使う。
(母ちゃんが避妊の薬をもらえるようになってから中出しをさせてくれる)
2.セックスの時は、「母ちゃん」じゃなくて、「ナミ」と呼んで欲しい。
3.親父には絶対ばれないように、来週からは外(ラブホ)でやる。

その日は2人別々に寝たけど、3日目から親父が帰って来るまで、母ちゃんがパートに行く以外はオナニー中毒の猿みたく、1日に3回から4回はセックスしまくった。
特に親父が帰ってくる日なんか、母ちゃんの運転で成田まで高速で行って、高速出口のラブホで出迎えに行く直前まで2時間で3回もした。

母ちゃんのパート先の近くで待ち合わせをして、母ちゃんの車でラブホに行く。
週に2回、6時から8時まで、それが俺と母ちゃんのラブタイムだ。
先月から中出しOKになった。
俺との相性がすごく良くて(親子だから当たり前だけど)、母ちゃんはますます感じるようになったらしい。
フェラも生まれて初めてやってくれた。
家でも親父がゴルフに行った土曜日なんか、1日中俺の部屋でやりまくってる。

「かっちゃんがお嫁さんをもらうまで・・・」

母ちゃんは時々恥ずかしそうに言うけど、俺は母ちゃんがやらせてくれるなら、この先10年でも20年でもやりたいと思っている。