1人でいるとしょっちゅう痴漢に遭ってしまう人妻です。

そんな私が初めて痴漢に遭ったのは小学2年生の夏でした。
近所の友達たちと神社でかくれんぼをするのが流行っていて、その日も隠れるために走り回っていました。
その神社の境内には社務所があり、習字や公◯式などの習い事をする場所となっていたのですが、私が隠れたのがその裏でした。

「もういーよーー!」

一度だけ言ってじっとしていると、いつも厳しい習字のおじいちゃん先生が社務所の裏口から顔を出してきました。
私は、(うるさくしたから怒られるんだ!)と思い、逃げようとしましたが、おじいちゃん先生は、「こっちに隠れなさい」と手招きをしました。
社務所に隠れるのはズルいかなとも思いましたが、怖いと思っていたおじいちゃん先生に呼ばれたのがなんとなく嬉しくて、そのまま裏口から中へ入りました。

おじいちゃん先生に言われて、座布団がたくさん入っている小さな部屋へ隠れたのですが、なせがおじいちゃん先生も一緒に入ってきました。
少しの間そのままじっとしていましたが、暑いのと、なんとなく怖くなってきたのでそこから出ようとしたら、「まなちゃん・・・」と囁かれ、ワンピースの上からぺたんこな胸を触られました。

びっくりして動けずにいると、「静かにしていような?」と肩紐をほどかれ、ワンピースは足元に落ち、パンツと靴下だけになりました。
そのまま両方の乳首をしわしわの指でコリコリと弄られ、しゃがみ込んだおじいちゃん先生のハアハアという息遣いがすぐ近くで聞こえていました。

「まなちゃんはいい子だね」

ハアハアとそう言いながら今度はパンツの上からお尻と前を一度に両方触られ、すぐにパンツも脱がされてしまいました。

靴下だけの姿で積み上げられた座布団の上に乗せられ、脚を広げさせられました。
脚の間からはおじいちゃん先生の髪の毛が少し残った頭だけが見えました。
股間は生温かいぬるっとした感触とぴちゃぴちゃとした音がして、身体は硬直し、頭がクラクラしていました。
そのままおじいちゃん先生は私の股間を指で開いて舐め続けていました。
だんだん落ち着いてきた私は硬直がとけて、不思議なドキドキを感じるようになっていました。

それでもそれ以上のことはせず、おじいちゃん先生は満足したのか、しばらくすると座布団の山から私を下ろしてくれました。
ワンピースの肩ひもを結び直してくれたあと、部屋から出る時に、「まなちゃんが可愛いから、先生ずっとまなちゃんと仲良くしたいと思ってたんだ」と言いました。

裏口から出た後のことはあまり覚えてませんが、このことは誰にも言えませんでした。
なので誰にも知られることなく、この後も小学6年生まで、習字の習い事のある土曜日には、おじいちゃん先生に色んないたずらをされるようになるのですが・・・。
またそれは改めて書かせていただこうと思います。

<続く>